安定性の増した『サイバーパンク2077』で今こそ自分だけの物語を歩もう!【2021GW特集】

hororo
公開日時

※『サイバーパンク2077』は、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。
※18歳未満の方は購入できません。

 2021年のゴールデンウィーク特別企画として、電撃オンラインがユーザーにオススメしたいタイトルをプッシュ!

 この記事で紹介するのはCD PROJEKT REDが開発したアクションRPG『サイバーパンク2077』。その特徴や魅力を語っていきます!

制限があるからこそ深みがでる、自分だけのキャラクター作り

 本作を手がけたCD PROJEKT REDという会社は、物語に没入できるようなストーリードリヴン型のタイトルを得意とするスタジオです。それは『サイバーパンク2077』でも同様で、練り込まれたストーリーや、人情味あふれるキャラクターは人気が高く、ファンアートもたくさん生まれるほどです。

 本作のすごいところは、プレイヤーに多彩なプレイスタイルで遊ぶことを提供したうえで、破綻なく重厚な物語への没入感を保っていること。そもそも原作がテーブルトークRPGだということもありますが、とにかく選択の幅が広いのです。ここで言う選択の幅とは、何も会話での選択肢に留まりません。自分だけの“選択”が、ゲームを開始した時点で始まっているのです。

 まずわかりやすい“選択”といえば、キャラクターの容姿。顔のパーツなど基本的な部位は押さえつつ、歯や爪、サイバーウェア(顔に露出している機械パーツ)の有無やタトゥーなど、変更できる場所は多岐にわたります。世界観的にも“体のパーツは入れ替えられるもの”という設定なので、女性のボディに男性ボイスを当てることも可能です。

 主人公であるV(ヴィ―)が、どのように育ってきたかという経歴“ライフパス”も選ぶことができます。物語の出発地点とプロローグがまったく異なっている他、一部のキャラクターとの人間関係に影響します。物語の大筋自体や、能力値などには影響はありません。

 “能力値”は原作のテーブルトークRPGを特に意識している部分と言えるでしょう。5種類の能力値それぞれにポイントを割り振ることで、Vの基礎ステータスが上昇していきます。例えば肉体の値が増えると、HPやスタミナの最大値、素手や近接武器によるダメージのボーナス、敵をグラップル(掴み)した場合の移動速度の上昇や、グラップル時間の延長など、さまざまな数値に影響をおよぼします。

 レベルが上昇するごとに能力値ポイントがもらえますが、レベルの最大値は決まっているため、すべてを最大にした最強キャラクターは作れません。自分のプレイスタイルに応じて、どこを伸ばすかを考えるのが楽しいところです。

 ここから少し難解になりますが、能力値の下には“スキル”があります。肉体で言えばダッシュや泳ぎ、グラップルに影響する“アスレチック”、ショットガンやマシンガンの扱いに影響する“アナイアレーション”、殴打系武器や素手攻撃に影響する“ストリートブロウラー”の3種類。これらの各種スキルには、無数の“パーク”が存在し、このパークを習得することで、より得意分野を伸ばしていくことができるのです。パークは300種類ほどあり、そこから何を覚えるのかはプレイヤーの自由。あまりにも多くて、最初はクラクラするかもしれません。

 能力値と同様に、パーク習得に必要なポイントも有限のため、すべてを習得することはできません。このパークリストとにらめっこしながら、Vをどう育てようか考えている時間も、本作の楽しい要素のひとつ。一応、ゲームが進めばゲーム内通貨である程度リセットすることはできます。

どんなプレイスタイルも許容する、キャラクタービルドの柔軟性

 前項までで「かなり幅広いキャラクターメイクができそうだぞ……!」という印象を与えられたかと思いますが、ちょっと待ってください。まだアクションの話をしていないんです。

 アクション……というかゲームの進め方ですが、大きく分けると戦闘重視かステルス重視に分かれます。「なんだ、2つだけじゃん」と思った方、もう少しだけ聞いてください。

 まず、どんな武器を使うのか……これだけでも戦闘スタイルがかなり変わります。もちろん通常のFPSのように、「近距離ならサブマシンガンで、遠距離はスナイパーライフルを使う」といった使い分けもあります。しかし、それ以上に大きいのが、武器ごとに設定されている“パワー”、“スマート”、“テック”といった属性です。

 “パワー”武器はもっともスタンダードな属性で、目にする機会も多いでしょう。特徴としては、オブジェクトに当たった際に一定確率で跳弾します。跳弾の軌跡を視覚化できるサイバーウェアを装備していれば、どう跳ねるか見られるので、うまく使えば障害物に隠れている敵を仕留めることだってできます。

 “スマート”武器は、発射した弾丸が敵を自動追尾する機能を持つ属性。ただし、追尾させるにはスマートリンクというサイバーウェアが必須になります。多少雑に狙っても勝手に敵に向かってくれるため、使い勝手はピカイチ。未来感が一番ある武器と言えるでしょう。

 “テック”武器は、チャージすることで障害物を貫通して敵にダメージを与えられる武器。パワー武器がちょっと悲しそうな目でこちらを見ている気がします。ただ、パワー武器に比べて希少性が高く、手に入りにくいという欠点があります。

 加えて、近接戦闘も行えます。素手やハンマーといった殴打系武器と、ナイフやカタナなどの切断系武器が存在しています。違いは、殴打系武器は非殺傷系武器だということ。ミッションによっては「対象を殺すな」と言われることも。そんな時に役立つのが、この殴打系武器ですね。

 こういった武器がたくさん存在するうえに、同じ武器でも性能が違うことがあります。いわゆるトレハン要素というものですね。多少のランダム性があるため、よりいい武器を見つけた時の喜びが最後まで持続するのです。

 すでに少し出てきていますが、サイバーウェアもカスタマイズ要素のひとつです。

 本作では骨や筋肉を機械に置き替えたり、脳にチップを埋め込んだりすることで身体能力を強化できます。前述の武器のいくつかは、対応するサイバーウェアをいっしょに装備しないと本領を発揮できません。そういった補助的なものもあれば、単純に防御力を上げるもの、ジャンプ力を高めるもの、腕からロケットを放てるようになるものなど、多彩なサイバーウェアが用意されています。

 サイバーウェアは高額なので、仕事をこなしつつお金を貯めて、徐々に体を機械化していく……という流れが、まさにサイバーパンク世界の傭兵らしさムンムンでたまらないところでもあります。


 サイバーウェアに関連して、ハッキングの話もしましょう。ハッキングは戦闘でもステルスでも役立つ要素ですが、“どんなハッキングができるか”は、頭に入れている“サイバーデッキ”にインストールした“クイックハック”(プログラム)次第です。

 このクイックハックの種類もさまざまで、周囲の機械を誤作動させて敵の注意を引くものや、敵のインプラントの動きを阻害して一時的に行動不能にするもの、敵の銃をハッキングしてジャム(弾詰まり)を起こさせるもの、敵の神経回路を焼き切って即死させるものなど多岐にわたります。

 もちろん無制限に使用できるわけではありません。サイバーデッキの性能が低ければ強力なクイックハックはそもそも使えませんし、知力の値が低かったり、クイックハックのパークがなければ、十分な効果は得にくいと言えます。

 ここまでで、無限大に溢れるキャラクタービルドとアクションの多彩さにロマンを感じて頂けたと思いますが、最初に述べたように『サイバーパンク2077』のすごいところは、これだけ自由にカスタマイズしたキャラクターを使った環境でさえ、物語が破綻しないところにあります。

 例えば、非殺傷武器のところで“対象を殺さずに済む”という話をしました。ここでもし間違って対象を殺してしまっても、本作の物語は進み続けます。もちろん依頼主に悪態をつかれたり、報酬が渋くなったりはするでしょう。しかし、ゲームオーバーになることはありません。

 加えて、プレイヤーの行動次第でミッションの結末が変わることも多く、“自分が物語の登場人物のひとりである”という感覚を強く感じると思います。

 ゲーム全体を通してどんな進め方をしても、しっかりと物語が進むようにできています。カスタマイズ性の高さからくるVという人物への一体感に加え、こちらの行動に合わせて変化する物語が化学変化を起こし、極上の没入感を与えてくれる。それが『サイバーパンク2077』が持つ最大の魅力なのです。

サイバーパンク好きは大興奮間違いなしの街並み!

 もうひとつ語っておかねばならないのは、“ザ・サイバーパンク”と表現すべき街並み! 技術的には進んでいる部分はありつつも、寂れた郊外や全体に香る退廃的な空気感など、「サイバーパンクといったらコレよね!」というビジュアルが凄まじいです。サイバーパンクというジャンルが好きな人は、街を眺めて歩くだけでも高い満足度を得ることができるでしょう。

 サイバーパンク作品によく見られる、意味の分からない日本語の看板も見逃せません。排気煙に煙る路地で輝く、怪しい日本語のネオンサイン……。店先で戯れる、サイバーウェアを装着したチンピラたち。あらゆる情景が、サイバーパンク好きの心をくすぐります。

 街頭テレビから流れる政治の話や、街行く人々の日常会話などの雑踏がナイトシティの混沌さをしっかりと表現しています。もちろんすべて翻訳&吹き替えされているので、しっかりと内容を聞くこともできますよ。

 意外とおもしろいことをしゃべっていたりするので、街を歩いているだけでも本当に飽きません。ちなみに、アップデートにより街頭テレビや日常会話のテキストサイズが変更可能になり、視認性が向上しています。

 また、自分が関わらずとも警察とギャングが銃を撃ち合っていたり、暴走気味の車が器物損壊しながら走っていたりもして、かなりカオス。それがサイバーパンクらしいのですけどね。

 警察といえば、以前は罪を犯した際に、急に背後に警官が現れて撃たれることもありました。「ナイトシティの警察はさすが優秀だなあ」などと思っていましたが、これもアップデートで修正されたようで、いきなり背後に沸くことはなくなっています。

 発売当初は、主にコンソール版での不具合の頻出によりユーザーからの不満があがり、PlayStation Storeでのダウンロード販売を休止するという事態にまで発展してしまった『サイバーパンク2077』ですが、数度のアップデートを得て、現在では安定性がかなり向上しました。

 まだPlayStation Storeでのダウンロード販売は再開されていませんが、ディスク版の購入は可能です。また未体験の人はもちろん、持っていてちょっと離れていた人も、この長期休暇の機会にナイトシティに舞い戻ってみてはいかがでしょうか。

CD PROJEKTⓇ, CyberpunkⓇ, Cyberpunk 2077Ⓡ are registered trademarks of CD PROJEKT S.A. © CD PROJEKT S.A. All rights reserved. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

サイバーパンク2077 コレクターズエディション

  • メーカー: スパイク・チュンソフト
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年12月10日
  • 希望小売価格: 29,800円+税

サイバーパンク2077

  • メーカー: スパイク・チュンソフト
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年12月10日
  • 希望小売価格: 7,980円+税

サイバーパンク2077(ダウンロード版)

  • メーカー: CD PROJEKT RED
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年12月10日
  • 希望小売価格: 7,980円+税

サイバーパンク2077(ダウンロード版)

  • メーカー: CD PROJEKT RED
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格: 7,980円+税

サイバーパンク2077(ダウンロード版)

  • メーカー:CD PROJEKT RED
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格:7,980円(税別)