日清のどん兵衛とUFOが前代未聞のソース交換!? 気になるお味は…?

ヒムロ
公開日時
最終更新

 インスタントラーメンでおなじみの“日清食品”が、45周年限定商品として、“日清食品”のロングセラー商品“日清のどん兵衛”と“日清焼そばU.F.O.”のコラボ商品を5月10日に発売しました。

 “どん兵衛”は“U.F.O.”のソースを使用した“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”、“U.F.O.”は“どん兵衛”風のだしを使用した“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”となって登場。どちらも193円(+税)です。

 お互いのソースを交換したこの2つカップめんを今回は食べ比べてみました。それぞれの特徴などをレポートしていきます!

キャベツの代わりに油揚げとかまぼこ入りの“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”

 カップ焼きそばといえば日清の“U.F.O.”といっても過言ではないはず。中太のストレート麺に絡む“濃い濃い濃厚ソース”が絶品ですが、今回はかつおの風味をきかせただし醤油味に。

 かやくはなく、ソースとどん兵衛マヨのみが付属されています。……と思ったものの、“U.F.O.”って元々かやくは袋に入っていなかったんですね。麺をよく見ると、下に油揚げとかまぼこを発見! “どん兵衛”でおなじみのかまぼこにちょっとテンションが上がります。

  • ▲ピントが合いませんでしたが、ピンクのかまぼこがチラっと見えます。

 作り方は普通のソース味の“U.F.O.”と同じくお湯を入れて3分待つだけ。ソースの小袋もフタの上に置いて温めておきます。七味マヨは温めるなと書いてあるので、間違えて温めないようにしましょう。

 3分後、お湯を捨てて小袋を開けていきます。ソースの小袋は開けた瞬間からだし、というか“どん兵衛”のいい香りがしました。よく混ぜてから七味マヨをかけて完成!

  • ▲パッケージを参考にマヨネーズを網目状にかけてみたのですが、思い切りが足りなかったようで微妙な仕上がりに……。

 食べてみると味はバッチリ“どん兵衛”! つゆのない“どん兵衛”というか、“どん兵衛”のあの味が好きな人にとっては夢のような味です。甘い油揚げとかまぼこの存在も相まって、もはやこれも“どん兵衛”なのではと錯覚してしまいます。

  • ▲ぎゅっと濃縮されただしと、“U.F.O.”のむっちりした中太麺の相性もバッチリ。

 ソースが“どん兵衛”のだしの味なのでさらっとしていて食べやすく、それでいて麺は“U.F.O”なので満足感のある“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”でした。単調になりそうなだしの味にピリッとアクセントを加えつつ、まろやかさも出してくれる七味マヨはマストです!

ソースとうどん、最高の組み合わせ“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”

 ふっくらおあげともっちりしたうどん、そして東西で味に違いのあるだしがおいしい“どん兵衛”。それがこのたび焼うどんになりました! 手に取ったときに通常の“どん兵衛”より少し大きい気がしたので、家にあったものと比べてみました。

  • ▲ほんのちょっと、一回り程度通常の“どん兵衛”方が小さかったです。

 フタを開けてビックリ、キャベツと豚肉が入ってる!

  • ▲“U.F.O.”で見たことある!

 付属品はソースとふりかけです。どん兵衛なのに“U.F.O.”と書かれたふりかけが入っていて、一瞬「あれ?」となります。お湯を入れたらソースはフタの上で温めます。

  • ▲間違えて“U.F.O.”のふりかけと一緒に撮った感。

 ソースを開封して麺と混ぜ混ぜ。“U.F.O.”の“濃い濃い濃厚ソース”の匂いが部屋中に一気に広がりました。なんとも食欲をそそる匂い!

  • ▲ふりかけをかけて完成です。食べる前からおいしいとわかります。

 “どん兵衛”のモチモチのうどんに“濃い濃い濃厚ソース”がよく絡んで、めちゃくちゃおいしい……。キャベツの歯ごたえとモチモチうどんも合います。

  • ▲色が濃いのでしょっぱそうに見えますが、実際に食べるとそんなことはない不思議な“濃い濃い濃厚ソース”。大好きです。

 思ってもみなかったソース交換をした2つのカップめん。どちらも好きだからこそ、その違いを感じられて楽しかったです。個人的に七味マヨのナイスアシストが気に入ったので、“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”をリピートしたいと思いました。

 皆さんもぜひ食べ比べて、自分のお気に入りを見つけてください♪


ヒムロ:元ゲーム会社勤務。今はなんでも書くフリーライター。髪の色とネイルを変えるのが趣味のせいか、キャラメイクに時間がかかりがち。好きな食べ物はかき氷。