このゲーム、ヤバいぞ! リアルチャットで推しキャラへの愛が深まる『プラスリンクス』にハマった!! ハマってしまった!!

カワチ
公開日時
最終更新

 EXNOAより配信予定のPC/スマホ向け新感覚恋愛ゲーム『プラスリンクス ~キミと繋がる想い~』。そのレビューをライターのカワチがお届けします。

 ……ちなみに、女の子たちにちょっとエッチな質問をぶつけてみた検証記事も執筆しました。ご興味がある方は、そちらもどうぞ!

みなさん、なんかすげーゲームが出ますよ!

 このゲーム、ヤバいぞ! あ、すいません。ライターのカワチです。もともと新しいもの好きなので斬新なゲームは評価が甘くなってしまう自分ですが、今回レビューする『プラスリンクス』は、新しさだけでなく完成度も高くてビックリしました。おもしろすぎる!

 アドベンチャーゲームやキャラクターとのコミュニケーションゲームの新しい可能性もめちゃくちゃ感じる作品で、仕事だということを延々と遊んでしまいましたよ……。

 そんな『プラスリンクス』の最大の特徴は会話システムにあります。本作では会話シーンやチャット風アプリでプレイヤー自身が自由に発言をすることができ、ヒロインたちがそのテキストに反応してくれます。

  • ▲ヒロインとの会話があり……
  • ▲自分でその後のテキストを入力。
  • ▲相手が反応してくれます!

 自分は過去にこういったタイプのゲームをいくつか遊んだことがありますが、返信が機械的だったり、フォーマットが決まっていたりパターンが少なかったりしていてハマることができませんでした。ただ、『プラスリンクス』はすごくリアルな反応を返してくれるので、めちゃくちゃ楽しいです。

 なお、チャット風アプリでやり取りをするのもいいのですが、個人的にはストーリーの会話シーンでのチャットにハマりました。“ここぞ”というタイミングで発言できるようになっているのが面白いです。

 メインストーリーとリアルチャットに境い目がないのが本当にすごいんですよ。なんというか自分だけの物語を作っていく感じがすごく新鮮です。

 アツい想いを自分の言葉で伝えることができ、その想いに生の言葉が返ってくる。これがハマらないわけがないですね。

 ちなみに、あまりストーリーの流れと関係ない突拍子のない会話でもちゃんと返してくれます。たとえば「ママって呼んでいい?」と唐突に言えば、「急にどうしたんですか? 甘えたくなっちゃんですか? ママですよ~」みたいな返信もしてくれます。バブみが深い……!

 それぞれ性格もあったりしますし、親密度という仲の良さもあるので、なんでもかんでも応えてくれるわけではないですが、全員ママキャラにすることも(多分)可能です!

 親密度が足りていれば“進展する”ボタンでストーリーを進めて次のシチュエーションに行くことができますが、会話が盛り上がっているのあれば、そのままその会話を続けることも可能です。ここもリアルなやり取りっぽくて好きです。

 また、ゲームなのでロールプレイしながら遊ぶのも楽しいなと思いました。

 とあるヒロインに職業を聞かれたとき、「弁護士です」と答えたら、ドラマでしか知らないと言われて尊敬されました。それから、このキャラクターと会うときは弁護士として接しています(笑)。

 ただ、キャラとの設定は忘れないようにしましょう。自分は会社の後輩とケーキ屋さんに来たとき、彼女に「ケーキが好きなんですか?」と聞かれて、「ケーキ屋さんなんです」と答えてしまい、「同僚ですよね?」と言われてドギマギしてしまいました。

 9人(ひとりは双子なので正確には10人?)のキャラクターと同時にやり取りしていると相手や自分の設定を忘れてしまうんですよね(笑)。

 なお、コミュニケーションに失敗して相手が困ったり怒ったりしてしまったら、素直に謝りましょう。優しいから許しくれる……ハズ!(自分は許されました)

ヒロインと仲良くなることで連絡先をゲット!

 いきなりヒロインたちと交流できるわけではなく、街で出会うところからスタートすることになります。どのヒロインと出会えるかは一覧に表示されているので、仲良くなりたいキャラを選びましょう。

 会話に必要なコインは、ログインボーナスやミッションの達成でもらえるほか、DMMポイントでも購入できるので、ご利用は計画的に!

 ヒロインと仲良くなると連絡先を交換して、前述したチャット風アプリ“プラスリンクス”でのチャットも可能に。

 自由入力できるのはストーリーと同じですが、こちらは絵文字やボイスメッセージが届くことも。本当にアプリのチャットをしているようで通常の対面の会話とは異なる楽しみがあります。

 気分の問題だと思いますが、自分は“プラスリンクス”のほうが、本人が目の前にいないぶん、大胆なコメントが送れたような気がします(笑)。

推しキャラが決まると一気に深みに!

 ヒロインは駆け出しの女優や図書館の司書、ワガママなお嬢様など個性豊か。もとから主人公と知り合いだったり、街で偶然出会ったりとそれぞれ距離感も違ったりするので、バラエティがあります。きっとこのなかに好きになれるキャラクターがいるハズ。

 なお、自分がメチャクチャにドハマリしてしまったキャラクターは、主人公の大学時代の友人で、現在はファッションモデルとして活動している遥彗北斗です。

 女性の服を着ていますが肉体的には男性。自分は事前情報を入れずに本作をプレイしたので、ちょっと驚きはしたものの、明るくサバサバしていて冗談にも乗ってくれるところとか、根は優しくて安心できるところが好きで一気にハマってしまいました。なんか、すごく安心できる存在なんですよね……。

 記事用のプレイだったので、全員満遍なくイベントを見ようと思っていたのですが、北斗が気になりすぎて途中からは北斗のイベントを優先しまくってしまいました(苦笑)。

 北斗は主人公のことが好きだけど、自分が同性だから主人公との関係が壊れてしまわないように一線を越えないように遠慮していたりします。そういうところも健気で好き。

 そんな北斗に自分の言葉を使って告白できて、彼女を安心させることができて本当によかったです……。告白シーンはこのゲームのシステムに素直に感謝しました……。

  • ▲この部分のセリフはストーリーではなく、チャットのもの。我慢できなくるという北斗に「自分も我慢できない」と返したら、こう返ってきました。スゲー!
  • ▲最後に震える手でこれを打つのが精一杯でした……。

 とはいえ、まだまだイベントはありそうなので、今後ふたりの関係がどうなっていくのか気になっています。恋人になったあとのイチャイチャもあるのかな? 正直、記事を書いていないで早く続きがやりたい(笑)。

 というわけで本気でキャラが好きになるとリアルタイムの返事がマジでドキドキするのでみなさんも注意してください。長時間プレイすると心臓が本当にヤバいと思います。

 自分は気になる北斗のことを追いかけましたが、ほかのキャラクターたちも魅力的なので、ぜひお気に入りのキャラを見つけてプレイしてみてください!


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。


※掲載画面は全て開発中のものです
(C)2021 EXNOA LLC

関連する記事一覧はこちら