初ライブでアニャの特技が判明!? ファンが一体となったエール芸も面白かった!【ユージェネ日記#13】

セスタス原川
公開日時

 コロプラのiOS/Android用アプリ『ユージェネ』のプレイ日記をお届けします。

 今回は、アニャの初ライブに参加したのでその様子をレポートします。

ライブ中に降り注ぐ〇〇〇!?

 ライターのセスタス原川です。『ユージェネ』がついにリリースされましたね! リリース初日の21時には、瀬戸さくらの初ライブがありました。そして、2日目となる4月22日は筆者の推しであるアニャの初ライブです!

 当日はバタバタしていたのですが、なんとか夜には予定を済ませてライブ視聴の準備ができました。一度ログインをしてみると放送まではあと数分。「ちょっと裏でメールの確認しながら待つか~」と思って一度離席すると、21時になったタイミングでアプリから通知が……!

 危ない危ない。うっかり記念すべき初ライブに遅刻するところでした。21時になった瞬間には入れたのでギリギリセーフ。こうしてしっかり配信の通知をしてくれるのは素直にありがたいですね!

  • ▲21時より前からライブ会場は開場しているので、絶対に遅れたくない場合はちゃんとアプリを開いて待ち構えておきましょう! 次回は筆者もそうします!

 ようやく始まった初ライブ。ゲーム内では何度もアニャを見てきましたが、やはりライブで改めてみても“良い”ですね……。

 アスタリスタの3人ともかわいいのですが、アニャはやはりその中でも美しさが断トツですね。美しい赤金の髪。スラっと伸びた足。癒される優しい口調。う~ん、最高です!

 そして、極めつけはチャームポイントの耳と尻尾。ライブ中はカメラアングルを自由に操作できるので、上から耳の形を詳しく見たり、あえて後ろから尻尾を眺めたり、アニャならではの鑑賞方法で楽しんでいました。


  • ▲上からのアングルで見てるのは耳を見たいからであって変なことは考えてません。いや、本当にありませんからね!?

  • ▲ライブ中の2割くらいは後ろからアニャの尻尾の動きを眺めていました。このモフモフ……たまりません。

 今回のライブでは、改めて挨拶と簡単なライブ機能の紹介をしてから、ミニゲーム、そして歌の披露という流れで進行しました。

 途中ではアニャがちょくちょくファンからのエールについてコメントするのですが、アニャはインパクトが強くちょっと面白い系のエールに注目する傾向があったように思えます!

 今回はまだゲームを始めたばかりということで、序盤に集めたエールを投げるだけでしたが、今後反応をもらうためにインパクトのあるエールを集めて、アスタジェムも溜めておかないといけませんね……。

 1つ目のミニゲームは、プレイヤー全員が、それぞれお題の中から最も少数派だと思う選択肢を選んで、正解した人たちの勝ちという“異端クイズ”。

 単純なゲームと思いきや、ポイント欲しさにあえて変な選択肢を選ぶと、その人たちの影響でそちらが多数派になってしまうという、参加者の間で絶妙な読み合いが発生するゲームでした。

 アニャは「ちゃんと正直に答えてね~!」と言っていたのですが……。ごめんなさい。ポイント欲しさに、目玉焼きに塩をかけると嘘をついてしまいました。そして、その癖に異端にもなれないという、最悪の半端野郎でした。この場を借りてお詫び申し上げます……。

 2個目のゲームは、2枚のトランプのカードで、一方がもう片方より数字が大きいか低いかを当てる、スタンダードなルールの“ハイ&ロー”でした。

 しかも今回は、答えが超簡単なエース絡みの問題ばかり! ルールを聞いていれば誰でもポイントがもらえるサービスゲームでした。アニャ、ありがとう……。

 ゲームの途中では、早口言葉を読ませようとするコメントに対しても、自慢の活舌の良さで見事乗り切る場面が。「ちゃんと日頃から練習してきたからね!」と、ビシッと決めるアニャがカッコよすぎて、惚れ直しました。

 そして、あっという間にライブは終盤。アニャの歌の初お披露目の時間になりました。

 もちろん、歌唱力の方も初歌唱としは十分すぎるクオリティ。コメント欄も絶賛の嵐でした。アニャよ、一体君はどれだけ完璧な女性なんだ……。

 そして、ライブの直前にアニャがエールで自販機が出ていることに触れたせいか、ライブ中には無数の自販機が降り注ぐという珍百景が……!

 こうしたエールを使った面白い演出を視聴者みんなで作れるのも『ユージェネ』の“#ライブ”の面白いところですよね!

  • ▲もしかするとアニャのライブでは自販機を置くのが恒例になったり……?

 そんな思いがけないアニャ推したちによる珍演出もあり、最高に面白い時間を過ごせたアニャの初ライブ。次回の実施が楽しみで仕方ありません!

 そして、早口言葉のシーンから分かるように、アニャはライブに向けて、喋りの練習、ダンスの練習、歌の練習など、あらゆる努力を重ねてきた様子。そんな努力家のアニャの成長ぶりも、今後注目していきたいですね!

©COLOPL, Inc.