『七つの大罪 グラクロ』新たな冒険譚“ラグナロク”の詳細判明!

電撃オンライン
公開日時

 ネットマーブルのスマートフォン向けシネマティックアドベンチャーRPG『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』(略称:グラクロ)で、本作の2周年を記念して行われるアップデート『終焉の予言-ラグナロク-』のプレミア発表会が、6月5日12:00より世界同時配信されました。

 オリジナルストーリー『終焉の予言-ラグナロク-』は、原作者・講談社監修のもと、アニメ2クール(24話)分のボリュームをゲームで楽しめるという大がかりなプロジェクトです。

 発表会では『終焉の予言-ラグナロク-』のオリジナルアニメーションによる予告編の上映に加えて、エグゼクティブ・プロデューサーのク・ド ヒョンさん(KOO Pさん)たち開発陣による開発経緯・ストーリー・キャラクター・世界観などの説明が行われました。

 また、原作者・鈴木央さんをはじめ、メリオダス役の声優・梶裕貴さん、オリジナルキャラクターを演じるソンドさん、徳留慎乃佑さん、本橋大輔さんからのお祝いコメント映像やメッセージも公開され、ファンにとって非常に充実した内容となっていました。

 『終焉の予言-ラグナロク-』は、6月下旬アップデートで実装される予定です。発表会をチェックしつつ、遊べる日を楽しみに待ちましょう!

■【グラクロ公式】オリジナルシリーズ『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』終焉の予言-ラグナロク- プレミア発表会

 以下、リリース原文を掲載します。

“『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』終焉の予言-ラグナロク-”概要

★原作者の鈴木央先生&講談社公認のオリジナルストーリー
★北欧神話に登場する魅力的なキャラクターが多数登場
★TVアニメ24話分の大ボリューム
★6月下旬のアップデートより順次追加実装予定

「終焉の予言-ラグナロク-」とは

 「終焉の予言-ラグナロク-」は、グラクロのサービス開始前から企画し、2年以上の期間をかけて準備してきたオリジナルストーリーです。

 「七つの大罪」原作者の鈴木央先生監修のもと作り上げたこの物語を、「七つの大罪」や「グラクロ」を応援していただいているファンの皆様へ、「グラクロ」の2周年を機に提供いたします。

 「グラクロ」内で楽しめる「終焉の予言-ラグナロク-」のストーリーは、TVアニメ24話分(約TVアニメ1期分)のボリュームを12チャプター構成で定期的に追加していく計画です。

「終焉の予言-ラグナロク-」ストーリー

 「終焉の予言-ラグナロク-」は、メリオダスとその仲間たちが忘れられた書斎から「ユグドラシルの伝説」という本の中に転移され始まる物語で、舞台となるユグドラシルのミッドガルドは、3年間冬が終わらない世界です。

 予言の通り終末に向かっていく世界で、メリオダスとその仲間たちの旅を描いています。

 北欧神話を新たに再構築したこの物語には、20を超える新しいキャラクターが登場し、〈七つの大罪〉たちとの出会いや、そこから生まれる物語が展開していきます。

登場キャラクター(「ラグナロク」オリジナルキャラクター)

シグルド(CV.ソンド)

 シグルドはミッドガルドの大国、ザンテンブルグの王子であり名剣グラムの持ち主。

 名剣グラムは、シグルドの父親でありザンテンブルグ国王の英雄ジークフリードが、かつて悪竜ファフニールを倒した強い力を持つ名剣。

 シグルドと名剣グラムは、〈七つの大罪〉にとって最大の脅威となる。

フェンリル(CV.徳留慎乃佑)

 フェンリルはミッドガルドにオープンした〈豚の帽子〉亭を訪れる謎の獣人族の少年で、父親を捜す旅をしている。

 狼の特徴をもつ獣人族なので嗅覚が優れている。

 事情を聴いた〈七つの大罪〉たちは、彼の父親を捜す旅に同行する。

ドナール(CV.高橋李依)

 ドーナルは豪放磊落な女戦士。

 正義感にあふれ、危機に瀕する人々を見過ごせない性格の持ち主。

 自分の正体が知られることを恐れており、謎の放浪戦士として知られている。

グリムネル(CV.本橋大輔)

 グリムネルは冒険談を唄うことが仕事。

 〈七つの大罪〉の冒険を語りたいといいつつ同行する。

 吟遊詩人独特の仰々しい行動でツッコまれがちだが、ユグドラシルに関する詳しい情報を知っているので役に立つアドバイスができる。


(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
(c) 鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京
(c) Netmarble Corp. & Netmarble F&C Inc. All Rights Reserved.