YOSHIKIさんが京都アニメーションへ1,000万円を寄付

電撃オンライン
公開日時

 8月1日にYOSHIKIさんが京都アニメーションへ1,000万円を寄付したことが明かされました。

 YOSHIKIさんは、今回の“京都アニメーション”に関する一連の報道を受け、被害に遭われた方と遺族の方への支援として、自身の運営する米国非営利公益法人501(c)(3)“YOSHIKI FOUNDATION AMERICA”を通じ、京都アニメーションが開設した支援金の預かり専用口座へ1,000万の寄付を行ったとのことです。

 事件当時、在住するLAにいたというYOSHIKIさんは、現地の報道で本件を知ったとのことで、ツイッターでは下記のように投稿していました。

 「アメリカにいます。今現地のニュースで京都アニメーションの火災の事を知りました。心が痛みます。犠牲になられた方々とご遺族の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本のアニメ、そしてそのクリエイター1人1人が世界の宝です。1日も早い回復をお祈りしています。」

 YOSHIKIさんとアニメーションには長年深い繋がりがあり、この事件について耳にした時から心を痛め、自分にも何かできることはないかと考えていたとのこと。

 過去にはCLAMP原作アニメ映画『X』の主題歌『Forever Love』やアニメ映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の主題歌『Hero(Yoshiki Classical Version)』、アニメ映画『手塚治虫のブッダ赤い砂漠よ!美しく』の主題歌『Scarlet Love Song』の他、2018年にはTVアニメ『進撃の巨人』Season3のオープニングテーマ『Red Swan』などを作曲しています。

YOSHIKさんのコメント

 世界中でツアーを行っていますが、どの国に行ってもアニメーションファンの皆さんがコンサートに来てくれて、自分の世界での活動をサポートしてくれています。本当に感謝しています。また自分としても世界の宝である日本のアニメーション、そしてその文化の発展に貢献したいといつも思っています。

 家族を失ってしまった方たちの痛みを考えると、本当に心が痛みます。少しでも、被害に遭われた方々とご遺族の方々への力になれればと思います。そしてまた、支援の輪が広がることを願っています。

(C) 2018 Yoshiki Foundation America. All rights reserved.