エスカノール役・杉田智和さんインタビュー。好きなもの、敬意を寄せるものへの誠実さは尊敬します【劇場版 七つの大罪 特別企画9】

電撃オンライン
公開日時

 7月2日(金)より『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』が公開中です。

 原作者・鈴木央先生が描き下ろした、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた【完全新作オリジナルストーリー】が楽しめる本作。完結を迎えたはずの“七つの大罪”の物語が、まだ誰も見たことのない壮大なスケールで、再びスクリーンで甦ります。

 本作の公開を記念して、主要キャラクターを演じる声優さんたちへの特別インタビューをお届け! ついに完結したTVシリーズのふりかえりや、公開が間近に迫った劇場版の見どころなど、ファンなら聞き逃せないお話を語っていただきました。

 最後となる第9回目は、エスカノール役の杉田智和さんへのインタビューです!

エスカノール役
杉田智和さんインタビュー

Q:ご自身が演じられているキャラクター(エスカノール)の好きなところや、自分と似ているところなどがあれば教えてください。

 好きなもの、敬意を寄せるものへの誠実さは尊敬します。

 自分が似てるとは思っていません。

Q:TVシリーズを振り返り、ご自身が演じられたキャラクター(エスカノール)のベストシーンを教えてください。

 出演者がベストを決めるなどおこがましい。

 皆自分の中のベストを想い、大切にすれば良いのです。

Q:エスカノールは昼と夜で性格や強さが激変しますが、演じ分け等で意識されている点はありますか?

 声色を変えるだけが技術ではないと捉えています。

 彼が今何を見据えているのか、どんな相手と接しているのか。

 時間によって見た目は変化しますが、それ以上に考える事は多かったです。

Q:文字通り完全燃焼して生涯を閉じたエスカノールですが、彼の最後に言葉を贈るとしたら?

 直接言いたいので心に閉まっておきます。

  • ※写真はTVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』のものです。© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

© 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

関連する記事一覧はこちら