『ロードス島戦記 -ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』販売本数10万本突破!

電撃オンライン
公開日時

 PLAYISMとワイソーシリアスのレーベルである“WHY SO SERIOUS?”は、PC用探索型2Dアクション『ロードス島戦記 -ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』が、フルリリースから1カ月で総販売本数10万本を達成したことを発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

ディードリット空白の物語を描く2Dアクションゲーム

 『ロードス島戦記 -ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』は、水野良氏監修の下、原作小説のヒロインであるディードリットを主人公にした探索型2Dアクションゲームです。

 本作では、2019年に発行された最新作『ロードス島戦記誓約の宝冠』に至るまでの空白の期間におけるディードリットの物語が描かれています。

 ロードス島戦記ファンはもちろんのこと、原作を知らない方でも十分楽しむことができます。

 本作は約1年間のアーリーアクセスを終え、先月3月27日に全6ステージの作品として完結いたしました。

 今後はユーザーからの要望が非常に多い「実績」「ボスラッシュ」「図鑑」を追加するアップデートを予定しています。

 なお、現在Steamのゴールデンウィークセールに参加しており、5月7日未明まで20%OFFでお買い求めいただけます。

ストーリー

 突然見知らぬ場所で目を覚ましたディードリット。ここはどこなのか? なぜここに居るのか?

 問いかけても誰も答えてはくれず、ただ静寂があるのみ。ディードは答えを求め、おもむろに歩き出す………

ゲームシステム

・精霊や様々な武器、魔法の力を使いこなし、広大な迷宮を進む探索型アクションゲーム
・敵を倒し「ソウルストリーム」で精霊のレベルを強化して、戦闘を有利に進めよう
・「シルフ」と「サラマンダー」、2つの精霊の属性と弓を駆使し、数々のギミックを突破しよう

美麗なスプライトアニメーションで描かれるキャラクターやボス戦

 TeamLadybugが得意とするスプライトアニメーションで繊細に描かれたグラフィックが本作の魅力の一つです。「永遠の乙女」こと『ロードス島戦記』の象徴的ヒロインであるハイエルフのディードリットが2Dドット最高峰とも称される滑らかさで動きます。

 『ロードス島戦記』で登場する巨大な竜たちもボスとして3体登場。原作ファンなら誰もが知る強敵も登場し、迫力のボスバトルを展開します。

※画面はすべて開発中のものです。
(C) 水野良・グループSNE/KADOKAWA/Team Ladybug・WHY SO SERIOUS?