宮崎駿が影響を受けた名作『ゲド戦記』が金ローで放送!

電撃オンライン
公開日時

 4月2日から“金曜ロードSHOW!”で“春の2週連続スタジオジブリ”が開催中です。

 2週目となる4月9日は、少年と少女の運命的な出会いが奇跡を起こすスタジオジブリのファンタジー大作『ゲド戦記』が放送されます。

 本作は、宮崎駿監督も多大な影響を受けた世界的なファンタジー文学を原作にスタジオジブリが作成したファンタジー作品です。

 本来人間世界にやってこない竜が現れ、均衡が崩れつつある世界を舞台に、異変の源を探る旅に出た魔法使いのハイタカ=ゲドと複雑な事情を抱える少年アレンを軸に繰り広げられる物語は一度見てしまうと最後まで引き込まれてしまうこと間違いなしです。

 また、作中に描かれる街並みや美しい魔法の演出、そこに合わせて奏でられるBGMと時間を忘れて楽しめます。視聴済みの方もまだ未視聴の方も、ぜひ一度『ゲド戦記』を観てみてはいかがでしょう?

放送時間
4月9日21:00~23:19まで

ストーリー

 生きることの意味、命の大切さ。少年と少女が見つけ出す希望の“光”とは……。

 「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。そこでは人間の住む世界に現れるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔法の力を失うなど、異常事態が次々に起こっていた。

 その原因を探って旅を続けていた「大賢人」と呼ばれる魔法使い・ゲド、通称ハイタカ(菅原文太)は、ある日、エンラッドの国王(小林薫)である父を刺し、国から逃げている途中だった王子・アレン(岡田准一)と出会う。

 アレンは、世界を覆いつつある「影」に怯えていた。

 ハイタカと共に旅をすることになったアレンは、美しい港町、ホート・タウンに到着。しかしその街もかつての輝きを失い、麻薬や人買いが横行していた。

 そんな街角で人狩りのウサギ(香川照之)の襲撃を受けていた少女・テルー(手嶌葵)を助けようとしたアレンは、ウサギに襲われ囚われの身に。

 ハイタカは奴隷として売り払われそうになっていたアレンを救出。そしてハイタカの昔なじみの巫女・テナー(風吹ジュン)の家を訪れたアレンは、テルーと再会する。

 テナーの家で畑仕事などを手伝う中で、少しずつ人間らしさを取り戻していくアレン。そんなアレンにテルーも少しずつ心を開き始めるが、アレンが自ら生み出し彼に付きまとう「影」は彼の心をむしばんでいく。

 そんな中ハイタカは、世界の均衡が崩れかけている元凶が魔法使いの・クモ(田中裕子)であることを察知。過去のある出来事からハイタカを恨み続けているクモは、アレンの心の中の「影」を利用してハイタカを倒そうと決意するのだが……!?

キャスト/スタッフ(敬称略)

アレン:岡田准一
テルー:手嶌葵
クモ:田中裕子
ウサギ:香川照之
テナー:風吹ジュン
ハジア売り:内藤剛志
女主人:倍賞美津子
王妃:夏川結衣
国王:小林薫
ハイタカ(ゲド):菅原文太

原作:アーシュラ・K.ル=グウィン『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)
原案:宮崎駿『シュナの旅』(徳間書店刊)
監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
音楽:寺嶋民哉
主題歌:「時の歌」
作詞:新居昭乃、宮崎吾朗
作曲:新居昭乃、保刈久明
編曲:寺嶋民哉
歌唱:手嶌葵

挿入歌:「テルーの唄」
作詞:宮崎吾朗
作曲:谷山浩子
歌唱:手嶌葵(シングル・アルバム「ゲド戦記歌集」/ヤマハミュージックコミュニケーションズ)(サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ)

※画像は公式Twitterのものです。
© 2004 Studio Ghibli・NDDMT