NFTデジタルシール『資産性ミリオンアーサー』ティザーサイト公開!

電撃オンライン
公開日時

 スクウェア・エニックスは、 2021年夏に発売予定のブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシール『資産性ミリオンアーサー』のティザーサイトを公開しました。

 また、ブロックチェーンにはLINE社が独自に開発した“LINE Blockchain”を採用。NFTデジタルシールのトレードに関してはLINE社が提供予定のNFTマーケットプレイスで実施することを発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

『資産性ミリオンアーサー』について

 『資産性ミリオンアーサー』で提供するNFTデジタルシールは、NFTが持つ特性に加え、絵柄が一枚一枚異なります。そのため、ユーザーはデザイン面においても唯一無二のNFTデジタルシールを所有することが可能です。NFTデジタルシールをコレクションする際には、購入済みのデジタルアセットをブラウザ上で管理する専用の「シールホルダー(仮称)」で提供予定です。

 発売日や価格、購入方法やシールホルダー(仮称)などの詳細な仕様については、決定次第お知らせいたします。

※NFT(Non-Fungible Token ノン ファンジブル トークン)とは、ゲームのキャラクターやアイテム、トレーディングカードから、アートや権利のデジタル化といったユースケースが期待される代替性のないトークンを表す言葉です。

 ブロックチェーン上に購入や所有に関する履歴などの情報が記載されるため、そのものが唯一のアセットであることが証明可能です。また、その情報は複製することができないため、偽装することが極めて困難です。代表的な規格にイーサリアムで利用されるERC-721があります。

『LINE Blockchain』について

 「LINE Blockchain」は、LINEが独自に開発したブロックチェーンです。 「LINE Blockchain」は、数億人にのぼるLINEユーザーへのサービス提供に耐えられるよう設計され、高いパフォーマンスと信頼性を備えています。

 「LINE Blockchain」で発行したトークンをLINEアカウントと紐づくデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で管理・連携させることで、LINEのユーザー基盤を活かしたサービスの構築が可能となります。

「ミリオンアーサー」シリーズについて

 シナリオに「とある魔術の禁書目録」の鎌池和馬氏、音楽制作に前山田健一氏を起用するなど、豪華スタッフ陣が集結。人気声優が演じる魅力あふれるキャラクター達、多数の著名イラストレーターが描くキャラクターイラストの競演でヒットを記録したスマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」から始まった作品群です。

 その後、「乖離性ミリオンアーサー」「交響性ミリオンアーサー」、TVアニメ化された「叛逆性ミリオンアーサー」などのスマートフォン向けゲーム、WEBアニメ化で人気を博した4コマ漫画「弱酸性ミリオンアーサー」、アーケード・家庭用向け格闘ゲーム「ミリオンアーサー アルカナブラッド」など、様々なメディア展開が行われています。

※「拡散性ミリオンアーサー」「乖離性ミリオンアーサー」「交響性ミリオンアーサー」「叛逆性ミリオンアーサー」はサービス終了済み

商品概要

商品名:資産性ミリオンアーサー
発売日:2021年夏予定
価格:未定
ジャンル:NFTデジタルシール
購入方法:公式サイトにて販売予定

©2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by double jump.tokyo Inc.