『美少年探偵団』村瀬歩&坂泰斗インタビュー後編。2人が意識している美学とは?

電撃オンライン
公開日時

 講談社タイガより刊行されている西尾維新氏の人気小説「美少年シリーズ」を原作に、アニメーション制作・シャフト、総監督・新房昭之氏が手掛ける話題の新作TVアニメ『美少年探偵団』

 本作は私立指輪(ゆびわ)学園を舞台に、校内のトラブルを非公式非公開非営利に解決するという噂の集団“美少年探偵団”が華麗に謎を紐解いていく青春ミステリーです。

『美少年探偵団』第2弾PV

 美少年探偵団の団長・双頭院学(そうとういんまなぶ)役の村瀬歩さんと、副団長の咲口長広(さきぐちながひろ)役の坂泰斗さんのインタビューを前後編に渡ってお届けします。

 後編は主要キャラクターたちの印象や、村瀬さんと坂さんの“美学”に迫っていきます。

美少年探偵団に対するお二人の印象は?

――主要キャラクターたちについてのお話をうかがっていこうと思います。

依頼人・瞳島眉美(どうじま まゆみ/声優:坂本真綾)

村瀬歩さん(以下、村瀬):実はオーディションで、眉美役も受けておりました。眉美はよくしゃべる主人公で、うまい人がいいという難しいオーダーがあったので学より時間をかけてオーディションに挑みました。

 役が決まりましたと言われたときに学だろうとは思ってましたがその通りで、彼女は誰が演じるんだろうと、当時は気になりました。

坂泰斗さん(以下、坂):確かにとらえどころがない人物ですし、誰が演じるか最初は想像つきませんでしたね。

村瀬:学はセリフにわかりやすいパワーがありますが、眉美は核が見えづらいんです。でも、アフレコで真綾さんのお芝居を聴いて、すごくどこにでもいそうだけど、どこにもいなさそうな子なんだなと思いました。

:わかります!

村瀬:真綾さんの芝居やセリフ回しで、テスト中につい笑ってしまうこともあります。眉美はこういうしゃべり方だし、こんな声だよなとアニメでは彼女が生きているように感じました。

:個性豊かな美少年探偵団に対して、彼女はリアル。等身大の女の子がいることで、こんなにもバランスがよくなるんだと思いましたね。

 坂本さんの息づかいであったり、アドリブもすごいです。一緒に収録していて、その場に眉美がいると思いましたね。本当に等身大の女の子!

村瀬:眉美もおかしいところあるけどね(笑)。

:それでも、周りに比べてとがりすぎてはいない感じがします。だんだん、ボロが出てきますけど(笑)。

“美学”双頭院学(そうとういん まなぶ/声優:村瀬歩)

:笑い方がすごかったです! 村瀬さんの演じた笑い方を聴いて、学がいると思いました。ご自分の中でキャラクターを昇華されていて、より彼のみんなを引っ張っていくエネルギッシュさを感じる芝居になっていて自然と副団長役として付き従おうという気持ちが強くなりました。

村瀬:エネルギーの塊だからね。この作品を読むと、大人になると自然に剥がれ落ちてしまうものがあるなと感じました。眉美は素直に世界を見ていて、原作でも情景が鮮やかに描かれています。

 彼女から見た学は突き抜けたエネルギーを持っていて、身長も低く幼さもありますが、眉美の目から見たすごさを原作を読んで感じました。まだ小さいですが、大きな人物であるように演じています。

:すべてを受け止める器を感じます。

村瀬:自分の美学に反することは絶対にしないという彼の生き方も魅力ですよね。美しいと思ったら敵味方や善悪ではなく判断できる目や、力を持っている。人間としての強度がしっかりしています。

 ただ、突き進み過ぎてて、ちょっとおかしなところもありますが……(笑)。

:裏がなくて、本当に真っ直ぐですよね。

村瀬:そう、自分の信じたものを真っ直ぐ突き進んでいるから、そのぶん演じていてカロリーとエネルギーを使います(笑)。

“美声”咲口長広(さきぐち ながひろ/声優:坂泰斗)

村瀬:長広だけじゃないけど、名前のイントネーションをどうするか問題がありましたね。皆さん原作を読んだときのイメージもあると思うので、現場ですり合わせたり、口で慣らしたりしました。

 坂くんは、演じていてどう思いました?

:美声ってなんだろうと考えました。

 でも長広は彼なりの美学、声に自信があって、その部分が自然に前に出るので、僕もビクついている場合ではないなと。

村瀬:美少年探偵団のメンバーは自分らしさ、才能があることを否定しないよね。

:人とも比べないですね。

村瀬:長広の声がいいという美点があって、そこから話すことに説得力が出ます。ただ演説とか大変だよね、原作でも“プロの声優もかくや”って書かれていて(笑)。

:本当に怖かったです(笑)。やばいぞと思いましたが、彼のためにもあわあわしてはいけないと思って挑んでいます。

村瀬:とてもいいキャラクターだよね、ミステリアスな部分もありつつ、人間味もある。

:ちょっと、嫌味っぽいことも言いますしね。メンバーのなかで、彼だけじゃないかな。

村瀬:満のシニカルさとも違う上品さがあって、その対比もおもしろい!

“美食”袋井満(ふくろい みちる/声優:増田俊樹)

:不良に見えて、1番優しさがありますよね。

村瀬:原作を読んだときに、彼のことを好きにならない人いるのかなと思いました。不良が子猫にエサを与えるギャップにときめくのと少し似ています。

:面倒見もいいですよね。

村瀬:おかん気質。増田くんの芝居で、彼の不良っぽさと心の優しさがうまく説明されていると思います。

:あと、風刺がおもしろいですよね。

村瀬:「世間ではそういう風に見える」と、自分は距離を取りつつ物事を見ています。それが、彼自身の自己防衛でもあると思うんですけど。

 不良と言われていますが悪事を働いているわけではないですし、強そう、カッコいいけどワルそうっていうのがそういう風に見えるのかな。

:料理もできますし、モテますね。

“美脚”足利飆太(あしかが ひょうた/声優:矢野奨吾)

:“美脚”と言うのを見て、そう来たか! と、思いました。“美声”や“美食”と違って、いい脚としか表現できない別観点の美点です。

 飆太は少し俗っぽいところがありますが、相手のことを思いやれるキャラクターなのかなと思います。

村瀬:眉美が気持ち的にフラフラする場面でも満はめんどくさがりつつも心配するのに対して、飆太は「何でそんなことするの!」ってプリプリ怒っているところがありますよね。

 そういった考えるペースや心と体の動きが普通とは違う様子は、身体能力の高い人の反応だなと思いました。

:なるほど!

村瀬:女の子が気になるのも、そんな反応の早さからな気がします。天使って言われるけど、ちょっと小悪魔感がありますね。

:どっちのいい部分もあると思います!

“美術”指輪創作(ゆびわ そうさく/声優:佐藤元)

村瀬:佐藤くんと別作品でレギュラーで一緒になったときに、今度一緒になりますねって話をしました。でも、原作を読んだら創作はセリフが少なくて、「佐藤くんの出番ないじゃん!」と(笑)。アニメでも画面にはいて一緒にいるけど出番がなくて、佐藤くんと一緒にならないという(笑)。

 そんな限られたセリフで、彼の人柄や芸術肌な部分を表すのは難しそうだなと思いました。でも佐藤くんは、彼らしさをうまく演じていますよね。

:無感情だったり、機械的だったりせず、しっかり考えをもって動いていることが短いワードでしっかり表現されているのがすごいです。

 ずっと一緒にいるのですが、彼を理解しているのは団長だけですよね。

村瀬:学が「(創作は)こう思ってるぞ!」とセリフを奪ってしまっているよね(笑)。

 あとアニメになって、彼の芸術をどう表現するのか気になっていました。天才を描くのは大変で、大半の人が思う天才は本当に天才なのかというパラドックスに陥ってしまうというか。

 でも、PVを見たときに芸術に学がない僕が見てもすごいと思ったので、皆さんもそう感じてくれていると思います。

:スタッフの皆さんも、本当に苦労されていると思います。

お二人が日常で意識されている美学

――お二人はミステリー小説や推理小説といった、謎解きの要素がある物語はお好きですか?

:僕はこの作品が初めてのミステリー系だったんですが、些細なきっかけでここまで謎解きが膨らむのかと驚きました。

村瀬:小説はあまり読んでいませんが、漫画やゲームでは触れたことがあります。

:あ、僕も初めてというのは嘘でした! そういうコンテンツには触れていました(笑)。

村瀬:これまで探偵ものは犯人役ばかりだったので、今回は美学を持って謎を解く探偵役でよかったと思いました(笑)。

――『美少年探偵団』にちなんで、お二人が“美学”や“美しいこと”と感じている自分ルール的なものがありましたら、教えてください。

:美学というか当たり前のことなんですが、困っている方がいたら助けるようにしています。

村瀬:大事!

:電車などで視覚にハンデがある方を見かけたら、率先して声をかけています。声をかけていいのかなと悩むときもありますが、「大丈夫です」と言われたとしてもこちらが安心するだけなので、相手のためでもあり、自分が納得するためにも声はかけます。

村瀬:そういうところをちゃんとするのは、個人的に好感度が高い。

:村瀬さんの僕への好感度が、爆上がりしましたね。

村瀬:爆ではないかもしれないけど、いいことだよね。特に今はいろいろ難しい時代だから、ちゃんと行動できるところは人としてすごい。

――村瀬さんはいかがですか?

村瀬:人に期待しないかな。こうしてもらえるはずと思うことが傲慢だと思うように生きていると、何かしてもらったときに素直にお礼を言えるし喜べます。

 いい意味で人に期待しないと、自分の精神衛生にもいいですね。

:相手へはプレッシャーにもならないですしね。

村瀬:自分も相手も立ち位置を固定しないことで、右往左往しなくて済むのも大きいと思います。僕は右往左往しがちなので。

:いい美学ですね!

――アニメとあわせて、関連グッズが発売されます。こちらについての感想や、一番気になるグッズについて教えてください。

Tシャツ

村瀬:イラストは、キービジュアルのものを使ってるんですね。XLあるのうれしいし、けっこうビッグシルエットだ。

:なかなかないですもんね。

靴下

:指輪学園の制服のパンツみたいなデザインですね。

村瀬:女性向けしかないのがちょっと残念かな。

ミニポーチ/トートバック

村瀬:シンプルでかわいい!

:ワンポイントなので、普段使いもしやすそうですね。

アクリルスタンド/アクリルキーホルダー/星形缶バッジ

村瀬:ミニキャラでかわいい。

:このシリーズは、ぜひ眉美もグッズ化してほしいですね。関係者の皆さん、ご検討をお願いします!

――気になったグッズはありますか?

村瀬:ポーチは使いやすそうなサイズでいいですね。日常的にポケットWi-Fiやコードを持ち歩くので、それを入れたいです。

:僕は、アクリルスタンドを並べたい派です。とてもかわいくちょうどいいサイズなので、そろえたい(笑)。

――最後に『美少年探偵団』ファンとお二人のファンへのメッセージをお願いします。

:この仕事に就く前から、いちファンとして楽しませていただいていた西尾先生の作品・世界に参加できて光栄です。

 作品を楽しみにしていただいている皆さんに彼らの輝き、美学を伝えられるような素晴らしい作品になっています。個性あふれる美少年たちの輝きを楽しんでいただけたらと思います。

村瀬:美少年探偵団のメンバーは個性も価値観も違いますが、一緒になるとチームになります。原作を読んでいて再現するのは難しいと思っていた部分もあったのですが、事前にアニメ第1話を先行して見させていただき、絵も音も素晴らしく皆さんのもとまで作品の魅力を届けられる力があると思いました。

 すでに収録は後半まで進んでいるのですが、完成版を見てうかうかしていられないなとたすきを結び直した次第です。原作のおもしろさをいかしつつ、アニメーションにする意味があったね、おもしろかったねと思っていただけるように頑張っています。今後も、見届けていただけたら嬉しいです。末永く、よろしくお願いします。

culcolleでグッズの予約が受付中!

 『美少年探偵団』のグッズが、6月3日に発売されます。商品ラインナップは下記に掲載しているので、一般販売となる6月3日までにぜひチェックしてみてください!

Tシャツ





販売価格:3,500円+税
素材:綿
サイズ:M、L、XL
種類:5種類

靴下

商品概要:1,300円+税
サイズ:23~25

ミニポーチ


販売価格:1,800円+税
素材:合皮
サイズ(mm):112×85

バッグ

販売価格:2,500円+税
素材:綿
サイズ(mm):370x240

アクリルスタンド





販売価格:800円+税
素材:アクリル
サイズ(mm):100×60
種類:5種類

アクリルキーホルダー





販売価格:500円+税
素材:アクリル
サイズ(mm):50×50
種類:5種類

星型缶バッジ





販売価格:500円+税
素材:ブリキ
サイズ(mm):54
種類:5種類

TVアニメ『美少年探偵団』作品情報

放送情報
2021.4.10START
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネット(『ANiMAZiNG!!!』枠)
毎週土曜深夜2:00

4月15日(木)21時~
AT-Xにて毎週木曜21:00 ほか

配信
4月10日(土)深夜2時~
ABEMA
※地上波同時・単独最速配信

☆4月13日(火)12時~
U-NEXT、アニメ放題、dアニメストア、dアニメストア for Prime Video、GYAO!、Amazonプライムビデオ、ひかりTV、バンダイチャンネル、Hulu、TELASA、JCOMメガパック、みるプラス、スマートパスプレミアム、FOD、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネル、TSUTAYA TV、HAPPY動画、ムービーフル、ビデオマーケット、DMM.com、music.jp

キャスト(敬称略)
瞳島眉美(どうじま まゆみ):坂本真綾
双頭院学(そうとういん まなぶ):村瀬歩
咲口長広(さきぐち ながひろ):坂泰斗
袋井満(ふくろい みちる):増田俊樹
足利飆太(あしかが ひょうた):矢野奨吾
指輪創作(ゆびわ そうさく):佐藤元
麗(れい):七海ひろき
札槻嘘(ふだつき らい):鳥海浩輔

スタッフ(敬称略)
原作:西尾維新「美少年シリーズ」(講談社タイガ)
総監督:新房昭之
キャラクター原案:キナコ
アニメーションキャラクターデザイン/総作画監督:山村洋貴
副監督:岡田堅二朗
美術監督:細井友保
色彩設計:渡辺康子
撮影監督:会津孝幸
編集:松原理恵
音響監督:亀山俊樹
音楽:太田雅友・EFFY
監督:大谷肇
アニメーション制作:シャフト

主題歌
☆オープニングテーマ『Shake&Shake』sumika
☆エンディングテーマ『Beautiful Reasoning』
美少年探偵団(双頭院学・咲口長広・袋井満・足利飆太・指輪創作)

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

関連する記事一覧はこちら