最も苦労したのは…攻略本作成!? 5重人格の妹を救うRPG『5つのネイト』開発者インタビュー【電撃インディー#26】

電撃オンライン
公開日時

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回はねこどらソフトが配信するiOS/Android用アプリ『5つのネイト』の開発者インタビューをお届けします。

 アシュレーとネイトの兄妹が、ネイトにかけられた呪いを解く旅を描いた本作。そんな本作の注目点や、どういった想いをこめて制作したのかを、開発者へうかがいました。

 なお、電撃オンラインは、尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

開発者インタビュー:ねこどらソフト

――『5つのネイト』の注目点を教えてください。

 戦闘そのものが面白いRPGを目指し作りました。敵の攻撃パターンにどう対応するかという部分も含めて敵の行動にも注目してもらえればと思います。

 プレイ時間は6~7時間ほどとそんなに長くはありませんが、短い中にイベントや戦闘を詰め込んだ濃密なものにできたと思っています。

――開発で苦労していたところを教えてください。

 『ゲームに150ページの攻略本を付ける』という、新しい試みに挑戦しました。

 ゲーム本編以上に大きな作業量にはなりましたが、多くの人に楽しんで貰えたようで良かったです。

――開発をするうえで、特に気を付けている点などを教えてください。

 『5つのネイト』に関してはコンセプトが『歯ごたえのある戦闘を楽しんで貰いたい』でした。

 特に試行錯誤の末に戦闘を乗り越えた時の達成感を大事にしたいと思っています。なので、勝てなかった時にすぐリトライできるという『快適さ』は重視しました。

――ゲームタイトルにこめた想いを教えてください。

 タイトル名は昔のPCゲームによくあった『主人公の名前をつける』というところに憧れがあったのと、ネイトを全面に押し出していこうというコンセプトで名付けました。

 ゲームに込めた想いとしては、スマホで”終わりのある”RPGがもっと増えて欲しい! という想いがあります。

――今後、実現したい野望などありますでしょうか?

 『5つのネイト』を遊んでいただくと分かりますが、アシュレーとネイトの冒険はこの1作では完結していません。

 連載漫画のように 連作という形で今後も続いていきますので、彼らの冒険や世界を楽しんで貰いたいです。

――ゲームの開発に携わることになったきっかけについて教えてください。

 プログラマの方は、元々ゲーム会社のプログラマでした。その中で、RPGを作りたい! という想いが強まり、個人制作を開始しました。

 シナリオ担当兼代表は、プログラマの大学時代からの友人です。

――ここ数年でもっとも感銘を受けた、おすすめのインディーゲームについて教えてください。(インディーゲームでなくても構いません)

 インディゲームだと、『Slay the Spire』ですね。ローグライクとカードゲームを合わせて繰り返し遊ばせる飽きさせない作りが素晴らしいです。

 あとは、インディーではなく恐縮ですが『メギド72』はかなり熱心に遊んでいます。『メギド72』の戦闘の面白さは、自分たちの中に取り入れたいといつも思っています。

――最後にユーザーに一言お願いします。

 今後も面白いRPGを作って行きたいと思っています!

 これからも、応援よろしくお願いします!!


© ねこどらソフト

関連する記事一覧はこちら