【おすすめDLゲーム】『ルインバース』はファンタジーの世界観にタップリひたれる良作RPG

信濃川あずき
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回はNintendo Switch用ダウンロードソフト『ルインバース』をお届けします。

 『ルインバース』は、魔物が出現し、剣と魔法で戦うファンタジー世界です。4つの種族の人類が住んでおり、それぞれ身体能力や寿命が異なりますが共存しています。そして世界各地に点在する、まだ解明されていない謎の遺物。

 ファンタジー好きであれば、ここまで聞いただけでワクワクが止まらなくなっちゃいますね。それでは、『ルインバース』の世界の魅力をたっぷりとお伝えします。

 なお、本作はiOSやAndroid、PS4、PS5、Xbox Series X|S、Xbox One、Steamでも配信されています。

心優しい主人公とグイグイ系ヒロイン

 本作の主人公セティは、植物を育てることが好きな心優しい少年です。転送士の国家資格を持っており、魔法にも長けている様子。現在、免許更新中のため転送士の仕事を休んでおばあちゃんが営む宿屋を手伝っています。

  • ▲ふんわりと温厚な雰囲気の転送士セティ。植物をこよなく愛しています。
  • ▲国家資格、免許更新……と、魔法職の管理がしっかりしている世界のようですね。感心しちゃいます。

 そんなセティのもとに、朝からお客さんが。幼なじみの少女エンリです。エンリは、魔物を狩る猟師。ただし、エンリは猟師という呼称が好きではないようで、自身の職業はハンターと言うようにと強要してきます。

  • ▲エンリは、ちょっと口が悪くて強引なタイプです。

 エンリの強引な誘いで、セティも魔物狩りに付き合わされることになりました。ところが……東の洞窟で魔物を退治していると、地面が崩れて脱出できなくなってしまいます。

 出口を探して奥に進むと、そこにあったのは“神の遺物”。普通の人には理解できない言語で、この世界の歴史やさまざまな知識が書かれている石碑です。石碑の魔法効果を期待して触れてみると……とんでもないことが起こってしまいます。

  • ▲あんなに口が悪かったエンリが、落ち着いたしゃべり方に。まるで別人のようです。
  • ▲そして、セティは転送魔法をうまく使えなくなってしまいました。

 その後、エンリは性格が変わったわけではなく、別人格の魂が入り込んでしまったことがわかります。便宜上、別人格にはアンシャルという名前をつけました。アンシャルは、記憶を失っている男性です。

  • ▲たまたまおばあちゃんの宿に宿泊していた、医者のレクスアが診てくれました。
  • ▲なおレクスアは、セティの珍しい体質や骨格に興味を持ち、執拗に触って調べようとしてきます。

 エンリをこのまま放っておくと魂が同化し、消滅してしまう可能性があるとのこと。カギとなった神の遺物は、世界中に点在します。セティ、エンリ、そしてセティの身体目当てのレクスアは、エンリとアンシャルを救うために旅立つことになったのです。


  • ▲その後、王国兵団の小隊長ナンナと詐欺師のトートが仲間に加わります。どんないきさつで仲間になるのかは、ぜひプレイしてみてください!

 エンリが消滅してしまうかも……という深刻な事態ですが、仲間たちの明るさもあって決して重苦しい旅にはなりません。むしろ、笑いが多い道中です。

 セティとエンリがお互いを大切に思っている様子にもグッときます。笑いながらほっこりできる、彼らの旅をぜひ最後まで見守っていただきたいです。

親切でテンポのいいバトルシステム

 バトルは、通常攻撃やスキルなどの行動を選ぶコマンド入力式です。行動選択中は時間が止まるので、じっくりと次の手を考えながら戦うことができます。

  • ▲画面上部に“アクティブバー”があります。アイコンが左端に到達したキャラクター、もしくは魔物が行動します。
  • ▲キャラクターの順番が来ると、攻撃やスキル、アイテム使用といった行動の中から任意のものを選びます。

 敵味方双方のフィールドは、3×3のマス目になっています。大型の敵は、数マスを占拠していることも。この、マス目の仕組みを知っておくことでバトルがグッと楽になります。

  • ▲横2マスに効果があるスキルを使う場合、スキルを放つ場所をうまく選べば敵2体にダメージを与えられます。
  • ▲スキルを放つ場所の選び方で、同じスキルでも敵1体だけにダメージを与えられたり、複数を巻き込めたりが変わります。
  • ▲味方への回復魔法なども同じように、効果範囲が縦のもの、横のものなどさまざま。うまく範囲選択すれば、一気に回復できます。

 筆者が本作のバトルでもっとも楽しいと感じたところは、確率で発生する味方の追撃です。バトル中、誰かが攻撃を行うと、周囲にいる他の仲間が追撃をしてくれることがあります。

  • ▲攻撃を行うと、後ろからついてきて一撃を加えてくれます。発生頻度も、毎回の戦闘で複数回は見られるくらいには高め。
  • ▲仲間が増えると、発生頻度もそのぶん上がるような気がしました。みんなで一丸となって戦っているような感覚が楽しい!
  • ▲ただし、敵も複数いると追撃が発生します。敵の数が多い時は注意!

 このエリアでは無理なく戦えるようになったと思ったら、戦闘をオートに切り替えてスピーディに敵を倒していくことをオススメします。オート時の行動はあらかじめ細かく決めておくことができるので、少なくとも1人を回復役にしておけば事故も防げます。

  • ▲ひとりひとりのキャラクターに行動が設定できるので、理想のオートバトルが実現します。
  • ▲オートバトルの処理はすごく速いです。それでも、ちゃんと追撃の発生などが確認できるので、見ていて気持ちよし。

 強敵との戦闘ではじっくり行動を選べて、一般の戦闘ではスピーディに処理していくという、メリハリがついているので、レベル上げから実戦に至るまで面倒に感じることがまったくありませんでした。戦闘が快適で楽しいというのは、本作の大きなおすすめポイントです!

プレイヤーにやさしい便利機能あれこれ

 ここからは、旅がますます快適になる便利機能を紹介します。

 ほとんどのエリアでは、フィールドよりもダンジョン内の敵のほうが手強くなっています。初めて訪れたダンジョンでは何度か戦って出現する敵の傾向を見たり、必要があればレベル上げをしたりするのですが、本作ではそれが非常に楽にできるようになっています。

  • ▲新しいダンジョンに到着したら、まずは入り口に設置されている“魔除け水晶”という神の遺物を調べてみてください。

 魔除け水晶でできることは、敵とのエンカウント率の操作、周囲の敵を引き寄せてすぐに戦闘を開始すること、そして特殊なアイテムを消費しますが経験値を多く持っている敵やアイテムをよく落とす敵を引き寄せることの3つです。

 特に、すぐに戦闘開始できるシステムには多くのプレイヤーがお世話になるはず。無理なく戦えるようになるまでここで修行すれば、この先のダンジョンをスムーズに進むことができます。

  • ▲魔除け水晶はダンジョン入り口と最奥にあります。最奥の水晶に到達すれば、エンカウントをゼロに設定できるようになります。

  • ▲敵を引き寄せると、すぐに3連続戦闘になります。動き回って敵を探す必要なく、どんどん戦えるのでレベル上げが迅速!

 キャラクターを強くする方法は、レベル上げ以外にもあります。敵と戦うと、たまにステータスをアップさせるアイテムを入手できます。

  • ▲STRの実が落ちました。STRは、与える物理ダメージに影響を与えるステータスです。実を使うとちょびっと上がります。

 この実をこのまま使ってももちろんいいのですが、実を植えて育てることでさらに効果の高いアイテムが入手できる可能性もあるようです。


  • ▲植木鉢に実を植えると、植物大好きなセティが丹精込めて育ててくれます。

 植えた実は、一定時間経過することで立派に育ちます。育ったら収穫してみましょう。


  • ▲花が採れました。実のまま使うよりも高い効果が得られます。

 実が育つにはリアルの時間経過が必要なので、できるだけ植木鉢をカラッポにせず次々と植えることをおすすめします。

 他にも、マメにプレイしたくなるような楽しい仕掛けが盛りだくさん!

  • ▲毎日挑戦できるルーレット。日付変更でリセットされます。いいものが当たるかも……!
  • ▲お題を達成すると報酬がもらえる“パネルチャレンジ”。ここでも、いろいろな報酬が狙えます。

 キャラクター強化、戦闘、アイテム収集など、本来ならばプレイ時間をかけて取り組むべきところがものすごく快適になっているので、ストーリーの進行に集中することができます。

 かといって、選んだ難易度次第ではありますが決して戦闘がぬるいわけではなく、新しい敵が出るエリアに入るとしばらくは苦戦するくらいには歯応えあり。敵が落とす武器を厳選するなど、戦う目標もあります。

  • ▲もっと刺激が欲しいと思ったら、難易度を変更してみてください。
  • ▲武器は店売りもありますが、基本は敵が落としたものを厳選します。

 筆者は、ファンタジーRPGは世界観にどっぷりとひたってしまいたいタイプなので、システム面が快適で集中できるのがすごくうれしかったです。

 そのぶんセティやエンリに感情移入し、どんどん引き込まれていきました。バトルも基本はオートながら、強力なボス戦やマス目の配置など、じっくり考えて楽しむ場面もあってほどよく楽しめました。とにかく面倒事を排除した快適な環境で、ファンタジーを集中して楽しみたい人にオススメします!

  • ▲この世界は、なぜかアルパカの存在感が強いんです。こういった、クスリと笑える要素もお気に入りです。

(C) 2019-2020 KEMCO/EXE-CREATE

『ルインバース』

  • メーカー:ケムコ
  • 対応端末:Switch
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2021年3月4日
  • 価格:1,320円