スライドするとキーボードが出現! 5.5インチ画面を搭載したゲーミングUMPCが先行予約開始

電撃オンライン
公開日時

 天空は、深セン GPD Technology 社が2021年1月に発表した、GPD WINシリーズの最新版“GPD WIN3”を日本国内にて販売決定、本日より予約を開始します。

 本製品は、GPD社がGPD WINシリーズとして初代GPD WIN、GPD WIN2 GPD WIN MAXに続く、4代目のGPD WINシリーズ最新作になります。今回初めてスライド式キーボード一体型のスレートタイプを採用しました。

 CPUには最新インテル第11世代Core i7-1165G7を採用し、Intel Iris Xeを搭載することでGPD WIN MAXよりも20%の3D性能が向上。また立体音響のステレオスピーカーや高品質なゲームパッドボタン、アナログ入力が可能なLR3ボタンなどを備え、極上のポータブルゲーミング体験をポータブルで実現します。

 天空パッケージ版はオリジナル国内1年保証のほか、液晶保護シートなどをセットにしたオリジナルパッケージとなります。また先行予約キャンペーンとして、本数限定で専用スタンドと純正ハードケースをセットでプレゼントします。

製品名称:GPD WIN3 天空パッケージStandard版
主な仕様:第11世代インテル Core i5-1135G7/16GB/1TB SSD
販売価格(税込):¥125,400

製品名称:GPD WIN3 天空パッケージUltimalte版ブラック
主な仕様:第11世代インテル Core i7-1165G7/16GB/1TB SSD
販売価格(税込):¥140,800

製品名称:GPD WIN3 天空パッケージUltimalte版ブラック/シルバー
主な仕様:第11世代インテル Core i7-1165G7/16GB/1TB SSD
販売価格(税込):¥140,800

出荷予定日:6月下旬~7月上旬

先行予約キャンペーン

 GPDダイレクトで先行予約いただいた方には、別売りの“GPD WIN3専用ドッキングステーション”と“GPD WIN3専用純正ハードケース”をプレゼント! ※規定数達し次第終了

■専用ドッキングステーション(通常価格:8,600円税込)

■純正専用ケース(通常価格:3,000円税込)

イーフロンティア共同開催 人気のeGPU BOX国内正規版バンドル販売

 GPD WIN3にeGPUボックスをバンドルしたパッケージが登場! お持ちのグラフィックカードを使うことでデスクトップクラスのグラフィックスを実現することができます。※数量限定です。

・GPD WIN3スタンダード版+AKiTiO Node Titan:165,400円(税込)
・GPD WIN3 Ultimate版+AKiTiO Node Titan:180,000円(税込)

セット商品製品:【国内正規品】 AKiTiO Node Titan/650W電源/Thunderbolt 3 接続/eGPU 拡張Box/フルレングス フルハイト ダブル幅 PCIeカード型番:AKTNPTNT3 ※通常価格:55,000円(税込)

GPD WIN3の特徴

・最新のAAAゲームが遊べる※世界初のWindows 10搭載スライドパッド式小型ゲーミングPCで、ゲームパッド一体型です。(※設定の調整が必要)
・スライドできるディスプレイ+バイブレーション機能の付いたバックライト付きタッチキーボード。
・デスクトップPCレベルのターボファン+デュアルヒートパイプによる効率的な冷却機能に8個の穴を備え大排気量の熱を逃がす設計。
・デュアルモーターによる臨場感のあるバイブレーション機能。
・アルプス電子社のアナログスティックを2つ搭載。押下でL3/R3ボタンとしても機能いたします。
・L2/R2はアナログトリガーボタンに進化。この圧力制御センサーにより、レーシングゲームなどでは操縦性・臨場感が大幅に向上いたしました。シューティングゲームにおいても、よりリアルな感覚を再現。プレイヤーをよりゲームの世界に引き込みます。
・ドイツ製AACトップ3Dリニアスピーカーを採用、振幅が2倍増強され大迫力のサウンドを体験できます。
・本体シェルは耐衝撃性ABS合成樹脂でできており、ロックウェル硬度109R、マットなボディ、触り心地の良い質感を備えています。
・5.5インチのブライトスクリーン、268 PPI、H-IPSテクノロジー、Corningゴリラグラス第5世代、NTSC:84%(typ)、DC調光。
・第11世代インテルTigerLake-Uを搭載。シングルコアの性能はフラッグシップとなるi9-10900Kを上回ります。
・第12世代インテルIris Xe Graphicsは、通常のパフォーマンスがGeForce MX350を上回り、特定の状況によってはMX450と互角の性能を発揮することさえあります。
・Thunderbolt4ポートを搭載。外部のGPUボックスの接続も可能です。
・第4世代のPCIeバステクノロジーであるM.2NVMe 2280 SSDを採用。読み込み書き込み速度が大幅に上がりました。
・A2レベルのmicroSDXCカードをサポート。最大160MB/秒の読み取り速度を実現。
・Wi-Fi6対応、300MB/sの高速インターネットを実現。前世代のWi-Fi5の2.77倍、高速です。

 スライド式キーボードはタッチパネルキーボード、キーをタッチするとフィードバックがあるため、押したかどうかの判別が直感的にわかります。

 L2/R2ボタンはアナログ入力対応。