『SEKIRO』は“弾き”による戦闘の駆け引きが熱い傑作【2021GW特集】

Ak
公開日時

 2021年のゴールデンウィーク特別企画として、電撃オンラインがユーザーにオススメしたいタイトルをプッシュ!

 この記事で紹介するのはフロム・ソフトウェアから発売中のPS4/Xbox One/PC用ソフト『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。その特徴や魅力を熱く語ります!

“弾き”と“体幹ゲージ”が生む新たな駆け引き

 本作のもっとも特徴的なシステムといえるのは“弾き”。敵の攻撃をタイミングよくガードすることで、敵の“体幹ゲージ”を削れるシステムです。

 体幹ゲージは体力ゲージとは別に存在。一定時間で回復しますが、体力ゲージを少なくなると回復速度が遅くなります。

 体幹ゲージが0になると敵を一撃で倒す“忍殺”が可能に! ガードがそのまま攻撃にもつながる“弾き”というシステムが、戦闘に新たな駆け引きを生んでいます。

 まずは体力を減らすか、あるいはガンガン弾いて体幹ゲージを一気に減らすか……プレイヤーによって攻略に幅が出るのが楽しいです。

 ちなみに“弾き”は、いわゆる一般的なアクションゲームの“パリィ”よりは成功判定が緩め。アクションゲームが苦手な人でも、意外なほど成功するので安心です。

ボスラッシュでやり込み要素も充実!

 2020年10月29日の『GAME OF THE YEAR EDITION』発売に合わせて、待望の新モードが追加。ボスとの再戦やボスラッシュに挑戦できるようになりました。

 ゲーム中、基本的にはいつでも“鬼仏(チェックポイント)”からボスとの再戦やボスラッシュに挑戦可能。

 両モードとも攻め力(攻撃力)が固定となりますが、消費したアイテムと形代は戦闘終了時に元に戻るので、気楽に挑めるのがうれしいところ。

 連戦の最後の1戦では、本編とは攻撃スタイルの異なるボスが登場! やり込んだプレイヤーでも、新鮮な気持ちで挑戦できます。連戦では死亡すると元の世界に戻されてしまうため、最後の1戦の緊張感はすごいです!

 また、ボスとの連戦の特定ルートのクリアなど、特定条件を満たすと狼の衣装を変更できます。

 どの衣装も非常にカッコよく、本編の設定と関連したものなので、じっくり観察すると新たな発見があったりしておもしろいです。

 “死にゲー”らしい高難度を誇る本作ですが、初心者でも試行錯誤を繰り返すことで、少しずつ確実に成長していける奥深さが魅力。連休に、腰を据えてじっくり遊ぶにはピッタリの作品です。ぜひチャレンジしてみてください!

■PS4版

■Xbox One版

■PC版

©2019,2021 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.