核兵器は神話に残っていた…!? 『∀ガンダム』32話は、黒歴史の片鱗が見えてくる

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『∀ガンダム』の第32話“神話の王”が配信中です。

 『∀ガンダム』は、1999年4月9日から2000年4月14日の間、フジテレビ系列にて全50話が放送されました『機動戦士ガンダム』誕生20周年記念作品として作られた本作は、これまでの宇宙世紀で起きた戦争の歴史を“黒歴史”と称して、全ての作品の終着点になる物語とされています。

 第32話あらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

 二人の楽しい時間は爆撃の音で消し飛んだ。南アメリア大陸の北部、赤道下にある要衝の地、マニューピチの町。そこはすでにディアナ・カウンターの守備隊に占拠されていた。

 ミリシャは機械人形部隊で攻撃をかけるが、町に設置された砲台によって敗退。グエンはウィルゲムの荷粒子砲で砲台ごと町を落とせと命じる。町に住む民も犠牲になるが、強行作戦は敵の戦艦が到着する前の翌日の夜明けに予定された。

 その夜、ソシエは人影を見かけ、話を聞こうとあとを追う。しかし、土地の娘(アデスカの娘、マヤリト)は秘密があるのか、ソシエを気絶させて姿を消してしまう。

 ソシエを介抱したロランは、小さな足跡から岩穴を見つけ、その中に端座した壮年の男と出会った。その男アデスカの王、クワウトルはアデスカの民が一斉に見たという、不吉な夢の話をロランたちにするのだった。

■『∀ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ