『イースIX』でアドルは漂流しない? シリーズ作品の冒険の始まり方を追う!【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 日本ファルコムの人気シリーズ最新作『イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)』が9月26日に発売! 電撃PSでは応援企画として、『イース』シリーズを振り返りつつ、ゲームの気になるあれこれを紹介していきます!!

 第3回目となる今回は、アドルの冒険の地への到着の仕方を総ざらい! そこから、『イースIX』の舞台である《監獄都市》バルドゥークに到着するときのシチュエーションを大胆予想する!!

パターン1:漂着

 アドルの代表(?)ともいえるのが、この漂着パターン。海岸などに漂着し、その後、病院や現地の民家で目を覚ますことが多々ある。そのときに、それまで持っていた武器を失くしてしまうことも!? 以下では、漂着パターンの作品をチェックしよう。

『イース Ancient Ys Vanished Omen』

 最初の漂着は『イースI』。エステリアのウワサを聞いたアドルは、好奇心を抑えきれず、嵐の結界により行き来が不可能と言われたエステリアに小舟で漕ぎ出す。結局、嵐に巻き込まれて船は転覆するものの、彼は嵐を超えてエステリアの浜辺へ。

『イースII Ancient Ys Vanished The Final Chapter

 厳密には漂着とは違うけれども、“イースの本”の力で天空のイースに飛ばされてきたということで、漂着パターンに。空から落下してきたところを、リリアに助けられる。

 最終決戦前に地上にいたルタ=ジェンマがクレリアシールドを持ってきたことを考えると、ダームの塔で装備していたクレリア銀製の武具は、アドルが飛ばされた拍子に落っことしてしまったようだ。

『イースVI -ナピシュテムの匣-』

 アドルの故郷のあるエレシア大陸からはるか西方に海に位置する“カナンの大渦”の中にある島が舞台となる『VI』では、ロムン帝国の海軍の攻撃を受けて海賊船から落下しそうになったテラを助けようとして、逆にアドルが海に転落する。

 大渦に巻き込まれて、その内部にあるカナン諸島に漂着し、浜辺でオルハとイーシャの姉妹に助けられる。治療を受けていたベッドの枕元に鎧や剣が置かれており、大渦に巻き込まれながらも、アドルは武器を手放さなかった模様。

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』

 サンドリアからエレシア大陸へ渡る定期船に乗っていたところ、“永遠に呪われた島”と呼ばれるセイレン島付近でオケアノスという巨大な古代種の襲撃を受ける。乗客を守るためにアドルは戦いを挑むものの、オケアノスの攻撃で船は転覆し、彼は海の中へ。

 次に気づいたときにはセイレン島へ流れ着いていた。なお、海に落ちた際、“幻の都ケフィン”で手に入れた“イシオスブレード”を失くしてしまう。

パターン2:無事に到着

 何ごともなく、無事に目的地に到着するパターン。到着自体で考えるといくつかのシリーズは無事に着いているが、ハプニングが起きなかったことは少ない。ここでは、何ごともなかったパターンを紹介!

『イースIII WANDERERS FROM Ys』&『イース -フェルガナの誓い-』

 ドギとともにグリア地方とガルマン地方の間にあるフェルガナ地方に訪れる。

 『イースIII』では、レドモントの街の入り口から普通に到着。『フェルガナの誓い』では、小舟で船着き場に渡り、レドモントの街へ向かう。このとき、魔物に襲われたエレナを助けるが、アドル自体には何も起こらなかった。

パターン3:記憶喪失

 こちらは複合パターン。滝からの落下に加え、セルセタの樹海奥のハイランドにかけられた記憶操作の効果により、アドルが記憶を失くしてしまう。漂着の特殊パターンとも言える。

『イース セルセタの樹海』

 アドルが記憶を失くし、辺境の街キャスナンをふらついているところからスタート。宿屋で彼が休んでいると、デュレンに声をかけられ、流れで坑道に出現した魔物を撃退することに。

 アドルは失くした記憶を取り戻すため、またグリゼルダから依頼されたセルセタの樹海の地図を作成するため、樹海に足を踏み入れていく。

 じつはアドルは、相棒のドギとイースの医師・フレアとともに最初は無事にセルセタに到着していた。だが、フレアを見送りにドギがエステリアに戻っている間に、アドルは1人で樹海を探索。そこでハプニングに遭遇し、記憶を失くすことになる。

パターン4:因縁をつけられる

 現地には無事に到着するものの、因縁をつけられて捕まりそうになったり、実際に捕まってしまったり……そんな巻き込まれ型の展開も存在。そんな2作品をチェック!

『イースⅤ 失われた砂の都ケフィン』

 アフロカ大陸の玄関口であるサンドリア。定期船でこの地を訪れたアドルは、港口から街に入るところで治安部隊の兵士に怪しいとからまれ、人気のない路地裏に連行されてしまう。そこに部隊をまとめるリジェが現れて兵士たちを止めたことで、アドルは事なきを得る。

『イースSEVEN』

 アフロカ大陸の北西に位置するアルタゴ公国。ロムンとアルタゴの停戦条約が結ばれ、エレシア大陸方面からの行き来が可能になったことで、アドルはドギとともに商船に乗せてもらい、この地にやって来る。

 何の問題もなくアルタゴ公国の港に到着するものの、街の中心にある広場でハプニングが発生。港で花をくれた少女マヤと姉のティアが、竜騎士団のラウドたちにからまれている現場に遭遇する。

 これを見過ごせないアドルは止めに入るが、ロムンのスパイの容疑をかけられ、牢屋に入れられてしまう。

 ちなみに、このときに着用していた装備品一式は竜騎士団に没収。後に、竜騎士団のサイアスから、“竜気”が宿るアルタゴの武器がもらえる。

『イースIX』ではどうなる?

 このように、大きく4パターンに分かれる、アドルの冒険の地への到着の仕方。果たして、最新作の『イースIX』ではどんな展開が待っているのか? 

 ちなみに、全体を見てみると、ドギと一緒にいるときは、無事に現地に到着していることが多い。『イースIX』でもアドルはドギと行動をともにしているようなので、バルドゥークには無事に着けそう。

 ただし、ロムン帝国には目をつけられているため、タダではすみそうにない。牢屋にいるシーンがあることを考えると、パターン4のようにロムン兵に見つかり、因縁をつけられて牢屋に入れられるのかも……? 

 本作の限定版"数量限定コレクターズBOX"に同梱される特典小説『イースIX 前日譚 ~亡失の竜剣~』では、アドルがバルドゥークに来る直前に体験した、"カリオシリオン"(『イースSEVEN』の最強武器)にまつわる物語が描かれるとのこと。気になる人は、コレクターズBOXも要チェックだ!

『イースIX』電撃スペシャルパックも要チェック!

 ただ今、電撃屋にて『イースIX –Monstrum NOX-』電撃スペシャルパックの予約を実施中! 特典には『イースI』『イースII』の2作品でキーアイテムとなる“銀のハーモニカ”を再現した実際に吹けるハーモニカや、怪人《白猫》を『イースVIII』のダーナ風衣装に変更できるDLCなど、ファンには見逃せないグッズが満載! 数がなくなりしだい予約終了となるので、気になる人は急いで予約を!!

 詳しくは電撃屋をチェック!

(C)2019 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 価格: 7,800円+税

イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)数量限定コレクターズBOX

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 価格: 9,800円+税