『エーペックス レジェンズ』新シーズン“英雄の軌跡”で実装のアリーナを先行体験!

セスタス原川
公開日時

 エレクトロニック・アーツより配信中のSwitch/PS5/PS4/Xbox series/Xbox One/Origin/steam(PC)用バトルロイヤルシューティング『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では、5月5日より新シーズン“英雄の軌跡”が開幕します。

 今回の記事では、新シーズンで実装される新モードの“アリーナ”の先行体験のレポートをお届けします。

3vs3でチーム同士の真っ向勝負!

 アリーナは3vs3の合計6人で行う、これまでのバトルロイヤル系統とは全く異なるゲームモードです。

 勝利目的は、敵チーム全員をノックダウン(全滅)させること。通常のマッチのようにダウンした味方を蘇生させることもできますし、キルを入れて物資を奪うことも可能です。


 このモードでは、他のチームからの妨害がないため、純粋な実力と連携力が勝敗を左右します。以下では、細かいゲームの紹介を実際にプレイした感想を交えつつご紹介していきます。

3ラウンド先取&タイブレーク有り

 アリーナはラウンド制で行われ、3ラウンド先取したチームの勝利。お互いにマッチポイントになった場合は、2ゲーム差が付くまで続くタイブレークとなります。

 試合展開次第でゲームはエンドレスに続きますが、プレイした感覚では試合時間は10分~15分程度。普段のマッチよりもサクサクとプレイできる手軽さが癖になりそうです。

  • ▲短時間でありながら、濃密な戦闘ができるので撃ち合いの練習にはうってつけのモードです。

3つのマップがローテーション

 今回の先行体験会でプレイできたマップは、“砲台”、“ミラージュボヤージュ”、“フェイズゲート”の3種類。

 正式リリース版では、これに“ガーデン”と“火力発電所”が追加され、5種類のマップが戦いの舞台となります。

 “ミラージュボヤージュ”と“フェイズゲートはアリーナが初登場となる新エリアで、未体験の戦闘を楽しむことができました。

 基本的な目的は敵をダウンさせることです。しかし、エリアは普段通りリングの収縮が発生するので、収縮が始まったタイミングで不利になってしまわないように、どこを拠点として戦うのかポジション取りの意識も重要となります。

  • ▲キングスキャニオンでは見慣れた“砲台”。

  • ▲オリンパスの中にあるような“ミラージュボヤージュ”。

  • ▲ワールズエッジの一部のような自然に囲まれた“フェイズゲート”。

武器はラウンド前にポイントで購入

 物資はポイントを消費して毎ラウンド開始前にロードアウトを購入します。ラウンド中に使用できるのは、初期装備に加えてここで購入した武器などに限られます。

 購入した装備はそのラウンドのみ使用可能。次回ラウンドは再び初期状態のロードアウトに戻るため、毎ラウンドで武器の購入を行わなければなりません。

 購入のためのポイントは、ラウンドごとの一定配布に加えて、前回ラウンドのキル報酬や、マップに配置されたクラフト素材から獲得できます。

  • ▲素材は敵と共用。ポイントを先に取れば次回ラウンドで優位ですが、この試合のポジション取りが出遅れてしまう点に注意しましょう。

アビリティ使用回数や回復アイテムも購入

 購入できるのは装備だけではなく、回復アイテムやアビリティの使用回数なども含まれます。

 アビリティやアルティメットはアリーナの特別仕様になっており、使用回数の制限があります。他にも、強力なスキルは元々の使用回数が少なかったり、回数を増やすための購入ポイントに差があったり、レジェンドによって調整が加えられています。

  • ▲ラウンド中に拾える回復アイテムは、1つだけ設置されたサプライボックスに入っているものだけです。

  • ▲アビリティは回数を使い切ってしまうと、そのラウンドはもう使用できません。普段以上に使うタイミングに気を付けたいです。

 購入のためのポイントは、ラウンドを重ねるごとに増加していくので、最終ラウンド付近では装備を選び放題。後半になればなるほど強力な装備同士による激しい戦いが楽しめました。

 ロードアウトは次回ラウンドに持ちこせませんが、ポイントは使用しなければ持ち越しが可能です。あえて弱めの装備で節約してラウンドをやり過ごし、次回以降のラウンドで逆転を狙うのも戦略の1つでしょう。

  • ▲新武器の“ボセックボウ”は拡張マガジンを必要とせず、大ダメージも狙えるので、ティアの低い序盤からでも強力でした!
  • ▲アリーナにもケアパッケージが降下してきます。中にはラウンドに応じたティアのフルキット武器が入っています。

 アタッチメント無しでは扱いにくいハボックはアサルトライフルの中でも価格が安かったり、P2020やモザンビークはタダ同然で使用できたり、武器を問わず戦えるプレイヤーであれば、ポイントを節約してその分アビリティや回復を購入して戦えるでしょう。

 アタッチメントの少ない状態での戦闘は、普段のマッチの初動ファイトのいい練習になりそうです。

普段のマッチとは違う顔ぶれのレジェンドが活躍!?

 アリーナは物資が限られた戦いになるため、普段のマッチとはまたひと味違うレジェンドの強みが現われます。

 例えば、普段のマッチでは少し使いどころの難しいランパート。アリーナモードでは、回復の数が限られているので、体力代わりに使えるバリケードの価値は非常に高いです。

 場所を移動する機会が少ないのでバリケードを機能させやすく、ライトマガジンであればアタッチメント無しでもパッシブで強力に運用できるなど、アリーナと相性が抜群のレジェンドという印象を受けました。

 他にも、味方を蘇生するチャンスの多いライフライン。シールドをパッシブで回復できるワットソン。回復アイテムを安全に回収できるローバなど、多くのレジェンドがアリーナならではの強みを発揮できます。

アリーナは『エーペックス レジェンズ』を新しい形で楽しめる!

 『Apex Legends』における“戦闘”というワンポイントを抽出した“アリーナ”では、本作の持ち味であるジリジリとした削り合いの戦闘の戦略性はそのまま、それを短時間で気軽に楽しめました。

  • ▲普段のマッチのように、アリーナでもパーティとソロどちらでもプレイ可能です。

 「普段のマッチが長いので疲れてしまう……けど撃ち合いはしたい!」という方にうってつけのこのモード。実践を兼ねた練習場としても役立つので、ランクマッチの前の準備運動としても役立ちます。

 これを機にまだ本作をプレイしていない友人を誘って遊んでみるのも良いかもしれませんね!

※本記事の内容は先行体験会のものです。正式リリース版では変更となる場合があります。
© 2021 Electronic Arts Inc.