『桃太郎電鉄』あの決算シーンをリアルに再現!?

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 コナミデジタルエンタテインメントの『桃太郎電鉄』シリーズの最新作『桃太郎電鉄~昭和平成令和も定番!~』内の“決算”シーンを再現した看板が登場しました。

桃鉄の“決算”が現実に!?

 静岡県に突如出現した、ゲーム内で毎年3月に登場する“決算”を再現した看板。

 ゲーム内と同様に富士山の目の前を新幹線が通る瞬間を見ることができる絶好のロケーションで、記念撮影などを楽しむことができます。

 『桃太郎電鉄』シリーズは、1988年にファミリーコンピュータ向けに第1作目が登場して以来、様々なプラットフォームで提供され、30年以上にわたり幅広い年代の方々に楽しまれているボードゲームです。

 プレーヤーは鉄道会社の社長となり、日本全国を巡って物件を買い集め、最初に決めた年数が終わった時に一番資産を持っているプレーヤーが勝利となります。

 シリーズの完全新作となる『桃太郎電鉄~昭和平成令和も定番!~』は、総監督にさくまあきらさん、副監督に桝田省治さんを迎え、Nintendo Switch向けに発売中。

 累計販売本数は250万本(ダウンロードを含む)を突破しています。(2021年2月4日時点)


■場所
静岡県富士市川尻128付近

※撮影をする場合には、周囲の車通りに注意するなど、安全面には十分ご配慮ください。
※看板設置エリアへの立ち入り、また看板に触れるなどの行為はご遠慮ください。

※本日4月1日はエイプリルフールですが、看板は本当に設置されています。

©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment