精霊たちが男性化!? 『デート・ア・ライブ ガールズサイド』発表

電撃オンライン
公開日時

 10周年記念企画が始動し、10月にはTVアニメ『デート・ア・ライブIV』の放送も決定している『デート・ア・ライブ』シリ─ズで、精霊たちを男性化させた“ガールズサイド”企画が公表されました!

以下、リリース原文を掲載します。

『デート・ア・ライブ ガールズサイド』企画始動──!? 精霊たちが男性化!?

さあ──俺たちの戦争(デート)を始めるぜ

 『ドラゴンマガジン』連載のライトノベル「デート・ア・ライブ」(ファンタジア文庫刊)。

 全世界シリーズ累計600万部を突破する本作は、三度のTVアニメ化、映画化を果たす大人気シリーズで、さらにスピンオフ作品「デート・ア・バレット」が劇場にて昨年8月と11月に前後編でイベント上映されました。

 そして2021年10月より、シリーズ最新作「デート・ア・ライブIV(フォー)」のTVアニメ放送も決定しております。

 この度、「デート・ア・ライブ ガールズサイド」企画始動が発表されました!「正解するカド」キャラクター原案などで活躍中の有坂あこが手がけたイラストも大公開!

 夜刀神十流(やとがみとおる)、鳶一折遠(とびいちおりおん)、氷芽川四糸希(ひめかわよしき)、よしむね、そして時崎狂三(ときさききょうぞう)のイラストがお披露目されました。

 さらに、今回発表された5名のキャラクターボイスを島﨑信長が担当することが決定しました!あわせて、キャラボイス動画も公開されましたので是非チェックを。

「デート・ア・ライブ ガールズサイド」企画始動!

原作:橘公司 イラスト:有坂あこ

STORY

 東京都天宮市にある私立ラタトスク学園。そこに急遽転入することになった五河士織は、転入当日、衝撃の事実を目の当たりにする。

 なんとこの学園の学園長は、義理の弟の五河麻琴だったのだ!

 困惑する士織に、麻琴はこう告げた。「この学園には、特別な生徒たちが数名いる。士織、君には彼らと親交をを深め、その中から、花婿候補を一人、選んでほしい。──いいね、おねーちゃん?」

 いつもと様子が違う(スカーフの色が白から黒になっている) 麻琴に言われるままに、士織の学園生活は始まってしまった。

 あ〜ん! 私これからどうなっちゃうの〜!?

CHARACTER

夜刀神十流(やとがみ とおる)

 ラタトスク学園剣道部主将。最初は刺々しい雰囲気を纏う少年だったが、士織と接することで段々と心を開いていく。

 運動神経抜群であらゆるスポーツが得意。健啖家で美味しいものに目がないため、料理上手な士織の手料理に惚れ込む。

 無邪気で子供っぽいところがありながらも、逆に無自覚な言動でドキドキさせられることも……?

鳶一折遠(とびいち おりおん)

 ラタトスク学園の生徒会長。眉目秀麗、聡明怜悧。成績はトップ。なんでもできる完璧超人。たまにメガネ。

 性格は冷静にして沈着。常にどこか淡々としているが、士織と出会ってからは、冷静ながらも情熱を覗かせるようになる。士織に首輪をつけて飼いたいと思っている。

 でも逆に首輪をつけられて飼われるのもなしではないと思っている。

氷芽川四糸希(ひめかわ よしき)

 ラタトスク学園一年生。手芸部員にして風紀委員。優しい性格で争い事を好まない。やや気弱で人見知りなところがあるが、それとは対照的に、左手のパペット『よしむね』は軽快に喋る。

 小柄で可愛らしく、女の子のような風貌をしているため、クラスでもマスコット的な存在として可愛がられているが、実は肉食系なところもある。

時崎狂三(ときさき きょうぞう)

 ミステリアスな雰囲気を纏った、時崎財閥の御曹司。左目の眼帯がトレードマーク。眼帯に覆われた左目は時計の文字盤のような模様をしている。

 士織は偶然それを目撃してしまったことにより、彼に付きまとわれることとなる。

 名家の子息らしく、振る舞いはクールでエレガントだが、無類の猫好きであり、猫を前にするとふにゃっとしてしまう。

五河士織(いつか しおり)

 本作の主人公。高校二年生。

 両親は出張中のため、義理の弟である麻琴と二人で暮らしている。特技は料理。掃除や洗濯など、他の家事も得意。

 中学生の頃秘密のノートに詩やオリジナルの恋愛小説を書きためていたことがある。

五河麻琴(いつか まこと)

 士織の義理の弟。チュッパチャップスが大好物。白いスカーフがトレードマーク。

 明るく人懐っこい少年。が、実はラタトスク学園の学園長。学園長モードのときはスカーフが黒に変わる。

 何かの目的のために、士織に花婿を探させようとしているようだが...?

※本日4月1日はエイプリルフールです。