アクションエディターでゲームを作りたい人へのアドバイスも。『ブルーフェンサー・リザレクション』インタビュー【電撃インディー#20】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回はゲームシナリオライター・礼門Z(礼門屋)氏より、Steamで配信中の横スクロールアクション『Blue Fencer Resurrection(ブルーフェンサー・リザレクション)』の開発者にインタビューをお届けします。

 レトロな雰囲気を持ちつつも、絶妙なバランスのアクションが楽しめる本作。プレイヤーはアクションエディターのヒーロー『ヤシーユ』を操作し、打倒・魔王サンタを目指して突き進むこととなります。そんな本作の気になるところを、開発者の礼門Z(礼門屋)氏にうかがいました。

 なお、電撃オンラインは、尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

開発者インタビュー:礼門Z(礼門屋)氏

――『Blue Fencer Resurrection』の注目点を教えてください。

 古典的なアクションに近い見た目ですが、メインステージの難易度は抑えめですので、気軽に楽しめるゲームになっていると思います。

――開発で苦労していたところを教えてください。

 最初にフリー版からボリュームを増やしてみたら難しく大味なゲームになってしまったので、全体的にキャラの挙動を抑えるなどの調整をしました。

――開発をするうえで、特に気を付けている点などを教えてください。

 私はグラフィックの技術やセンスがないので、その分レベルデザインやゲームバランスなどに配慮しています。

――ゲームタイトルにこめた想いを教えてください。

 近年は古典的な2Dアクションゲームの人気が復活していると思います。もっと復活するといいですね。

――今後、実現したい野望などありますでしょうか?

 もっとマニアックなゲームを作っていきたいと考えています。「なんだこれは……」となってしまうような、奇妙なゲームの面白さを伝えていきたいです。

――ゲームの開発に携わることになったきっかけについて教えてください。

 思い出深いゲーム制作ツールは『デザエモン』と『ユウキノベル』です。このふたつが私のゲーム開発の原点かもしれません。

――ここ数年でもっとも感銘を受けた、おすすめのインディーゲームについて教えてください。(インディーゲームでなくても構いません)

 『Mecha Ritz』と『コスモドリーマー』は古典的なシューティングゲームを踏襲しながらも独自の魅力があってすばらしいです。Steamで検索すると見つかると思います。

 アクションエディター製では『モンスターリップ』『伝説の棍術師』を推します。ふりーむで検索すると見つかると思います。

――フリーゲーム版『ブルーフェンサー』から、進化させた本作をSteamで配信するに至った経緯を教えてください。

 もともとフリー版は1年ぐらい放置していたのですが、公開してみたら意外と好評だったので、そこから自分なりに納得のいくゲームに仕上げました。

 Steamでアクションエディターの主人公『ヤシーユ』のゲームを出したいというのもありましたね。

――アクションエディターでゲームを製作されたきっかけやツールの感想を教えていただけますか。

 とてもわかりやすく作りやすいツールで、ステージクリア型アクションゲームの基本を学ぶのにも良いと思います。

――アクションエディターでゲームを作りたい人に向けたアドバイスをお願いします。

 ゲームを作る動機って、自分の好きキャラクターを動かしたいというのが大きいと思います。主人公にいろんなアクションをさせて好きなキャラクターにしていくといいかもしれません。アクションエディターはそういう作り方が手軽にできると思います。

 ――最後にユーザーに一言お願いします。

 昔懐かしい2Dアクションゲームを気軽に楽しんで欲しいです。


Blue Fencer Resurrection

  • メーカー:Leimonya(礼門屋)
  • 対応端末:PC
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年10月16日
  • 価格:310円

関連する記事一覧はこちら