『エーペックス レジェンズ』ボセックボウとスピットファイアが弱体化。アローのダメージが60に

電撃オンライン
公開日時

 エレクトロニック・アーツより配信中のNintendo Switch/PS5/PS4/Xbox series/Xbox One/Origin/steam(PC)用バトルロイヤルシューティング『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』にて、ボゼックボウとスピットファイアの2つの武器に調整が入りました。

 シーズン9にあたる“英雄の奇跡”の開幕から猛威を振るっていたボゼックボウ。

 スナイパーライフル顔負けの驚異的なダメージからメタゲームの中心となっていましたが、登場から約1週間での緊急調整となりました。

 加えて、同時に人気武器であったスピットファイアにも弱体化の調整が入っています。

ボセックボウ

ダメージが60に低下

 矢の1発あたりのダメージが70から60に低下しました。

 この10の低下は大きく、レベル3(紫)アーマーの敵の体力である200ダメージを出すために必要な胴体ヒット数が4発に増加しています。

 とはいえ、スナイパーライフル並みのダメージが出せる点は変わっていないので、依然として中距離で警戒が必要な武器のままです。


  • ▲ヘッドショット時のダメージは105になりました。

  • ▲余談ですが、シャッターキャップを付けた状態の拡散弾では、未だに近距離に限り70を超えたダメージを出せます。

チャージ時間が増加

 最大ダメージを出せるまでのチャージに必要な時間が0.02秒増加。デッドアイズテンポ装備時は0.06秒増加しました。

 微々たる変化ですが、連射力が低下しています。これまでのペースで連射すると不十分なチャージでアローを発射してしまう可能性があるので注意が必要です。

1スタックごとの弾数が低下

 これまでインベントリにアローは48発まで所持できましたが、それが28発まで減少しました。

 落ちているアローの1セットの数も16発から14発に減少しています。


 これまでバックパックをほととんど圧迫せず、回復やグレネードを大量に持てたアローでしたが、今後はインベントリの配分を考える必要がありそうです。

スピットファイア

ダメージが18に低下

 以前強化を受けた際に上昇した1発のダメージが、19から18に再び変更されました。

 弾を当てやすい点が強みの武器ですが、今後は相手を倒すためには、これまで以上にヒット率を上げる必要があります。

最大装填数が5発減少


 レベル3、4のマガジンを装着している際の装填数が55発から50発に減少しました。

 これまでもマガジン内全ての弾を撃ちきるということは稀でしたが、肝心なタイミングでリロードをしないように注意しましょう。

下方を受けてもまだまだ強さは健在!?

 今回のパッチノートは、実装と同時に公式Twitterにて公開されています。今後は“英雄の軌跡”開始時のパッチノートの一部として追記されるとのことです。

 大きくヘイトを集めていた2つの武器が下方調整された今回のアップデート。

 ボセックに対する不満はTwitterのトレンドに上がるほどでしたので、これは多くのプレイヤーが待ち望んでいた内容と言えるでしょうか?

 とはいえ、使い物にならないというレベルの調整ではないので、どちらもまだまだ使用する機会はある印象。今後も急に飛んで来たアローに射貫かれてダウンしなように気を付けたいものです。
 

© 2021 Electronic Arts Inc.