『ロストジャッジメント』玉木宏さん、光石研さんのインタビュー映像を公開

電撃オンライン
公開日時

 セガは、9月24日発売予定のPS5、PS4、Xbox Series X|S、Xbox One用ソフトウェア『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』について、物語の主要キャラクターを演じる玉木宏さんと光石研さんのインタビュー映像を、YouTubeで公開しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

玉木宏氏、光石研氏のインタビュー映像を公開!


 神室町の半グレ集団「RK」のリーダー・相馬和樹役を演じた玉木宏氏と、事件の鍵を握る警視庁巡査長・江原明弘役を演じた光石研氏のインタビュー映像を本日公開しました。

 ゲームに登場することについてや、収録の感想など、ここでしか聞けないお話が楽しめる内容となっておりますので、ぜひご覧ください!


■『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』玉木宏 インタビュー映像

■『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』光石研 インタビュー映像

玉木氏、光石氏が演じるキャラクターを改めて紹介!

神室町の半グレ集団「RK」のリーダー 相馬 和樹(そうま かずき)

出演:玉木 宏(たまき ひろし)

「痛めつけても意識はしっかり持たせる。恐怖って意識をな……」

 「RK」という半グレ集団を立ち上げ、神室町の裏社会掌握の隙をうかがうリーダー。

 数年前に姿を消した極道組織・東城会の空席がいまだ埋まっていない神室町で、相馬の「RK」はすでに裏社会の覇権争いに名乗りをあげている。

 かつては自身も東城会の組員であり、「躊躇ない暴力」と「嘘を見抜く目」とで、極道としての将来を期待された若き幹部候補だった。


警視庁巡査長 江原 明弘(えはら あきひろ)

出演:光石 研(みついし けん)

「3日前に、横浜の廃ビルから死体が出てきたはずです。その死体の主は御子柴弘といいます。彼は4年前……私の息子を自殺に追いやった……万死に値する人間です」

 交番勤務の現役警察官だったが電車内で痴漢を働き、逃走中の新宿駅ホームで現行犯逮捕された。往生際悪く暴れ、周囲に悪態をつく姿が広く日本中のお茶の間へ報道されたことで世論は炎上。

 猛烈なバッシングを受け、2か月後の法廷では有罪を言い渡される。が、そのとき江原は、ある若者が腐乱死体として横浜で発見されたはずだと裁判長に笑いかけた。

 その死体の主は4年前に江原の息子を自殺に追いやった「万死に値する」という相手で、ちょうど江原が痴漢で逮捕された日に殺されていた。つまり、強烈な殺人の動機を持つ江原だが、そのアリバイは法廷の出した「痴漢の有罪判決」によって証明されているのだった。


©SEGA

関連する記事一覧はこちら