『ポケモン GO』コラボの話題も!? スポーツ庁長官とNiantic社長が考える施策とは

げっしー
公開日時

 本日7月30日、スポーツ庁でNiantic, Inc.のCEO・村井説人さんとスポーツ庁長官・鈴木大地さんの対談が行われました。

 本対談は、7月初めにiOS/Android用アプリ『ポケモン GO』をはじめとするNianticのゲームが、スポーツ庁による“Sport in Life”プロジェクトのロゴマークを付与されたことにあわせて行われたもの。

 まず初めに、鈴木さんから村井さんへ“Sport in Life”プロジェクトのロゴマークが授与されました。

  • ▲左から鈴木さん、村井さん。

 対談が始まると、村井さんからの「『ポケモン GO』をはじめとするリアルワールドゲームをプレイしたことは……?」という問いに鈴木さんは「『ポケモン GO』を今日インストールしました(笑)」と回答。

 「地図が正確に再現されており、バーチャルとリアルがうまく融合していて、映像もきれいでおもしろいです。大人がハマる理由もよくわかります」とアプリをプレイした感想を述べました。

 Nianticの今までの取り組みを紹介する中では、『Ingress』、『ポケモン GO』、『ハリー・ポッター:魔法同盟』のすべてのユーザーの歩いた距離を村井さんが紹介。その距離、230億km(太陽と冥王星の間を約2往復分)に鈴木さんも驚きを隠せない様子でした。

 取材陣からは「今回を機に、オリンピックに向けNianticとコラボする予定はありますか?」という質問に、鈴木さんは「アイディアはいろいろありますね。オリンピック・パラリンピックを機会に、人々が『ポケモン GO』を使いながら体を動かす、そういう世界にしたいです」と語りました。

 村井さんは「競技を楽しんでもらうのはもちろん、期間中に日本のよさを知ってもらう手伝いをできるのではないかと思います」とコメント。

 また、「『ポケモン GO』のイベントでは必ずレアなポケモンが出現していましたが、オリンピック期間中にもそのような施策を考えていますか?」という問いに、鈴木さんは「いいですね! ポケモンをつかまえる千載一遇のチャンスとなれば、飛びつく方もいると思います」と前向きな意見を述べました。

 さらに、「元々日本でしか出現しないポケモンもいて、オリンピックを機に『ポケモン GO』をやる人、『ポケモン GO』をやりたくてオリンピックに来る人がいると思うので、いろいろな切り口でやれると思います」とも語りました。

 なお、『ポケモン GO』では日常的に歩くことを奨励するキャンペーンが実施予定とのこと。オリンピックに関する施策ではどのようなことが行われるのか、今後の発表を楽しみに待ちましょう!

  • ▲対談が終わると村井さんが鈴木さんに『ポケモン GO』をレクチャーするという場面もありました。

(C) 2015-2019 Niantic, Inc. All Rights Reserved.
(C) Japan Sports Agency. All Rights Reserved.