ポケモンをデザインしたマンホールが全国で設置!

電撃オンライン
公開日時

 ポケモンは、ポケモンがデザインされたマンホール蓋“ポケモンマンホール『ポケふた』”を設置し、各地域の来訪客増を目指す取り組みを進めています。

 ポケふたは、これまでに鹿児島県指宿市、岩手県内13市町村への設置が公表されていますが、今後さらに全国のさまざまな場所への設置が進められることが発表されました。

 2019年秋冬には、“ポケモンローカルActs”(後述)で取り組みに協力できる北海道・福島県・鳥取県・香川県への設置が予定されています。来年以降は、他の地域へも設置を拡大していくことを目指しているとのことです。

 なお、このような特定のコンテンツのマンホールが全国の多くの地域にわたり展開されるのは、初めてのことです(日本グラウンドマンホール工業会調べ)。

 ポケふたは1枚1枚がオリジナルデザインであり、世界に1枚しか存在しません。

 設置されたポケふたは、順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム『Pokémon GO』のポケストップになる予定です。

 ポケモンでは、この取り組みをさらに多くの地域へと広げていくべく、設置を検討する市区町村の募集を公式サイトで開始しました。

横浜・みなとみらいにピカチュウのマンホール設置

 8月6日から横浜・みなとみらいで開催される、“ピカチュウ大量発生チュウ! 2019”に先駆け、8月5日に、ピカチュウのポケふた5枚が設置されます。

 そのうち、2匹のピカチュウが向かい合う1枚は、桜木町駅前に長期にわたり設置、残りの4枚は、同年9月1日までの期間限定で横浜・みなとみらいエリアの各所に設置される予定です。各設置場所の詳細は公式サイトで確認できます。

 いずれも、横浜の街に合わせた特別なデザインです。

マンホール製造について

 ポケふたのほとんどは鋳物であり、佐賀県の工場で、職人技とも言える手作業で丁寧に色が付けられています。

 鋳物は砂を固めた型に溶けた鉄を流し込み製造されるため、印刷物などと違って表現できるラインの太さや角度、色数などには制約があり、1枚ずつ0.1ミリ単位での調整を繰り返した末、ようやく完成し世に出ていきます。

 その分、鉄のかたまりとして完成したマンホール蓋が醸し出す迫力は、画面で見る者とはまったく異なります。ポケふたは、1枚1枚、職人の技術や想いが息づいています。

ポケモンローカルActsについて

 ポケモンでは、2018年4月以降、地域ごとに“推しポケモン”を選定し、各地の魅力と一匹一匹のポケモンの魅力を国内外に同時に発信する取り組みにより、両者のファンを増やすことを目指し、香川県・北海道・鳥取県・福島県・岩手県・宮城県に協力し、さまざまな取り組みが行われています。

 これらの取り組みを、あらためて“ポケモンローカルActs”と名付けるとともに、本活動のポータルサイトサイトをオープンしました。

Webサイト“ポケモンローカルActs”概要
各地域の推しポケモンが選ばれた理由
各地域のグッズ情報やイベント情報の集約
ポケふた情報
日本語・英語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字) 5カ国語対応
都府県からのお問い合わせ窓口

(C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。