まぁ、魔法薬の調合と大差ないじゃろう…多分…(ダイン)【ラスクラ名言集】

長雨
公開日時

 アイディスのスマホ用ドット絵RPG『ラストクラウディア』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

まぁ、魔法薬の調合と大差ないじゃろう…多分…(ダイン)

●三賢者ダイン/ユニットストーリー“賢者の弟子”

 『ラストクラウディア』の名言集第8回目にご紹介するのは、謎多き大賢者・ダイン(声:かぬか光明)のユーモラスなセリフです。

 ダインが活躍したのは本編よりもはるか昔、グランゼリア大陸が破神の圧政に苦しめられていた時代までさかのぼります。

 彼は魔術だけでなく、医術、戦術、生活の知恵まで幅広い知識を持っていたとされる人物です。

 “三賢者”の称号が示す通り、2人の仲間とともに古代遺跡を回っていたと伝えられています。その軌跡は、アーク“ラドムーン賢封蹟”のエピソードでたどることができますよ。

 ダインは研究のために、特異な魔術の素養を持ったアルバの面倒を見ることにします。もともとは弟子を取らない主義だったようですが、アルバに師匠と言われてまんざらでもない様子(?)。

 初弟子に対して、ダインはノリノリで魔獣の巣を潰してこいと命令します。しかも、成功するまで食事抜きというスパルタっぷり。

 最初は無理だと渋るアルバでしたが、ダインに手料理を作ってもらうという約束を取りつけたことでやる気アップ!

 調理経験がないというダインですが、調合になれている彼なら簡単にこなしてしまいそうですね。

 グランゼリア大陸にはさまざまな食文化(ゲーム内でグルメガイドが読めるほど充実しています)がありますが、ダインがどんなものを作ったのか気になります。


 その後ボロボロになって帰って来たアルバを、ダインはちゃんと世話してあげます。2人は何だかんだありつつ、いい師弟関係なのかもしれません。

 人間離れした見た目や能力を持つダインの、人間味を感じられるおもしろいエピソードです。



(C)2018 AIDIS Inc.