なんて幸せそうな…。アニメ『七つの大罪』13話の特殊EDを使用した映像が泣ける

電撃オンライン
公開日時

 2021年1月より放送中のTVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』の、第1クールOPとEDのノンクレジット映像が公開されました。

 さらに、第13話の特殊ED映像を使用したリリックビデオも公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

第1クールOPのノンクレジット映像公開!

 この度、第2クールの放送開始を記念して、ポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁が歌う「光あれ」を使用した第1クールOPのノンクレジット映像が公開されました!

 本シリーズにて、新たに明らかになったキャラクターたちの過去や因縁に関係する伏線が散りばめられており、最終章を彩るにふさわしい内容になっています。

第1クールEDのノンクレジット映像公開!

 SawanoHiroyuki[nZk]:ReoNaの「time」を使用した第1クールEDのノンクレジット映像も同時公開!

 ボーカル・ReoNaの周りを包み込むような歌声や、メリオダスの帰りを待つエリザベスの心情とリンクした歌詞を『七つの大罪 憤怒の審判』の映像とあわせてお楽しみください。

第13話特殊ED映像を使用したリリックビデオ公開!

 第13話の特殊ED映像を使用したリリックビデオも公開されました!

 こちらの映像では、第2クールEDテーマのUVERworld「NAMELY」にあわせて、〈豚の帽子〉亭に集まり、みんなで聖戦終結をお祝いする様子や、エリザベスや〈七つの大罪〉が〈豚の帽子〉亭の店員として働く姿が描かれています。

 戦いが続き、本編ではあまり見ることが出来なかったキャラクターたちの微笑ましいやりとりや、普段と違った一面を、UVERworld楽曲と歌詞の世界と共にお楽しみください。


©️ 鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京