子持ちのおっさんゲーマー、涙腺崩壊の危機。アニメ『YU‐NO』で、ついにたくやとセーレスが出会う

そみん
公開日時

 TVアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU‐NO』の第18話“デラ=グラントの黄昏”のあらすじと場面写真が公開されました。

 本アニメの原作は、ゲームデザイナー・シナリオライターである、故・菅野ひろゆきさんの代表作の1つで、2017年にはMAGES.よりリメイク版が発売されました。

 筆者は1997年に発売されたセガサターン版で『YU-NO』の洗礼を受けたクチですが、それ以前にもPC雑誌でゲームの存在自体は知っていました。

 でも、記事を読むのと実際に遊ぶのとでは、体感した時の衝撃は全然違うもの。のちにWindows版で原作PCもプレイしましたが、いやあ……すごい物語でした。

 そんな『YU-NO』のテレビアニメも、いよいよ“異世界編”に突入しました。自分がプレイしたときに感じた異世界に飛ばされた絶望感と、そこでの人々の出会いによって救われる感覚を、ついにアニメで味わえる日がきたわけですね。

 たくやとセーレスの出会い……。自分が若かった当時は、涙というよりも鳥肌が立つ感覚のほうが先立っていましたが、涙腺が弱くなったおっさんになった今、普通に大泣きしそう。

 セーレスやアイリアさんとの出会いのシーンだけで、その後のいろいろな場面がぶわっと脳内によみがえって、心を揺さぶられそうで……。

 涙腺崩壊している姿を見られるのは恥ずかしいので、家族のいない時に1人でこっそり見ようと思っています。
(今回を乗り切ったとしても、子どもを持った身で、今後のあんなシーンやこんなシーンを涙なしで見られる気はまったくしていませんが。笑)

物語は異世界編に突入!

 “現世編”を振り返る特別編が終わり、ついに物語は“異世界編”へと突入します。

 “異世界編”の記念すべき1回目となる第18話のあらすじと見どころ&場面写真が解禁となりました。

 主人公・たくやが異世界で初めて出会うセーレスという謎の少女や女剣士・アイリアが、大きな敵と戦う姿を確認できます。

 また砂漠を目の前に、茫然とたたずむたくや。これから一体彼には、どんな運命が待ち受けているのか。想像をかき立てる1枚となっています。

第18話“デラ=グラントの黄昏”のあらすじ

 異世界・デラ=グラントにたどりついたたくや。そこで、話すことが出来ない少女・セーレスと出会う。

 助けを求めて入った1軒の家で、2人は女剣士・アイリアと出会う。







TVアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のLINE着せかえが配信開始

 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のLINE着せかえが登場しました。

 作品のモチーフアイテムが散りばめられたテーマとなっています。

『この世の果てで恋を唄う少女YU‐NO』作品情報

放送日
AT-X:毎週火曜日23:00~
TOKYO MX:毎週水曜日22:00~
ABC テレビ:毎週水曜日26:46~
BS フジ:毎週木曜日24:00~
メ~テレ:毎週土曜日26:44~
※放送日時は、都合により変更になる場合があります。

キャスト(敬称略)
有馬たくや:林勇
ユーノ:小澤亜李
波多乃神奈:内田真礼
一条美月:大西沙織
島津澪:釘宮理恵
武田絵里子:小林ゆう
朝倉香織:前田玲奈
有馬亜由美:名塚佳織
龍蔵寺幸三:楠大典
結城正勝:藤原祐規
豊富秀夫:江口拓也

スタッフ(敬称略)
原作:菅野ひろゆき/MAGES.
監督:平川哲生
キャラクターデザイン:大塚舞
助監督:松下周平
サブデザイン/小物設定:藤崎賢二/枡田邦彰/村山公輔
美術監督:坂上裕文/加藤浩
美術設定:加藤浩
美術背景:ととにゃん
色彩設計:宮脇裕美
音響監督:たなかかずや
撮影監督:難波史
撮影アドバイザー:中村雄太
編集:丸山流美
音響監督:たなかかずや
音響制作:東北新社
音楽:ヨナオケイシ/高見龍/Evan Call/川村竜(BPS Studio)
音楽制作:MAGES.
OP・ED 作詞、作曲:志倉千代丸
アニメーション制作:feel.
プロデュース:GENCO
製作:PROJECT YU-NO

(C)MAGES./PROJECT YU-NO