『戦国無双5』は2000人斬りも5000コンボも当たり前! 新生アクションで“無双感”は爆増

編集O
公開日時
最終更新

 7年ぶりのナンバリング最新作として6月24日にPS4、Nintendo Switch、Xbox One、Steamで発売されるコーエーテクモゲームスの“『戦国無双5』”
(Steamは2021年7月27日配信予定、Xbox OneとSteamはダウンロード版のみ)

 “新・戦国無双”と謳う本作では、織田信長と明智光秀のを主人公に据えた新たな戦国ドラマを提供。参戦する武将のデザインを一新し、演出は筆で描かれるような“和”を意識した変化を遂げ、激動の戦国時代をよりドラマティックに描いています。

 さらに、作品の柱とも言うべき“一騎当千”が味わえる無双アクションも大きく見直しが図られ、これまでの爽快感をそのままに新しい体験を提供する形へ昇華しました。

 そこで今回は6月24日の発売まで待てないというファンの声に応え、アクションを軸とした先行プレイレポートをお届けします。

※ボタン表記はPS4版のものです。

信長編 第三章“観音寺城の戦い”を先行体験

【先行体験動画もぜひご視聴ください!】

 ステージのプレイレポートをお伝えする前に、まずは本作における攻撃の基本や新規要素である閃技について紹介します。

 攻撃は通常攻撃、チャージ攻撃、神速攻撃の3つが用意されているのはこれまでのシリーズ同様です。

通常攻撃:□ボタン

 基本の攻撃で、続けて入力すると連続攻撃になります。

チャージ攻撃:通常攻撃のあとに△ボタン

 通常攻撃から派生する強力な攻撃で、入力前の通常攻撃回数で攻撃が変化します。

神速攻撃:△ボタン

 高速で移動しつつ、広範囲の敵を攻撃します。神速攻撃中に□ボタンを入力すると、通常攻撃を繰り出すことが可能です。一部の兵科にガードされてしまう危険があります。

 戦場では神速攻撃で敵兵の集団に近づき、そこから通常攻撃につなげて、チャージ攻撃に派生していくというのが定番のスタイルで、その遊びの感覚はこれまでシリーズをプレイしていた人は問題なくなじめると思います。

 ですが、それだけを聞くと「あまり変わっていないのでは?」と感じるかもしれません。しつは本作ではここに閃技という新アクションを組み込むことで、コンボのバリエーションがグンと増すのです。

 閃技は戦闘中に溜まるゲージを消費して使う強力なアクションで、〇×△□の4ボタンに装備することが可能です。閃技は一定時間攻撃力をあげる“昂然”、強力な範囲攻撃である“兜割り”、無双ゲージを回復する“快気”など種類は無数にあります。

 発動R1ボタンと対応ボタンを組み合わせると出せるのですが、ポイントは通常攻撃、チャージ攻撃、神速攻撃をキャンセルして使えるという点。これによって、威力は高いけれども発動後の隙が大きいチャージ攻撃なども、格段に使いやすくなるんですね。

 これまでのシリーズでは、パワーで押すスタイルの武器を使う武将を好んで使ってましたが、チャージ攻撃を絡めたコンボはいったん足が止まるので、無双アクション的なスピーディーさにやや物足りなさを感じていたんですね。

 ですが、今回の閃技を絡めたコンボは“爽快感爆増し”で、ゲージがたまるのが待ち遠しくなるほど、コンボが病みつきになります(笑)。

  • ▲大太刀ならば□□△で地面を叩きつけて衝撃派を出せるのですが、若干の隙が発生してしまいます。
  • ▲ですが、そこを突進する閃技の“瞬動”でキャンセルすれば、ふたたび通常攻撃に持ち込めるんです。
  • ▲どのチャージ攻撃が適切かを状況で判断し、さらにどの閃技でキャンセルするかを考えて使うという、戦略性が増したアクションがGOOD!

 また、コンボのキャンセルに使うだけでなく、特定の兵科に対して使うと優位になるという特性も持つので、単体でここぞというタイミングで使うなどの戦略性もあります。

  • ▲槍の兵科に有効な閃技の“兜割り”。与ダメージが増えるだけでなく、再使用までの時間が短縮され、追加報酬などが得られます。ガンガン利用しましょう!

 次は今回先行プレイできたステージの、信長編 第三章“観音寺城の戦い”で使用できた武将について語りましょう。

 武将は織田信長、明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康、浅井長政、濃姫、前田利家、柴田勝家、お市、斎藤利三(新規参戦)、山中鹿介(新規参戦)、竹中半兵衛の12名から選択することができます。

 武将の大きな特徴といえば使用する武器の違いがありましたが、本作では武器自体は誰でも自由に選ぶことができます。例えば織田信長ならば“大太刀”が得意武器ですが、武器を投げたり式神に変化できる“護符”で戦うこともできるんです。

 これまでは「この武器が好きなんだけど、推しの武将じゃないんだよな……」なんて悩むことがありましたが、思う存分推し武将で戦場を暴れまわることができるのは、とてもありがたい進化ですよね!

 以下では参戦武将が得意とする武器種の特徴を紹介しつつ、使用感もお伝えしたいと思います。

大太刀:織田信長


 攻撃範囲の広さと攻撃力の高さが特徴の武器。集団戦に強く、多くの敵を一刀のもとに切り伏せます。

刀:明智光秀、浅井長政


 斬撃で敵を圧倒し、一撃必殺の居合で切り伏せる武器。居合は攻撃ボタン長押しで、溜めを作り威力を上げられます。

薙刀(なぎなた):羽柴秀吉


 空中攻撃が持ち味の武器。敵からの攻撃を受けにくい空中に留まり、地上の敵に向けて一方的に攻撃を仕掛けられます。

二刀:徳川家康、山中鹿介


 二本の刀を巧みに用いた、絶え間のない斬撃が特徴の武器です。

弓:濃姫


 中・遠距離の攻撃に特化した武器です。一度に複数の矢を掃射できるので、集団戦に適しています。

大身槍(おおみやり):前田利家


 武器の長さと重さを活かした、広範囲のなぎ払いや叩きつけのような豪快な攻撃が得意の武器です。

槍:柴田勝家、斎藤利三


 武器の長さを活かした広範囲の攻撃と、豊富な騎乗攻撃が得意の武器です。

護符:お市


 武器を投げたり式神に変化させたりして攻撃する武器です。一部の攻撃では式神をその場に留まらせて、連携攻撃をを行うことができます。また、式神を利用した攻撃力の上昇・攻撃範囲の拡大も可能です。

鼓(つづみ):竹中半兵衛


 刃を仕込んだ鼓を振り回す中距離攻撃と、鼓を叩き音波を飛ばす2種類の攻撃を行う武器です。

 今回触った武器のなかでハマったのは鼓で、鼓が出す音波には爆発や引き寄せなどの効果があり、自分の攻撃で音波を爆発させて攻撃するというトリッキーな戦い方ができます。チャージ攻撃では自身の周囲に音波をまとい、敵に突進してダメージを与えられる攻撃が気に入りましたね。振り回すと何気にリーチが長いのもステキ。

  • ▲攻撃をするたびに「ポンポン」と軽快な音が鳴り響くのが、すごく“和”っぽくて好きです(笑)。

 最後はステージ全体をプレイしての手応えですが、演出は“和”のテイストが色濃くなりつつもしっかり『戦国無双』シリーズらしさを感じられるので、シリーズファンはこの進化路線を歓迎できるのではないでしょうか。

 武将同士の会話はたっぷり用意されているし、達成すると報酬を得たり戦況が有利になるミッションも、史実のエピソードを絡めたネタが多く、戦国好きの自分はずっとテンションMAXでプレイしていましたよ。

  • ▲“観音寺城の戦い”は新武将である女忍者のみつき、甲賀忍の中村一氏が登場するなど、かなり多彩な顔触れが集結する戦(いくさ)となっています。

 今回は“観音寺城の戦い”でしたが、「ほー、この戦いをプレイするんだ」というような戦場もあったりと、織田信長と明智光秀のふたりを主役にしたからこその体験が、個人的にはたまらなかったですね。

 というわけで、アクションという面でのインプレッションになりましたが、いかがだったでしょうか。シリーズのファンならば、7年ぶりにナンバリングが更新した意義を感じ取れる進化を遂げていると断言できますね。

 もちろん、まだまだ語りつくせない仕掛けがこれでもかと詰められているので、編集部では発売日まで『戦国無双5』の魅力を随時お伝えしていく予定です。ぜひお楽しみに!

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。

戦国無双5

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2021年6月24日
  • 希望小売価格: 8,580円(税込)

戦国無双5

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2021年6月24日
  • 希望小売価格: 8,580円(税込)

戦国無双5(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2021年6月24日
  • 価格: 8,580円(税込)

戦国無双5(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2021年6月24日
  • 価格: 8,580円(税込)

戦国無双5(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2021年6月24日
  • 価格: 8,580円(税込)