バディの絆が事件を解決へと導く珠玉のサスペンスADV『バディミッション BOND』【2021GW特集】

まり蔵
公開日時
最終更新

 2021年のゴールデンウィーク特別企画として、電撃オンラインがユーザーにオススメしたいタイトルをプッシュ!

 この記事で紹介するのは任天堂のNintendo Switch用ソフト『バディミッション BOND』。その特徴や魅力を熱く語ります!

先が読めないスリリングなストーリー展開にドンドンのめり込む!

 本作は、漫画『アイシールド21』や『ワンパンマン』などの作画を手がける村田雄介さんがキャラクターデザインを担当したアドベンチャーゲームです。

 物語の主人公は、国家警察に所属する正義感の強い青年“ルーク”。殉職してしまった養父“エドワード”のようなヒーローにあこがれて警官になったルークでしたが、腐敗しきった警察組織に裏切られることに。さらにその背後には犯罪組織“DISCARD”の陰が……。

 ルークは、世界的な大怪盗“アーロン”、フレンドリーでおちゃめな元忍者“モクマ”、魔性の詐欺師“チェズレイ”と潜入捜査チーム“BOND”を結成し、犯罪組織“DISCARD”の謎を暴くため動き始めます……というのが物語のあらすじです。

 ルークを主人公としたメインストーリーは、約20のミッションで構成。このメインストーリーがとにかくおもしろい! めまぐるしく展開が動くので、終始ハラハラドキドキしっぱなしでした。

 また、随所にコミック風の演出が挿入され、ただテキストを追うだけでなく、視覚的にも楽しませてくれます。1つ1つのエピソードは非常にテンポよく進行していくので、それなりのシナリオボリュームにもかかわらず、まったくダレずに最後まで読むことができました。

コミカルでテンポのいいキャラクターの掛け合いが気持ちいい!

 タイトルに“バディ”とある通り、本作では“バディ”同士のやりとりが非常に魅力的に描かれます。基本的にメインストーリーはシリアスな展開なのですが、キャラクターの会話がコミカルなので、あまり重い雰囲気になりません。

 特にアーロンとルークの漫才のようなやりとりには、爆笑してしまうことも。個人的に航空機が苦手なアーロンが、ルークに八つ当たりするエピソードは、微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。

 もちろん、胸が熱くなるようなドラマチックな場面や、思わずホロっとしてしまうシーンも用意されています。

 シナリオパートはフルボイスなので、ルーク役の木村良平さんやアーロン役の近藤隆さんをはじめ、豪華声優陣による臨場感あふれる演技を堪能しつつ、村田先生の描くかっこいい男たちによる熱いドラマが楽しめるという、とても贅沢な仕様となっているのです!

歯ごたえのあるシステムを攻略してエピソードを解放しよう!

 作り込まれたストーリーや、個性豊かなキャラクターだけでなく、歯ごたえのあるゲームシステムも本作の魅力の1つ。

 多くの情報を集めるサーチモード、手に入れた情報を使ってバディで聞き込みをする捜査パート、敵のアジトに潜り込み事件を解決する潜入パートと、事件を解決するためのモードが多数用意されています。

 特に捜査パートは1つ間違えるとわりとダメージが大きく、ミッションの最後に表示される評価で、容赦なくB判定になったこともありました。

 この評価が意外と重要で、メインストーリー以外の“バディエピソード”や“サイドエピソード”を解放する条件となっています。低評価だと、ルークとアーロンのおもしろ(?)エピソードが読めなくなるんですよ!

 というわけで、ぜひS評価を目指して頑張っていただければと。そしてぜひ“バディエピソード”や“サイドエピソード”を読んでください。メイン以外のストーリーも最高におもしろいので!

 ちなみに本作は、体験版が配信されています。ゲームが気になった人はまず体験版をプレイしてみて、本作のおもしろさに触れてみてはいかがでしょうか。

©2021 Nintendo / KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

バディミッション BOND

  • メーカー: 任天堂
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2021年1月29日
  • 希望小売価格: 6,480円+税

バディミッション BOND(ダウンロード版)

  • メーカー: 任天堂
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2021年1月29日
  • 価格: 6,480円+税