お支払いならぬ、推し払い。ソニーのアクリル製キーホルダー+電子マネーの新技術がイベントでも便利そう!

そみん
公開日時
最終更新

 ソニーがアクリル製のキーホルダーで電子マネーの支払いができる“推し払いキーホルダー”の試験販売を発表しました。

 第一弾として発表されたのは、10周年で盛り上がる人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどかや暁美ほむら。

 お支払いならぬ、推しキャラのキーホルダーでの“推し払い”……! ICカードやスマホでの支払いにも慣れてきましたが、キーホルダーでの支払いとは、夢がありますし近未来感もありますよね。

 “推し払いキーホルダー”WEBサイトには詳細なスペックも書かれていますが、最新技術を使いながらも厚さはわずか3mmと使いやすい形。

 楽天Edyの電子マネー機能を搭載しているとのことで、イベント会場なんかでも役立ってくれそうですね!

 以下、プレスリリースを掲載します。

FeliCaモジュール内蔵、好みのキャラクターで電子マネーの支払いができる「推し払いキーホルダー」試験販売開始 第一弾に人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』

  • ▲『魔法少女まどか☆マギカ』の「推し払いキーホルダー」(左:暁美ほむら 右:鹿目まどか)。

  • ▲「推し払いキーホルダー」の使用イメージ。

 ソニーは、キャラクターを印刷したアクリル製のキーホルダーに非接触ICカード技術 FeliCa(フェリカ)のモジュールを内蔵し、電子マネーの支払いができる「推し払いキーホルダー」の試験販売を開始します。

 第一弾として、今年テレビシリーズ放送10周年を迎えた人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター2種類のデザインに「楽天Edy」の機能が付加された「推し払いキーホルダー」を、5月1日(土)午前10時から5月31日(月)まで、通販サイト「ANIPLEX+(アニプレックスプラス)」で予約販売します。

 「推し払いキーホルダー」は、自分の“推し”のキャラクターを身に着けて持ち歩くだけでなく、買い物時の支払いに活用できることが魅力です。ソニーは今回の試験販売を通じて、他のアニメキャラクターとのコラボレーションや、アーティストのライブグッズなどへの活用を検討していきます。

『魔法少女まどか☆マギカ』 推し払いキーホルダー

・予約期間:5月1日(土)10時~31日(月)24時
※現時点では予約販売のみの予定です。商品のお届けは7月を予定しています。
※期間中に予定数を達成した場合、早期に販売を終了する可能性があります。

・種類:鹿目まどか・暁美ほむらの計2種類
・価格:各2,980円(税込)
・予約方法:「ANIPLEX+(アニプレックスプラス)」で予約可能です。

「推し払いキーホルダー」の技術について

 従来、汎用的な電子マネー機能をキーホルダーに付けるためには、本体の金型代や版代に加え、形状ごとに通信性能検定が必要でした。

 「推し払いキーホルダー」は、既存のアクリルキーホルダーの外観・厚みを考慮し、内部にFeliCaモジュールを埋め込める、新開発の多層構成の製法を使用しています。

 アクリルキーホルダーが一定の厚さ(約3mm)とサイズ(縦115 mm、横86.5 mm以内)であれば、さまざまな形状で規定の通信性能を保持できます。また、デジタル印刷を利用し、金型不要の加工方法で製作するため、初期費用が抑えられ、少量生産も可能です。

  • ▲分解イメージ(緑の円盤状の部品がFeliCa モジュール)。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS
(C)Sony Corporation