『アイドリープライド』兵藤雫役の首藤志奈さんにインタビュー。夢は大きく映画化!

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 サイバーエージェントグループとミュージックレイン、ストレートエッジが協力して、メディアミックスで展開していく大型アイドルプロジェクト『IDOLY PRIDE(アイドリープライド)』

 アプリの配信も6月24日に決定し、ますます盛り上がりをみせる本作について、月のテンペストとサニーピースのキャストにインタビューを行いました。

 本記事では兵藤雫役の首藤志奈さんへのインタビューをお届けします。

兵藤雫プロフィール

 根暗なアイドルオタクで、基本的には影を潜めている。

 しかし、ことアイドルの話になると饒舌になる。

 年上の古参ファンからも一目置かれるような、アイドルオタク界では有名人。

身長 150cm
体重 40kg
スリーサイズ B77・W57・H79
誕生日 10月15日(16歳)
趣味 ヲタ活、海釣り
出身校 公立 光ヶ崎高等学校

サニーピース

 太陽のような眩しさで観客を自然と笑顔にする、光溢れるアイドルグループ。

 「明るく楽しい」点に注目が集まりやすいが、川咲さくらの歌唱力、一ノ瀬怜のダンススキルといった実力面での評価も高い。

 アイドル歴が長く安定感を高める佐伯遙子、守りたくなるようなキュートさが魅力の白石千紗や、豊富なアイドル知識を武器にする兵藤雫など、それぞれの個性がより魅力を高めている。

 昼を司る太陽の光は、どんな空でも明るく照らす。

まだやっていないメディアミックスは……

――あらためて『IDOLY PRIDE』とはどのような作品になっているのでしょうか。

 新人アイドルたちが、それぞれのプライドを胸に頂点を目指すという物語です。

 “VENUSプログラム”という、AIの判定で実力をランキング化されるシステムの下で、たくさんのアイドルたちが競い合うんです。

 華やかなステージ上の姿だけではなく、アイドルたちが抱えている辛い過去や苦悩など、裏側の要素もあります。

――首藤さんが演じる兵藤雫はどのようなキャラクターでしょうか。

 ツインのお団子ヘアでジト目の子です!

 星見プロダクションのメンバーの中では一番奇抜というか、原宿系で派手な容姿をしています。

 性格は根暗で寡黙。

 でもアイドルの話となると、急に饒舌になったり異様にテンションが上がるというギャップを持っています。

 生粋のアイドルオタクです!

――兵藤雫のここを見てほしいといったポイントなどがあれば教えていただけますでしょうか。

 やっぱりライブシーンの表情です!

 雫ちゃんは笑顔が苦手で、そのせいで辛い過去を抱えていたり自信を持てずにいます。

 それでも、今まで大好きなアイドルにもらってきた勇気を、今度は自分が届けたいと頑張る姿をぜひ見て、応援していただけたら嬉しいです。

――首藤さんから見た月のテンペストとサニーピースはどのようなグループでしょうか。

 サニーピースは太陽、月のテンペストは月を象徴しているように、楽曲や衣装、全てにおいて正反対のテーマをもったグループです。

 それぞれの楽曲を聴いてみて感じたのは、サ二ピはポジティブなエネルギー全開で、前へ前へと引っ張っていってくれるイメージです。

 反対に月ストは、たまには立ち止まってもいいんだよと、優しく寄り添ってくれるイメージで、どちらのグループも違った良さがあります。

――先日、アニメ放送が終了しましたが、反響や感想などを教えていただけますでしょうか。

 あっという間でした!

 放送をリアルタイムで視聴しながら、サニピのキャストのグループLINEで感想をやりとりするというのが週に1度の恒例行事になっていたので、最終回を迎えた次の週はちょっとだけ寂しかったです。

 少し時間が経った今は、早くゲームがやりたい!!(笑)。

 アニメでのストーリーを踏まえつつ、ゲームではまたより深くアイドルたち1人1人のことを知ることができるかなと思うので、とても楽しみです。

――『IDOLY PRIDE』はアニメやアプリなどさまざまなメディアミックスを行っていますが、それ以外でやってみたいことはありますでしょうか。

 逆にやってないのなんだっけ? と思うくらい、本当にさまざまなメディアミックスを取り入れているかと思うんですが、もう残されているのは映画化! じゃないでしょうか! 夢は大きく!

 楽曲制作に携わっていただいている利根川貴之さんに、『Pray for you』の楽曲収録の際に曲のイメージを聞かせていただいたんですが、アニメの終わり、そして始まりの物語としてもしも映画館でこんな風に流れたらエモーショナルですよね!! というお話をしたことを思い出しました。

――『IDOLY PRIDE』はアイドルをテーマにしており、さまざまなタイプのアイドルや楽曲があると思います。その中で好きなキャラクターや楽曲について教えていただけますでしょうか。

 どの子を推しにしようというのは常に考えてはいるんですが、みんなそれぞれに魅力があって中々決まりません(笑)。

 アニメを見た段階では、佐伯遙子さんが一番気になりました!

 アニメ内で深くは描かれてはいませんが、事実だけを見ると遙子さんって、きっと悔しくて屈辱的な思いをしてきていると思うんです。

 だけどそんな要素を一切感じさせないところが本当に愛おしくて……!

 星見プロのメンバー内でギスギスしたできごとがあったときも、遙子さんって唯一動じていないんです。

 それどころか周囲を気遣える余裕と優しさを持っていて、憧れの女性です!

 そして一番好きな楽曲は『song for you』です!

 仮歌をいただいた段階では作曲してくださった方を知らなくて、ずっと気になっていたのを覚えています。

 さかいゆうさんだと分かったときは本当にびっくりしましたし、嬉しかったです。

 Twitter限定で公開された長瀬麻奈バージョンの音源もとても素敵でした!

――まもなく、アプリ版が配信予定となっていますが、注目してほしいポイントなどがあれば教えていただけますでしょうか。

 アプリ版では、なんと担当アイドルから電話がかかってくるんです!

 ゲームのプレイ中はもちろんですが、プレイしていない時間でも、アイドルからのメッセージの通知がきたりと、アイドルをよりリアルに感じられる要素に注目してほしいなと思います。

――収録時のエピソードがありましたら教えていただけますでしょうか。

 雫ちゃんは自分から発言する方ではないので、アニメでも受け身的なセリフが多いのですが、その分ガヤやアドリブ台詞がある際は、実は結構好き勝手にやらせていただいてるんです(笑)。

 最終回の収録後に、スタッフさんからお花とメッセージカードをいただいたのですが、そのカードに「アドリブ台詞に元気づけられました」と書いていてくださっていたことがものすごく嬉しかったです。

 細かい部分まで見ていてくださっているんだなと、びっくりしましたし、今でも励みになっています。

――アニメでは、グループの結成からNEXT VENUSグランプリまでが描かれていましたが、アプリ版ではどのような物語が展開されるのでしょうか。

 アニメで描かれたストーリーのその先が描かれています。

 アニメの最終回のタイトルは『サヨナラから始まる物語』でしたが、まさにアニメでの物語は、終わりでもあり始まりなんだということがゲームのストーリーからよく分かります。

 まったく予想していなかった出来事が次々に起こるので、私も台本を読んで衝撃を受けることが多いです。

 またアニメでは描き切れなかった、アイドル1人1人にスポットをあてたストーリーも展開されています。

 知られざる一面や意外な過去を見ることができるので、より深くアイドルたちのことを知ることができます!

――最後にファンの皆様に一言お願いします。

 『IDOLY PRIDE』を応援してくださっている皆さん、いつもありがとうございます!

 アニメもライブも、そしてアイドルも、観客の皆さんがいて初めて成り立つものなので、楽しんでくださっている皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 皆さんが楽しんでくださることが、一番の励みです!

 私も兵藤雫ちゃんとして、作品をたくさん盛り上げられるよう頑張るので、これからもよろしくお願いします!

© 2019 Project IDOLY PRIDE

関連する記事一覧はこちら