“NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti”を搭載したASUSビデオカード2製品発売

電撃オンライン
公開日時

 ASUS JAPANは、6月1日(火)に発表をしました、NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti / 3070 Tiを搭載するビデオカード5製品の内、2製品(ROG-STRIX-RTX3080TI-O12G-GAMINGTUF-RTX3080TI-O12G-GAMING)を発売しました。

ROG-STRIX-RTX3080TI-O12G-GAMING

製品名:ROG-STRIX-RTX3080TI-O12G-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti
ブーストクロック:1,815MHz(OCモード時 1,845MHz)
メモリスピード:19Gbps
メモリインターフェース:384bit
ビデオメモリ:GDDR6X 12GB
搭載ポート:HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4a×3
補助電源コネクタ:8ピン×3
サイズ:318.5×140.1×57.78mm
価格:オープン価格
予定発売日:6月3日(木)

“ROG-STRIX-RTX3080TI-O12G-GAMING”の主な特長

・ブレード数を増加したAxial-techファン採用

 ROG STRIXシリーズのAxial-techファンは、前世代よりも多くのフィンと表面積を特徴とする新しい大型ヒートシンクのために最適化されています。ブレード数は3つのファンすべてで増加し、センターファンが13枚、補助ファンが11枚となりました。

 サイドファンのバリアリングは、より横方向からの吸気を可能にし、冷却アレイを通してより良いエアフローを提供するためにスリム化されています。センターファンの追加ブレードとフルハイトリングは、静圧を高めてGPUヒートスプレッダーに直接送風します。

・優れた冷却性と静音性

 センターファンと補助ファンの役割を強化するために、センターファンの回転方向を逆にしました。これにより、冷却アレイ内の気流の乱れを低減し、カードの全体的な冷却性能をさらに向上させています。

 ROG Strixの革新的な冷却技術を組み合わせることで、負荷が少ない場合にはファンの回転数を下げ、50度を下回ると、その時点でファンを完全に止めることができます。

・MaxContactテクノロジー

 新しいファン設計を最大限に生かすには、ダイからヒートシンクアレイに熱を取り入れる際に、特別な注意が必要です。

 当社では、ヒートスプレッダの表面を研磨する製造プロセスを使用して、ミクロレベルでの滑らかさを向上させています。余分な平坦度により、ダイとの接触が良くなり、熱伝達が改善されます。

・2.9スロット設計

 ヒートスプレッダは熱をヒートパイプに集め、2.9スロットの大きなフットプリントを埋めるフィンスタックを介して熱を運びます。前世代と比較してヒートシンクのサイズを大きくすることで、新しい高性能チップセットを考慮して、より多くの熱的ヘッドルームを提供します。

・洗練されたデザイン

 ROG Strixマザーボードの美学をミラーリングしたメタルアクセントを備えた新しいデザインを採用しています。表面のテクスチャーと素材を混ぜ合わせたことで、垂直にマウントしてケースのLEDで照らされたときに目を引きます。

 より洗練された、より繊細な外観をお望みの方には、グレースケールの同系色を使用することで、ビルドにシームレスに溶け込むことができます。

TUF-RTX3080TI-O12G-GAMING

製品名:TUF-RTX3080TI-O12G-GAMING
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti
ブーストクロック:1755MHz (OCモード時 1785MHz)
メモリスピード:19Gbps
メモリインターフェース:384bit
ビデオメモリ:GDDR6X 12GB
搭載ポート:HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4a×3
補助電源コネクタ:8ピン×2
サイズ:299.9×126.9×51.7mm
価格:オープン価格
予定発売日:6月3日(木)

“TUF-RTX3080TI-O12G-GAMING”の主な特長

・Axial-techファン設計

 3つのファンが連動して動作するAxial-techファンのデザインを活用しています。ファンはデュアルボールファンベアリングを採用しており、スリーブベアリングや他のベアリングタイプと比較して、安定した性能と長寿命を実現しています。

・MaxContact

 ヒートシンクアレイに効率的に熱を取り込み、強力なAxial-techファンで排出するために、ヒートスプレッダの表面の平滑性をミクロレベルで向上させる製造プロセスを採用しています。余分な平坦度により、ダイとの接触が良くなり、熱伝達が改善されます。

・2.7-スロットデザイン

 ヒートスプレッダーは、熱をヒートパイプに引き込み、それを運ぶフィンスタックを介して、カードの大規模な、2.7スロットのフットプリントのほとんどを埋めます。この世代のTUFゲーミンググラフィックスカードには、VRAM専用のヒートシンクが搭載されており、最大動作スペック以下の温度を維持することができます。

・TUFコンポーネント

 ミリタリーグレードのチョークコイルに、ミリタリーグレードかつ発熱量が少ないMOSFET、通常のコンデンサよりも長寿命を実現したコンデンサを搭載し、高負荷状態で連続稼働をさせたいようなゲーミングPCに最適なシリーズです。

・GPU Tweak II

 “GPU Tweak II”は、リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフトです。GPU Tweak IIを使用すれば、Windows上からビデオカードの状態を細かく把握でき、また詳細なオーバークロックの設定も行えます。

関連する記事一覧はこちら