『PSO2:NGS』6月にサービスイン! 5月下旬にはキャラクリができるベンチマークソフトの配信も

電撃オンライン
公開日時

 4月22日21:00より配信された、セガのオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)』シリーズの新作にあたる『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス(以下、PSO2:NGS)』の放送“PSO2 NEW GENESIS Prologue 3”。こちらで判明した新情報をまとめていきます。


  • ▲注目のサービスインは2021年6月、国内版&グローバル版同時に開始されると発表がありました!

 “PSO2 NEW GENESIS Prologue 3”は『PSO2:NGS』の最新情報を紹介する番組。メインMCは引き続きハライチの岩井勇気さん、アシスタントMCは今回初登場となるyunocyさんが担当しています。

 また、ヒロ・アライ氏も、引き続き『PSO2:NGS』公式ナビゲーターとして登場。本作の新情報を紹介していきました。

メインMC:ハライチ 岩井勇気(お笑い芸人)

アシスタントMC:yunocy(ストリーマー)

公式ナビゲーター:ヒロ・アライ(セガ)

 なお、この番組は事前収録したものの放送となっています。

第2回クローズドβテスト実施結果概要

 まずは第2回クローズドβテストの結果報告から番組は始まりました。テスト1日目は接続障害が発生し、結果中止となりました。2日目はプレイはできたものの、プレイ人数の増加による不具合があり、2回の緊急メンテナンスが実施されました。

 その都度、対応し修正していくことで、発生した問題点は解消されたとのことでした。

 なお、アンケート結果も公開され、よかった点や悪かった点、今後の対応などもあわせて公開されています。



ストーリー&キャラクター

 今までは伏せられていたストーリーやキャラクターといった要素が、ついに公開されました。

 主人公であるプレイヤーが“星渡り”として、“惑星ハルファ”の西エアリオの小島に降下ポッドで降り立つところから物語が始まります。ここは、クローズドβテストで行けなかったエリアとなっています。



 アイナは15歳の女の子で、本作のメインヒロイン。明るく元気な活発なタイプとのこと。



 マノンはもう1人のヒロインで、ニューマンの女性。半年前に西エアリオに降下してきた“星渡り”で、過去の記憶を断片的に持っているようです。新しいもの好き。



 南エアリオを守護する英雄、ガロア。惑星ハルファでも5本の指に入るほどの実力者で、じつはアイナの父親。髪の色などはアイナと同じブルーとなっています。



 男性キャストのブルーダー。ベテランアークスで、指導教官として登場します。厳格でありつつ、情にも厚いタイプで、どこかレギアスを想起させます。



キャラクタークリエイト

 キャストのデフォルトパーツが追加されます。体型タイプ1は法撃クラス、体型タイプ2は打撃うクラスをイメージしてデザインされているとのこと。



 パーツの一部デザインをオン/オフする機能も追加。印象が大きく変わるので、今まで以上にプレイヤーの自由にカスタマイズができそうです。

 指だけのロビーアクションが登場! 通常のロビアクに指だけのロビアクを使うことで、『PSO2』仕様のロビアクでも指を動かすことが可能に。可能性は無限大に広がります。






 表情パターンのカスタマイズも可能に。こだわり派の人にはうれしい機能となっています。




配信時期&ベンチマークソフト

 配信時期は2021年6月に決定! 国内版とグローバル版が同時にサービスインすることも発表されました。ただ、国内版とグローバル版の運営サーバーは別となっています。

 ベンチマークソフト“PSO2:NGS Character Creator”の配信も決定。配信は5月下旬予定で、ここで作成したキャラクターは正式サービス後にそのまま使用できるとのこと。なお、ベンチマーク中に流れる映像は、自分でクリエイトしたキャラにすることもできるようです。

 5月12日より“Road to NEW GENESIS”キャンペーンが実施されます。SGや『PSO2:NGS』で引き続き使えるアイテムがもらえる、お得なキャンペーンとなっていますので、復帰するにはもってこいのタイミングとなっています。


 スターターパッケージの発売も発表されました。豪華9大アイテムが手に入るアイテムコードやミニサントラなどが付属。興味のある人はお見逃しなく!











(C)SEGA