オレは…まだ翔べる…!!!! まだ…。命を削って時間を稼ぐシュートにナックルは…【ハンター×ハンター再放送】

電撃オンライン
公開日時

 日本テレビのアニメ枠“AnichU”にて、TVアニメ『HUNTER×HUNTER』が再放送されています。今回は、5月5日1:59より放送予定の第114話“ブンダン×ト×ゴサン”のあらすじをお届けします。

 TVアニメ『HUNTER×HUNTER』は、冨樫義博先生の漫画を原作としたTVアニメ作品の第2作です(本作が2回目のTVアニメ化)。プロのハンターを目指す少年・ゴンと、個性的な仲間たちの冒険を楽しむことができます。

 今回放送される第114話“ブンダン×ト×ゴサン”では、刻々と変化する状況下で役割を果たそうとするハンターたちの死闘が描かれます。

 ネテロと対峙した王は戦場変更をうながし、ゼノの放った龍頭戯画(ドラゴンヘッド)に身を任せます。それを見送ったゴン&キルアはピトーのもとへ。王のいない玉座の間では、モラウとプフの心理戦が始まりました。

 そして、ユピーを足止めするために残ったシュートは、命を賭して奮戦します。

 「堪えろ!!! 堪えてくれ!!! 頑張れ!!!」

 血に染まりながらユピーの猛攻を受け続けるシュートと、それを側で“息を潜めて”見ているしかできないナックル。これまでは脇役で、どちらかというと“嫌なヤツ”っぽかったシュートが最高に輝き、一気に株を上げる攻防から目を離せません!

 作戦と友情の狭間で苦悩し、後者を選んだナックルの男気も見どころです。最高に頭が悪くてカッコイイ!! ナックルが作戦を変更したことで、vsユピー戦は新たな局面に……!?

第114話“ブンダン×ト×ゴサン”あらすじ

 シャウアプフはモラウ。モントゥトゥユピーはシュートとナックル。それぞれがそれぞれの場所で戦闘を開始していた。

 そして、王もネテロ、ゼノと対峙。ゼノは巨大な龍のオーラを練りだす。

 王に向けて放たれたゼノの念オーラ「ドラゴンヘッド」。

 王はゼノのドラゴンヘッドに背を向けたまま避けようともしない。果たして王の真意とは……。

 いよいよ王とネテロの死闘が始まろうとしていた。

第114話“ブンダン×ト×ゴサン”放送日時

5月5日(水)1:59~2:29

TVアニメ『HUNTER×HUNTER』

放送情報
日本テレビ(アニメ枠「AnichU」)にて毎週水曜午前1時59分(火曜深夜)より再放送中
(※放送時間は変更になる場合があります)

■『HUNTER×HUNTER』に関連するアイテムを楽天で探す


※画像はTVアニメ『HUNTER×HUNTER』公式Twitterのものです。
©POT(冨樫義博)1998年-2011年 ©VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス