『∀ガンダム』37話あらすじ。御大将ことギム・ギンガナムがついに登場!

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、アニメ『∀ガンダム』の第37話“”月世界の門”が配信中です。

 『∀ガンダム』は、1999年4月9日から2000年4月14日の間、フジテレビ系列にて全50話が放送されました『機動戦士ガンダム』誕生20周年記念作品として作られた本作は、これまでの宇宙世紀で起きた戦争の歴史を“黒歴史”と称して、全ての作品の終着点になる物語とされています。

 第37話あらすじはこちらです。

あらすじ(一部抜粋)

 ミドガルドとギム・ギンガナムとの通信を盗み聞き、ディアナ暗殺を考えていると知ったレット隊のキャンサーとカフカは、ディアナを連れて戦艦“ジャンダルム”を脱走する。

 追っ手を撒くため、ディアナの指示でアステロイド・コロニー“ミスルトゥ”へ向かい、救助信号代わりに音楽を暗号にしてウィルゲムへ発信する。

 その頃、ウィルゲムは、戦艦ジャンダルムを追うコースで月へ向けて航行していた。ロランは核爆弾を捨てるぎりぎりの位置が、月に近い廃棄コロニーの辺りだと考えて、ソシエ、フラン、メシェーと相談する。

 そしてフランがムーンレィスだと気づいていたソシエとメシェーが、地球の人たちが月へ行ったドキュメントを書くという彼女を励ます様子を見て、地球と月との垣根を乗り越えて仲良くなっていることに感動する。

■『∀ガンダム』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら