『DQウォーク』×『ドラクエI』復刻イベント話。原点を楽しみながら育成も捗る! 【電撃DQW日記#930】

アツゴロウ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 『ドラクエウォーク』で位置情報ゲームに初めて触れた初心者によるプレイ日記第6回です。今回は『ドラゴンクエスト』35周年記念特別イベントの一環として開催されている『ドラクエウォーク』×『ドラゴンクエストI』復刻イベントについて語っていきます。

 と、いうわけで今回も書かせていただきますアツゴロウです。現在開催中の『ドラクエウォーク』×『ドラクエI』復刻イベント、じつにイイですね! プレイ開始から2カ月ほどの自分には初体験ということもあり、クエストやらバトルやらいろいろと楽しませてもらっています。

 『ドラクエ』シリーズをその誕生から追っている身としては、最古の作品である『ドラクエI』への思い入れも深いものがあります。当然、プレイしていると語りたくなることもボロボロ出てくるわけで。今回はそういった感想を交えつつ、復刻イベントの魅力について触れたいと思います。

シンプルかつ趣深い『ドラクエ』の原点の物語を懐かしむ

 復刻イベントの何がいいかって、やはりストーリーですね! もちろん、『ドラクエI』のストーリーはRPG黎明期のものということもあって、いたってシンプルということは重々承知しています。勇者として凶悪なモンスターとそれを率いるボスの打倒を目指したり、人々の話から得た情報を元にキーアイテムを見つけて冒険を進めていくなんてものは、今ではテンプレと言っても過言はありませんよね。

 ですが『ドラクエI』で初めてRPGに触れた自分にとっては、そういったテンプレのすべてが刺激的でした! ロトの洞窟で伝説の勇者ロトの残した石板を見つけたり、囚われのローラ姫を救出したり……。さまざまなシーンが、今なお色褪せない想い出として心に刻まれているわけです。

 そんな『ドラクエI』のストーリーを『ドラクエウォーク』で再び体験できるとは……じつに感慨深いですね。まあ自分がプレイしたファミコン版では、ロトの洞窟もローラ姫救出もスルーしてクリアできてしまうのですが(笑)。フラグ管理などがおおざっぱだった時代の名残ですが、それもまた懐かしい……。

 あと、ラスボス・りゅうおうとの有名なやりとりがバッチリ再現されていたのも感動! 世界の半分と引き換えにりゅうおうの味方になるか敵になるか? プレイヤー自身が選択できます。どんな展開になるかはやってみてのお楽しみということで。

盛りだくさんのコラボクエストはずかんの穴埋めにも最適!

 復刻イベントは、ストーリークエストが豊富に用意されているのも魅力です。ストーリークエストは第1~3章まであり、各章5話ずつの計15話。さらに初級・中級・上級・超級という4段階の難易度があり、これで計60。さらに上級と超級は3章に6話が追加され、合計で62ものクエストを楽しむことができます。さらに、昨日4章も追加されました!

 じつは自分、メインストーリーのクエストが難易度的に行き詰ってしまい、最近はサブクエストばかり回っていました。ですから新規のクエストがプレイできるだけでけっこううれしい。これで外歩きするモチベーションも上がるってものです!

 クエストの推奨レベルは、初級なら基本職レベル1~15、上級でも基本職レベル10~35と、ほどほどの難易度です。上級のクエストならクリア報酬で星4のラダトーム装備がもらえますし、自分のような初心者なら絶対やるべき! 

 超級は上級職レベル50以上推奨で、さすがに熟練のプレイヤー向けですね。それでもコラボ期間中にはなんとかクリアしたいなあ……。

 推奨レベルの低いクエストをプレイするのは、モンスターずかんを埋めるのにも役立ちます。自分は出現率の低いきりかぶこぞうにずっと遭遇できなかったんですが、コラボクエストをちまちまプレイしていたらいつのまにやらずかん登録できてました! 

 もちろんメインストーリーのクエストでもずかん登録はできたでしょうが、コラボという機会で回収できたのは手間が省けていい感じ。ずかんに空きがあるという人はひと通りプレイしてみるのがオススメです。

『ドラクエI』のモンスター討伐はメリットありまくり!

 あとは『ドラクエI』のモンスターと戦えるスポットがあちこちに出現するのもうれしいところ。だいまどうとかおおさそりとかリカントとか、『ドラクエI』で激闘を繰り広げたときの記憶がよみがえりますね~。

 これらのモンスターはほどほどの強さでサクっと倒せるのに、獲得経験値がやや多め。倒せば“DQ35周年記念コイン”もゲットできるし言うことなしです! コイン150枚で交換できる竜王のうろこもまもなく手に入りそう。

 強敵のスターキメラ&メイジキメラも、現状ではレベル13までしか倒せていませんが、運よくグレードSのこころがドロップしてくれました。魔法主体の賢者パーティを目指す自分にとってはこの上ない戦力に!

 そんな感じで初心者から熟練者までさまざまなメリットが得られる『ドラクエウォーク』×『ドラクエI』復刻コラボ。ただ『ドラクエI』を懐かしむためだけでもいいですし、まだ手を付けていないという人はぜひプレイしてみてください!






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら