『ディアブロ3』のスマホ版かと思いきや…まったく違う! 操作方法は? やり込み要素は?【ディアブロ イモータル日記#1】

hororo
公開日時
最終更新

 先日、ついにクローズドアルファの日本サーバーがオープンされた、モバイル向けMMOアクションRPG『ディアブロ イモータル』

 その名の通り、Blizzard Entertainmentより発売されているハック&スラッシュ(以下、ハクスラ)の金字塔『ディアブロ』シリーズのひとつで、シリーズとしては初めてモバイル向けに開発されているタイトルです。

 ちなみにハクスラとは、敵を倒してより良い装備品を得て、自分を強化することでさらに強い敵に挑む……という循環を楽しむゲームジャンル。装備の性能にランダム性があったり、キャラクターのカスタマイズ性が高かったりと、理想の“ビルド”の追求を楽しむ人を魅了してやみません。

 『ディアブロ』をはじめ、ハクスラの多くはPCを主戦場にしていることもあり、「モバイル向けの『ディアブロ』ってどうなの?」と思っている方も多いかもしれません。私もそうでした。ということで、クローズドアルファに参加して感じた“モバイル版『ディアブロ』”の魅力を数回に分けて紹介していきます。

『ディアブロ3』のスマホ版かと思いきや…まったく違う! 操作方法は? やり込み要素は?

 正直、本作をじかにプレイするまでは、『ディアブロ3』のモバイル版というイメージを持っていました。もちろん物語やマップなどは新しいものですが、登場クラス(職業)が『ディアブロ3』とほぼ同じということもあって、そう思い込んでいたのです。しかしそれはすぐに間違いだと気づきました。

 最初に感じたのは、操作の快適さ。操作自体はモバイル向けのゲームとしてはスタンダードなもので、画面左下付近を指でスライドすることでキャラクターを移動させ、右下のアイコンをタップすることでスキルを発動するものです。

 私はipadでプレイしていますが、スキルアイコンが大きく押し間違いもないですし、移動に関しても特にストレスを感じず、コンシューマ版とほぼ同じ感覚でプレイできました。

 現在受けているミッションの目的地までの道のりがハイライトされて、これまでのように歩き回らなくてよくなったのも、ストレス軽減に一役かっています。

 個人的には今までのように目的地を探しつつフィールドを探索するのも好きだったのですが、バッテリー残量が気になるモバイル機器では探索にあまり時間を割けないというのも理解できます。

 また、初心者の方がどこへ行けばいいのかわからなくなる、という事態も避けられるので、これはかなりいい要素だと思いました。

 ただ、モバイルの快適性を優先した結果だと思いますが、使用できるスキル数が最大で4つというのは、シリーズのファンからしたら寂しく感じるかもしれません。どんなスキルを使うかという点も、ビルドを考えるうえでの楽しみではあるので、その組み合わせの数が減ってしまったのですから。

 加えてスキルだけでなく、ステータスや装備品ごとにランダムで付与される性能の項目もシンプルになっており、全体的にライトな感じに調整されています。

 とはいえ、スキルを駆使して群がる敵をバッサバッサと斬り捨てていく爽快感は従来作品に劣りませんし、むしろこの気軽さがモバイル向けゲームとしては好ましく感じました。

 一方で、本作で拡充された要素もあります。ジャンルが“MMO”アクションRPGとなった通り、本作ではフィールドを歩いているとほかのプレイヤーとすれ違うことがあります。

 ストーリー上の敵などはプレイヤー個別の対象となるようですが、フィールドに出現するエリートなどは、その場にいるプレイヤーたちと協力して倒すことも可能でした。報酬も参加したプレイヤー個別にドロップするため、深く考えずに攻撃に参加してもよさそうです。

 またデイリー報酬や、毎日内容が更新される賞金掲示板、ギルドといった、まさにMMOというような要素があるのも新鮮です。昨今のゲームで導入されることが増えてきたバトルパスも存在しており、遊べば遊ぶほど報酬を得られる機会が増えていく、というのはモバイルゲーム的ですね。

 ほかにも、エネミーの情報を記録していく“怪物にまつわる書物”や、『ディアブロ3』にも同様のものが存在した周回用ダンジョン“エルダー・リフト”などやり込み要素も多く、ストーリーを終えてからが本番という『ディアブロ』のお約束は本作でも同様のようです。

 全体的な印象として、モバイルゲームとしての快適さの妨げる要素は割り切って排除し、装備掘りのための周回をより楽しくするような調整を加えているように感じました。


 個人的に盛り上がったのは、ストーリーで登場する人物たちから『ディアブロ』シリーズのエッセンスを感じられた点です。

 本作の時系列は『ディアブロ2』と『ディアブロ3』の間に位置しているのですが、重要キャラクターであるデッカード・ケインが登場することはもちろん、ローグやドルイドといった『ディアブロ2』に登場した職業のキャラクターたちが、『ディアブロ3』に登場した職業であるプレイヤーと関わるというのが熱い! 

 まさに『ディアブロ2』から『ディアブロ3』へバトンを渡す瞬間の物語を追体験しているようで、とても感慨深かったです。

 もちろんデッカード・ケインや大天使ティラエル、狂王レオリックといった、シリーズをプレイしたことのある人であればおなじみの人物も登場しますし、壮大な『ディアブロ』サーガの新章を楽しめるというだけでも、本作をプレイする価値はアリ。

 ハクスラ初心者にもオススメできる内容になっているので、正式サービスした際には、ぜひプレイしてみてください!

■シネマティックトレーラー

■ディアブロ イモータル

©2021 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC