コンパクト化&装着感アップ! 大幅進化したソニーのノイキャン搭載完全ワイヤレスヘッドホン“WF-1000XM4”

電撃オンライン
公開日時

 ソニーは、完全ワイヤレス型として業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を実現しながら、高音質コーデックLDAC(※2)対応でハイレゾ音質を楽しめるBluetooth対応完全ワイヤレスヘッドホン“WF-1000XM4”を発売します。

商品名:ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
型名:WF-1000XM4
カラー:ブラック/プラチナシルバー
発売日:6月25日
価格:オープン価格(市場推定価格:税込33,000円前後)

 本商品の包装には、竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを初めて使用し、プラスチックを全廃した包装パッケージを実現しています。

 “WF-1000XM4”は、従来よりも信号処理能力を向上させた高音質ノイズキャンセリングプロセッサーと高性能なBluetoothオーディオSoCを統合した新開発の“統合プロセッサーV1”を搭載しています。これに加えて、新たに設計された6mmドライバーユニットや新開発のノイズアイソレーションイヤーピースにより、完全ワイヤレス型ヘッドホンとして業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を達成しています。

 また、従来(※3)のBluetooth接続の最大約3倍の情報量を伝送可能な高音質コーデックLDAC(※2)にソニーの完全ワイヤレス型ヘッドホンとして初めて(※4)対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめます。高音質技術DSEE Extremeにも対応しており、スマートフォンなどで再生するMP3やCD、ストリーミングなどの圧縮音源を、膨大な楽曲データを学習しているAI技術によりリアルタイムに解析し、聴いている楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせて最適にハイレゾ相当(※5)の音にアップスケーリングします。

 通話機能に関しては、複数のマイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーを搭載し、ユーザーの声を正確かつクリアに集音することで、快適な通話が楽しめます。

 加えて、ヘッドホンを外さずに会話ができる“スピーク・トゥ・チャット”やユーザーの行動や場所に合わせて最適な設定ができる“アダプティブサウンドコントロール”などのスマートな機能による高い利便性を実現しています。

 デザイン面では、ヘッドホン本体の小型化に加え、耳の複雑な凸凹に干渉しにくい形状設計や同梱のノイズアイソレーションイヤーピースにより安定した装着性を実現しています。

 スタミナ性能は、本体バッテリーのみで8時間(※6)、付属のケースで充電すると合計24時間(※6)の音楽再生が可能です。急速充電にも対応し5分間の充電で60分(※7)の再生が可能です。防滴性能はIPX4相当(※8)で、突然の雨や汗からヘッドホンを守ります。

※1:2021年4月26日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。
※2:LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です。ハイレゾコンテンツを転送速度990kbpsで伝送する場合。“LDAC”再生の際は、“Sony | Headphones Connect”アプリで、音質モードを“音質優先モード”に設定してください。LDACに対応している機器が必要です。
※3:Bluetooth A2DPのSBC 328kbps、44.1kHz時。
※4:2021年6月9日時点、ソニーの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホンとして。
※5:DSEE Extremeは“Sony | Headphones Connect”アプリから機能を有効にすることで使用可能です。DSEE Extreme ON時にCD音源やMP3などの圧縮音源をSBC/AAC/LDACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張(再生機器の仕様によっては圧縮音源をLDACで伝送する場合でもDSEE Extremeが無効になる場合があります)。
※6:ケース充電を含む。コーデックはAAC。ノイズキャンセリング機能ON。DSEE Extreme/イコライザーOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時。
※7:コーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON時、DSEE Extreme/イコライザーOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時。
※8:本体のみ。本機の音導管(音出口の筒部)、通気孔、マイク穴(2か所)を除く。

関連する記事一覧はこちら