デスクやチェア、マウスパッドも! イケア、ASUSと共同開発したゲーミング家具&アクセサリー発売

電撃オンライン
公開日時

 「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパンは、常に最先端の技術開発に取り組んでいるメーカーASUSのゲーミングブランドROG(Republic of Gamers)とのコラボレーションで開発した、ゲーミング用家具&アクセサリーを4月29日(木・祝)より、全国のイケア店舗、IKEAオンラインストアにて順次販売を開始します。

 世界にはゲームを楽しむ方々が25億人も存在します。eスポーツ市場が拡大すると同時に、息抜きとして楽しむ人々も増えている時代の変化に対応し、イケアはゲーム用商品を開発。新しい分野の商品を開発するため、イケアはROGと手を組みました。

 快適な毎日を送るためのホームファニッシングを追求するイケアと、高品質で革新的なゲーム関連商品をデザインするROG とのコラボレーションによって、イケアは、ゲーマーの求める機能性、優れたデザイン性、手ごろな価格の全てが揃ったゲーミング用商品を提供し、誰もが簡単に、望み通りのゲーム環境や家づくりができるようにしたいと考えました。

 ゲーミング用家具&アクセサリーは、計25製品以上を6つの商品シリーズで展開します。ゲーム用デスク&チェアや引き出しユニットなどの家具のほかにも、マグホルダーやマウスパッド、クッションといったその他多くのアクセサリーもカバーしています。

 6シリーズのうち、“UPPSPEL/ウップスペル”は、イケアとROGとの共同開発で誕生し、“HUVUDSPELARE/フーヴドスペラレ”“UTESPELARE/ウーテスペラレ”“MATCHSPEL/マッチスペル”“LÅNESPELARE/ローネスペラレ”“GRUPPSPEL/グルッスペル(※今秋発売予定)”は、ROGとのコラボレーションから得られた洞察と知識に基づいてイケアが開発したものです。各商品シリーズには、多様な価格帯のPCゲーム用デスク&チェアがあり、PCゲームだけでなく、在宅ワークでの利用など、さまざまなニーズに対応しています。

 なお、ゲーミング用家具&アクセサリーは、1月29日(火)に中国で先行発売され、日本は欧米に先駆けて販売開始する2つ目のマーケットとなります。この秋、中国・日本以外の全世界でも販売を開始する予定です。

 また今後も、“GRUPPSPEL/グルッスペル”シリーズ、UPPSPEL/ウップスペル ゲーミング用デスクや、LÅNESPELARE/ローネスペラレ リングライト、ゲーミング用家具と一緒に使用できるLEDライトなど、続々と新商品が登場予定です。

  • ※写真のLÅNESPELARE/ローネスペラレ リングライトは5月下旬、UPPSPEL/ウップスペル ゲーミング用デスクやゲーミング用家具と一緒に使用できるLEDライトは今秋発売予定です。

【ゲーミング用家具&アクセサリー概要】
■販売開始日:4月29日(木・祝)より順次販売開始
■販売場所:全国のイケア店舗、IKEAオンラインストアで販売予定

※一部店舗では取り扱いがない商品があります。
※店舗により各商品の入荷状況が異なります。各店舗の入荷・在庫状況は、IKEAオンラインストアにてご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、店舗の営業や発売日に変更がある可能性がございます。