梶裕貴さんインタビュー。メリオダスとゼルドリスの“兄弟らしい”姿にグッときました!【劇場版 七つの大罪 特別企画1】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 7月2日(金)より『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』が公開されます。

 原作者・鈴木央先生が描き下ろした、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた【完全新作オリジナルストーリー】が楽しめる本作。完結を迎えたはずの“七つの大罪”の物語が、まだ誰も見たことのない壮大なスケールで、再びスクリーンで甦ります。

 本作の公開を記念して、主要キャラクターを演じる声優さんたちへの特別インタビューをお届け! ついに完結したTVシリーズのふりかえりや、公開が間近に迫った劇場版の見どころなど、ファンなら聞き逃せないお話を語っていただきました。

 第1回目は、メリオダス/ゼルドリス役の梶裕貴さんへのインタビューです!

メリオダス/ゼルドリス役
梶裕貴さんインタビュー

Q:ご自身が演じられているキャラクター(メリオダス)の好きなところを教えてください。

 常識で考えれば、到底どうにもできないであろうことにも「絶対にあきらめない」というメンタリティで抗い続けているメリオダスは、とてもかっこよく映りました。

 だからこそ……物語中盤以降、仲間たちに本音を漏らすようになったメリオダスの姿には胸が締めつけられましたね。

 叫んだり涙したり……そういった弱さが垣間見えるシーンに惹かれます。隠しているはずの“不完全”が滲み出れば出るほど、人間の心は揺さぶられるのだろうな、と。

Q:TVシリーズを振り返り、ご自身が演じられたキャラクター(メリオダス)のベストシーンを教えてください。

 各シリーズのクライマックスですね。なかでも『七つの大罪 戒めの復活』第8話“ドルイドの聖地”で、メリオダスが封印された力を取り戻すために過去と向き合う、辛く苦しい試練に挑んだエピソードでは、愛するエリザベスを目の前で失う哀しみを何度も何度も味わったので……演じている僕もとても辛かったです。

 エリザベスの存在が、どれだけメリオダスにとって大きいのか。それが切実に伝わったドラマだったのではないかと思います。

Q:もうすぐ公開される劇場版の見どころを教えてください。

 原作を読んでいて「この伏線は一体いつ回収されるんだろう?」と気になっていた最高神やダリア、ダブズといったキャラクターたちが満を持して登場する物語なので、原作ファンの皆さんにも間違いなく満足していただける内容になっていると思います。

 そして個人的な推しポイントは、メリオダスとゼルドリスの共闘ですね! ようやくわだかまりが解けた彼ら2人の“兄弟らしい”やり取りが見られたのがすごく嬉しかったです。

 メリオダスはもちろん、作品ファンの皆さんにとっても、きっと胸があたたかくなる描写がつまっていると思います。

Q:劇場版でメリオダスとゼルドリスの2役を演じられるにあたって、工夫された点や苦労された点は?

 メリオダスとゼルドリスは声質が大きく違うということもあり、技術的な演じ分けでの苦労はそこまで感じませんでした。とはいえ、メインキャラクター2役を同時に演じるという物理的、体力的なハードルはかなりありました(笑)。

 けれどその分、本編では敵対するような関係性で描かれ続けてきた2人が、様々な障害を乗り越えた先に初めて見せた“兄弟らしい姿”にはグッときましたね。

 今回は1日目にゼルドリス、2日目にメリオダスと、2日に分けての収録だったので、メリオダスを演じる際は、前日に収録したゼルドリスの声を聴きながら、自分の声に対して掛け合いの芝居をしたので……どこか不思議な感覚でした。自分の声を客観的に聴くというのは、なかなか高度なスキルが必要でしたね(笑)。

Q:劇場版ではこれまでのゼルドリスとは違った一面が見られるとのことですが、演じられていかがでしたか?

 むしろ本作で描かれているゼルドリスこそ、彼の本質なんじゃないのかな、と。愛する者を守るために、ずっと自分を隠して戦わなければならなかったゼルドリスが、その呪縛から解かれて、ようやく本当の自分でいられるわけです。感慨深いですよね。

 今回の劇場版では「ゼルドリスってこんなにかわいいヤツだったんだ……!」と思わずにはいられないシーンが、冒頭から山ほど出てきますし、ゲルダに翻弄される彼の様子を存分に楽しんでいただけるかと思います!(笑)


© 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

関連する記事一覧はこちら