『あの花』10thステージで茅野愛衣さんと早見沙織さんの目に感動で涙が。2021年のグランドスケジュール発表

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 3月28日に行われたAnimeJapan2021にて開催された、ステージイベント“『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』10thスペシャルトーク”をレポートする。

 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、大ヒットを記録したアニメ。放送開始から、今年で10年を迎えたことを記念したステージとなっていた。

 めんま役の茅野愛衣さんと、つるこ役の早見沙織さんが登壇し、作品についてや当時を振り返った。


 2人はキービジュアルや作品に出てきたアイテムを見ると、当時のことや作中のセリフが頭に浮かぶことを明かした。

 劇場版は当初、総集編に新規シーンがある構成と聞いていたにもかかわらず、新規シーンが多くて驚いたとのこと。




 続いて、イベントのビジュアルや埼玉西武ライオンズコラボ、実施されたイベントなどについてコメントした。

 ここで、10周年を記念した10thビジュアルが公開に。こちらは、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀さんによる、描き下ろしのもの。

 ビジュアルを見た2人は、感動して目に涙を浮かべた。

 さらに、4月3日より秩父鉄道よりスペシャルラッピングトレインが走る。また龍勢祭が10月10日に開催されることや、“10年後の8月”に当たる8月28日に10周年記念イベントを開催することが決定。

 さらに、10周年記念の特設サイトが公開となる。サイトでは10周年のキービジュアルに加えて、メインスタッフ・キャストからのお祝いコメントを掲載。また今後のスケジュールも見ることができる。

 茅野さんは5月下旬のラスカルコラボを気になる様子。また、2人は今後やってみたい展望をそれぞれ述べていた。

 イベント終了時にコメントを求められた早見さんは「言葉が出ない」と述べた後に、発表されたイベントに期待しているとあいさつ。茅野さんは「皆さんと一緒に盛りあげたいので、ついてきてください」とコメントした。

 今後のスケジュールや展開は、特設サイトで追加される予定だ。

©ANOHANA PROJECT