アニメ『キングダム』1話。秦国に危機をもたらす嵐とは!?

電撃オンライン
公開日時

 4月4日から放送が再開されるTVアニメ『キングダム』の第1話のあらすじと先行カットが公開されました。

1話 “迫り来る合従軍”(がっしょうぐん)

 紀元前中国の秦国(しんこく)。下僕出身の身ながら“天下の大将軍”(てんかのだいしょうぐん)を目指す信(しん)は、武功を重ね、千人の部下を抱える“千人将”となっていた。

 自ら率いる“飛信隊”(ひしんたい)に軍師・河了貂(かりょうてん)を迎え戦いに明け暮れていた信。

 そんな中、独自に各地の様子を探っていた、今は亡き大将軍・王騎(おうき)の軍の軍長だった録嗚未(ろくおみ)、干央(かんおう)と再会した信は彼らから、趙国を中心に各国に不穏な動きがあると聞く。

 それは秦国に未曽有の危機をもたらす大きな“嵐”の前触れであった。

1話スタッフ
脚本:高木登
絵コンテ:今泉賢一
演出:門間和弥
作画監督:ムラオミノル/一居一平

TVアニメ『キングダム』作品時間
2021年4月4日24:10~ NHK総合にて放送開始!


©原泰久/集英社・キングダム製作委員会