アニメ『スーパーカブ』1話あらすじ。女子高生は古びたバイクと出会う

電撃オンライン
公開日時

 4月7日より放送開始のTVアニメ『スーパーカブ』について、新ビジュアルが公開されました。

 また、第1話“ないないの女の子”のあらすじと先行カットも公開。追加キャストの情報や、追加キャストを含めた放送直前キャストコメントも届いています。

第1話“ないないの女の子”あらすじ

 朝目を覚ましそそくさと朝食を済ませ、お弁当を用意し家を出る。

 親はいない、お金もない、趣味もない、友達と呼べる人も将来の目標もない、「ないないづくし」の女子高生「小熊」。

 そんな彼女がたまたま立ち寄った場所、「バイクショップ」。そこで出逢ったのは古びた1台のバイク、後に小熊の生活を一変させる「スーパーカブ」だった。

スタッフ(敬称略)
脚本:根本歳三
絵コンテ:藤井俊郎
演出:安倍裕二郎
作画監督:齊藤桂子

追加キャスト(敬称略)

シノさん:魚建
椎の父:宮本崇弘
椎の母:筒井真理子
担任教師:原えりこ
家庭科教師:白須慶子
数学教師:下鶴直幸
国語教師:茅原実里
教頭先生:星祐樹
信用金庫課長:宮澤正
山小屋店主:石井康嗣

放送直前キャストコメント(敬称略)

夜道雪(小熊役)
 小熊を演じさせて頂きました夜道雪です。私は小熊と同じく、高校生のときにバイクの免許を取り、通学含め様々な用途でたくさんバイクに乗っていました。

 小さい頃から外で遊ぶ事が大好きだった私は、放課後は毎日のようにバイクで寄り道して帰りました。

 周りにバイクに乗ってる人はいなかったのですが、全然寂しくなかったんです。それはバイクをどこか相棒のような目で見ていたからだと思います。

 そうして、バイクと共に過ごした時間が私の青春そのものになりました。

 アニメ「スーパーカブ」は、そんなごく普通にも思えるような「バイクと過ごす日常の素晴らしさ」どこか懐かしい気持ちと共に味わせてくれるとても素敵な作品です。

 皆さんにも絶対に気に入っていただけると思います! 素晴らしい作品に出会えた事を心から感謝しています。

七瀬彩夏(礼子役)
 スーパーカブ放送直前! 放送の日が楽しみで毎日わくわくしています!

 スーパーカブと実在する山梨県の景色、クラッシック音楽とのゆったりとした世界観、絵から音までたくさんのこだわりが感じられる繊細な作品です!

 小熊と礼子の関係性にも注目して、ぜひお楽しみください!!

日岡なつみ(恵庭椎役)
 いよいよアニメの放送が始まります!

 時間の流れがゆっくりと感じられるこの作品…一日の終わりにスーパーカブを観てほっと一息ついて頂けたら嬉しいです。

 特に1話は“音”に注目して観て聴いて頂きたいです!

 私の演じる椎ちゃんも実はどこかに登場しているかも…? 応援よろしくお願いします!

魚建(シノさん役)
 バイクや自転車とか相棒を手に入れた時って寝てても何しててもテンション上がってるじゃないですか? あの気分を感じながらの収録でした。

 感じてもらえたらいいなぁ、あのワクワク♬

宮本崇弘(椎の父役)
 椎の父をやらせていただきました、宮本崇弘です。

 作品に参加させていただいて、自分が初めて原付を手に入れた時、これでどこまでも行けるのかなとワクワクしたことを思い出しました。

 父のこだわりの店と、素晴らしく可愛い娘の椎をぜひぜひ見ていただきたいです。

下鶴直幸(数学教師役)
 テレビアニメ放送スタートおめでとうございます!! このような素晴らしい作品に出演でき、微力ながら貢献させて頂いて光栄に思います!! これからの放送が待ち遠しいです!!

茅原実里(国語教師役)
 はじめてこのお話をいただいた時、山梨が舞台のアニメ作品に携われることが純粋に嬉しかったです!

 私は、河口湖ステラシアターで10年以上にわたってライブをやらせてもらっている、山梨が大好きな「やまなし大使」なんです。

 北杜市にも何度も足を運んだことがあるので、あの場所の人のあたたかさや素朴さ、自然の豊かさを感じてもらえる素敵な作品だと思います! ぜひ応援よろしくお願いします!

星祐樹(教頭先生役) 
 「俺が卒業して実家帰ったらさ、星がコイツに乗ってやってくれよ!」

 そう言われ、日々ワクワクしながら眺めていた、先輩のバイク。それが、僕とスーパーカブとの初めての出会いでした。

 待ちに待った卒業の日。「あ、星わりぃ。カブ、従兄弟にあげる事になったわ。」

 そうしてスーパーカブと先輩は、千葉県茂原市へと旅立って行きました。あれから約15年。ようやく、巡り会えました。

 カブとの出会いにより輝き、変化していく3人の世界! 是非、お楽しみ頂けましたら幸いです!

宮澤正(信用金庫課長役)
 ぜひ見てくださいね! 面白いよ!!

石井康嗣(山小屋店主役)
 第5話にお邪魔させていただきました。私も若い頃はバイクを持ってましたし、新聞配達のアルバイトではスーパーカブにも乗りましたよ。

 スーパーカブはある意味、最強だと思います。空気感の素敵な作品だと思います。

 私もオンエアが楽しみです。

関幸司(店員役)
 モブ役で出演させていただきました、関幸司です。

 吸い込まれそうな北杜市の風景と、細部までしっかり描き込まれたスーパーカブ、そしてそこに実際にありそうな、手に触れられそうなレトルト食品等の小物にとてもこだわりを感じました。

 自分は原付等バイクは運転した事がないのですが、こんな風景の中を走らせたらとても気持ちが良いだろうなぁと思いました。放送開始が楽しみです。

高橋伸也(アナウンサー役)
 小熊のラジオから聞こえるニュース音声を演らせていただきました高橋伸也です。

 僕も小熊と同じ緑色のカブに乗っていますのでとても親近感が湧きました。やっぱカブって良いな! と思える作品です。

 1話からカブの魅力満載なのでぜひお見逃しなく!

深川芹亜(女子生徒役)
 リアルに存在する学生達の生活を覗き込んだような、繊細な世界観がとっても魅力的だなぁと思いました。

 見ていると本物のカブに触れてみたいと思わせてくれる、カブを持ってる人はそうそうとうなづきたくなる、そんなシーンがいっぱい出てくるのでカブを知らない人も持ってる人も楽しめる作品だと思います。

 ぜひ、学生時代を思い出しながら見てみてください。

 私はメガネをかけたボブの女の子役です、ぜひクラスのシーンなどで見つけてみてください。

福原かつみ(男子生徒役)
 「スーパーカブ」アニメ放送おめでとうございます!

 収録中、かなり本気でカブが買いたくなりました。男心をくすぐるポイントが沢山あるので、僕自身も放送を楽しみにしております!

堀場美希(女子生徒役)
 アニメの放送を今か今かと楽しみにしていました!

 小熊さんがカブと出会ってどんどん世界が広がっていく日常の一コマを覗いているような、自分がまるでそこにいるような居心地の良い世界観に癒されています。

 他の作品とも違う独特の空気感を早くみなさんにも味わって欲しいです。

 カブとの生活が始まり、これからどんな未来が待っているのか、また礼子さんと椎ちゃんとの絡みもどうなっていくのか一視聴者としてもとても楽しみです。

斉藤マサキ(作業員役)
 人々の暮らしと夢を担うスーパーカブに、自分も憧れていました。カブに乗りたくなる作品です!

山本兼平(事務員役)
 昔、お蕎麦屋さんで働いていた事があり、出前でカブに乗っていました。

 鍋焼きうどんの大量注文は、重くて肩が痛かったなあ。バイク関係ないけど。

青木優太(男子生徒役)
 自分の生活に新しいものがプラスされたときの楽しさやワクワクが存分に伝わってくる作品です!

 応援よろしくお願いいたします!

竹内良太(運転手役)
 まもなく放送開始でございますね!

 竹内は2年前に大型二輪免許を取得しまして、あの頃の青春を取り戻すかのごとく、バイクにハマっております。

 主人公小熊さんの淡々と過ごしてきた日々が、一台のスーパーカブによって変わり始める…ものすごく分かりますッ。

 “相棒”と一緒に見る景色、匂い、音…何もかもが新鮮で楽しく、思いのよらなかった人と繋がったり…バイクには不思議な魅力が確かにあると思っております!

 竹内は第1話に登場する“運転手”役を務めさせて頂きました! その登場シーン、まさに小熊さんがスーパーカブに乗っていなかったら、出会わなかった運転手。

 尊い…スーパーカブ。ぜひ御覧くださいませ!


©Tone Koken,hiro/ベアモータース