『ポケモン』イシツブテが“いわて応援ポケモン”に就任。スタンプラリーやコラボグッズ販売を実施

電撃オンライン
公開日時

 岩手県とポケモンがコラボレーションして、“いわて応援ポケモン”に就任したポケモン“イシツブテ”や“いわ”タイプのポケモンたちを用いたキャンペーンを実施します。

 本キャンペーンは6月1日からスタートし、スタンプラリーや県産品コラボグッズの販売など、さまざまな取り組みが行われる予定です。

いわて応援ポケモン“イシツブテ”

 本日5月14日に岩手県とポケモンが、観光振興、県産品の消費拡大、東日本大震災などからの復興についての連携協定を締結しました。

 連携協定の締結に際して、ポケモンの“イシツブテ”が“いわて応援ポケモン”に任命されました。今後、イシツブテが“いわて応援ポケモン”として、さまざまな取り組みを通じて岩手県を盛り上げていきます。

 “いわて応援ポケモン”として活動するイシツブテは、たくさんいる“いわ”タイプのポケモンの筆頭ということもあり、このたび“イシツブテ親方”という愛称で呼ばれることになりました。


イシツブテが選ばれた理由

 イシツブテは、『ポケモン』の原点とも言える1996年に発売された『ポケットモンスター 赤・緑』から登場しており、TVアニメでも主人公のサトシの友だち“タケシ”の手持ちポケモンだったため、『ポケモン』ファンに非常に認知度が高いポケモンです。

 18種類のタイプのうちの“いわ”タイプを持っており、“岩”に“手”が付いている見た目も、“岩手”を象徴しているということで、“イシツブテ”が“いわて応援ポケモン”に選ばれました。

イシツブテ


  • ▲アローラのすがた
全国図鑑 No.074
分類 がんせきポケモン
タイプ いわ・じめん
高さ 0.4m
重さ 20.0kg
特性 いしあたま/がんじょう

 『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン。山道に多く生息していて、石ころに間違われます。両手を使って険しい崖を上り、体の半分を地面に埋めてぐっすり眠ります。

 頑丈な体が自慢で、仲間と体をぶつけあって硬さを競いあいます。怒るとゲンコツを振りまします。

 長く生きたイシツブテは、角が取れて丸くなっていきます。丸くて持ちやすいですが、投げあうには硬くて重いので、とても危険です。ゴローン、ゴローニャへと進化します。アローラ地方に生息する、別のすがたも存在します。

“イシツブテ”や“いわポケモン”のコラボイラスト

 “岩手県×イシツブテ”の取り組みの中で、岩手県ならではのイシツブテのイラストが用意されています。

 イラストは、岩手県の観光キャラクター“わんこきょうだい”の生みの親で、グラフィックデザイナーやイラストレーターとして岩手県を中心に活躍中のオガサワラユウダイさんが担当。オガサワラさん独特の優しいタッチで、イシツブテを中心とした“いわポケモン”たちが描き起こされています。

 なお、本イラストは“岩手県×イシツブテ”のさまざまな取り組みや県産品コラボグッズなどで使用されます。

  • ▲イシツブテとわんこそば
  • ▲イシツブテと岩手山
  • ▲イシツブテと三陸鉄道
  • ▲イシツブテと三陸ジオパーク
  • ▲イシツブテとラグビー

  • ▲イシツブテとさんさ踊り

“岩手県×イシツブテ”イメージソング

 “岩手県×イシツブテ”の取り組みのイメージソング『岩と手!岩手!イシツブテ!』が制作され、オガサワラさんが描き起こしたイラストを用いたアニメーション動画が公開されています。

 岩手県とイシツブテのことを歌う歌詞にあわせて、岩手県とイシツブテの共通ワードである“岩(ROCK)”を意識した、“ロック”調の軽快な楽曲で、ボーカルは岩手県二戸市出身の人気ロックバンド“SaToMansion”の佐藤和夫さんが担当しています。




■“岩手県×イシツブテ”イメージソング概要(敬称略)
【曲名】『岩と手!岩手!イシツブテ!』
【音楽】ポケモンだいすきクラブ
【ボーカル】佐藤和夫(SaToMansion)

■岩手県×イシツブテ“Let's GO! イシツブテ in いわて”概要
【期間】6月1日より実施予定
【主催】岩手県
【協力】ポケモン、Niantic, Inc.

※ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)2019 Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.
(C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Supported by ポケモンだいすきクラブ