ルカ様の名言も飛び出した『幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online』4月4日の部レポート

長雨
公開日時
最終更新

 コナミデジタルエンタテインメントの人気RPGシリーズ『幻想水滸伝』の25周年を記念して、2020年10月~12月に渡って行われたフルオーケストラツアー『幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert』。ファンの熱い要望の声に応えてオンライン配信での公演がスタートしました。

 本公演は日本初のゲーム音楽プロ交響楽団JAGMO、指揮・井田勝大氏による美しく迫力のある演奏と、ゲームの映像でシリーズの歴史を振り返ることができる目にも耳にもうれしいコンサート。公演は全部で4回あり、それぞれで違ったキャラクターにスポットライトが当てられているのも特徴です。

 今回は、4月4日に配信された1回目の『幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online -for the 108 Stars of Destiny-』をレポートしていきます。

オーケストラの音楽で再び『幻水』の世界へ

 『幻想水滸伝』は数奇な運命を背負った主人公が、108人のキャラと出会い、ともに旅をしながら未来を切り開いていく人気RPGシリーズです。

 108人の見た目も性格も、仲間になる条件も個性的すぎるキャラクター。図書館や釣り、料理など、戦闘以外もやりこみ要素が充実していて、私も時間を忘れるほどプレイした思い出深いシリーズの1つになります。

 とあるキャラを仲間にするためにタイムアタックしたとか、『幻想水滸伝III』の劇場でわざと下手な芝居をさせるのが好きだったとか……作品について語りたいことがいろいろあるのですが長くなるのでまたどこかの機会に……。

OVERTURE for the 108 Stars of Destiny

 この楽曲はシリーズテーマ曲である『幻想の世界へ』をベースに、人気曲が散りばめられた本コンサートのオープニングを飾るのにぴったりな内容になっています。画面にキャラクターたちの姿が映るたびに、アイドルファンのように名前を叫んでしまいました(笑)。

 曲を聴くだけで遊んでいたころの思い出や、印象深いシーンの記憶が一気によみがえるので、音楽も大事なゲーム体験の1つだと再確認できたのもうれしいところです。

 本公演では重要なサブキャラクター・レックナート、数々の名言を残した『幻想水滸伝II』の敵・狂皇子ルカ、そして1作、2作目通して頼もしい仲間として活躍してくれたビクトールに関する楽曲が演奏されました。

Episode of Leknaat -The 27 True Runes-

 本シリーズでは紋章を宿すことで、魔法や強力なスキルを使用することができます。紋章のなかには、“27の真なる紋章”と呼ばれるものがあり、それを身に宿している人は大きな力を手にする反面、波乱万丈な人生を歩むことに……。『幻想水滸伝』の主要キャラクターは、この紋章の宿主であることが多いです。

 そんな“真なる紋章”の1つ“門の紋章”を持つレックナートは108人の仲間に含まれることこそはありませんが、ナンバリングタイトルでつねに主人公に関わる重要な人物でした。

 このパートでは彼女が出会ってきた歴代主人公たちに関わる楽曲が演奏され、「いろいろなことがあったな……」とシンミリした気持ちになります。

 個人的に印象深かったのが、“生と死を司る紋章(ソウルイーター)”にまつわるシーン。名曲と共に坊ちゃんこと初代主人公が経験した数々の別れのシーンが画面に流れて、涙なしには見られません。

 またレックナートと縁の深い“真なる風の紋章”の持ち主・ルックに関連する楽曲、シーンも彼がたどった運命が思い出されて大きく感情が揺さぶられました。
 
 本当に“真なる紋章”にはドラマしかなかったなと、しみじみしてしまいました。

Episode of Luca

 3曲目に演奏されたのは、「豚は死ね!!!」などの名言で強烈なインパクトを残した狂皇子“ルカ・ブライト”に関する楽曲。映像でもしっかりと、彼の名言の数々を見ることができました。

 彼のカリスマ性が伝わってくるテーマ曲と心優しき妹ジルのテーマとのコントラスト、主人公との激しい戦い軌跡を二部構成でたっぷりと味わうことができます。

Episode of Viktor

 最後に演奏されたのは、1作目、2作目の主要キャラクター・ビクトールに注目した3楽章形式の組曲です。

 ビクトールには、故郷ノースウインドゥを吸血鬼ネクロードに滅ぼされたつらい過去があります。彼が主人公と出会ってから、宿敵・ネクロードを倒すまでの道のりをこのパートでは追っていくことに!

 ネクロードは憎くて仕方がない敵なのですが、作中でも彼が演奏しているフーガ『我があるじを讃えよ』を聴くと、いい曲と思ってしまうのが少し悔しい。本公演でもパイプオルガンの演奏で、じっくりと楽しむことができます。

 他にも、『最強の敵』や『Gothic Neclord』など聴きどころ満載です。

 またゲーム映像と音楽で構成されたボーナス配信も、配信中です。メイン、ボーナスともに2021年4月19日23:59までアーカイブ配信を楽しめるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 また4月11日には『-Episode of Jowy-』、18日に『-Chamber Orchestra of Suikoden-』、25日に『-Episode of Luc-』と今後も人気曲が演奏される公演が続々と配信されていきます。

『-for the 108 Stars of Destiny-』セットリスト
・OVERTURE for the 108 Stars of Destiny
・Episode of Leknaat -The 27 True Runes-
・Episode of Luca
 第一楽章『母への祈り』
 第二楽章『狂皇子ルカ・ブライト』
・Episode of Viktor
 第一楽章『風来坊ビクトール』
 第二楽章『ノースウインドゥ』
 第三楽章『夜の紋章』

公演概要

公演名:『幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert』

ライブ配信プラットフォーム

公演特設ページ 

公演配信日時

2021年4月4日(日):
幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -for the 108 Stars of Destiny

メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

2021年4月11日(日):
幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Jowy-

メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

2021年4月18日(日):
幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Chamber Orchestra of Suikoden-

コンサート配信 開演/18:00 終演/19:30
※-Chamber Orchestra of Suikoden-にはボーナスコンサート配信はございません。

2021年4月25日(日):
幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Luc-

メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

*各配信終了後、2週間のアーカイブ配信期間がございます。ライブ配信終了後も2週間以内であれば、各公演の配信チケットをお買い求めいただけます。

チケット(すべて税抜)

全公演通し券:13,000円
(メインチケット4公演分、及びボーナスチケット3公演分のセットになります)

2021年4月4日(日)幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -for the 108 Stars of Destiny

メインチケット:3,500円
ボーナス配信付きチケット:4,500円

2021年4月11日(日)幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Jowy-

メインチケット:3,500円
ボーナス配信付きチケット:4,500円

2021年4月18日(日)幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Chamber Orchestra of Suikoden-

メインチケット:2,500円

2021年4月25日(日):幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Luc-

メインチケット:3,500円
ボーナス配信付きチケット:4,500円

チケット購入

Thumvaリンク


©2020 Faith, Inc.
©Konami Digital Entertainment