『Vivy』は2021年屈指の名作アニメ! 今からでも見てほしいのでレビューを書きました

セスタス原川
公開日時
最終更新

 4月の放送開始から大きな反響を呼び、6月に最終回を迎えたアニメ『Vivy -Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ -フローライトアイズソング-)』。みなさんはもうご覧になりましたか?

 『vivy』は近未来を舞台にした人とAIが織り成す物語です。タイトルにもあるように現時点でも今年屈指の作品だと思いましたので、まだ見ていない人、知らなかった人に向けて、第1話のレビューをお届けします。

100年を旅する歌うAIの物語

 本作は『Re:ゼロから始める異世界生活』の作者・長月達平さんと、『リゼロ』のアニメで脚本を手掛けた梅原英司さんが再びタッグを組んで、原案小説から制作するという非常に力の入ったオリジナルアニメ作品です。

 歌でみんなを幸せにするという使命のために作られた“ニーアランド”というテーマパークで歌う自律人型AIのヴィヴィ。ある日彼女の元に、マツモトと名乗るAIが現れます。

 マツモトは100年後の未来から来たと語り、100年後に起こるAIと人間の戦争を止めるため、ヴィヴィに協力を仰ぐのでした。

 本作の特徴は、AIという無機質な存在が、人間や他のAIと出会うことで生まれてくる色濃いドラマにあります。

 作中では“心を込めて歌う”ことを目指すヴィヴィが、戦争を止めるための100年の旅の中で、さまざまな考えに出会い、影響を受け、その答えのヒントを少しずつ得ていきます。

 作品のジャンルとしては、心を込めることの意味を追いかけるAIモノ、間違った未来を正すというタイムリープモノ、そして歌に気持ちを込めるという歌モノという、3つのジャンルの合わせ技です。

 どの要素も作中で重要な要素となっており、それぞれのジャンルの良いところが抽出され絶妙なバランスで組み合わさっています。

物語はショッキングなAI戦争からはじまる

 第1話の冒頭は、人によって作られたAIが人々を虐殺しているというショッキングなシーンからスタート。凄まじいインパクトを視聴者に与えます。

 その中でも、人が居なくなって荒れ果てたステージを拍手で盛り上げているAIは、彼女らが機械的かつ事務的に人を殺し、それに対して何も感ない様子を表現しており、AIだからこその不気味さを感じます。

 戦争が起きてしまったのは、人間とAIの間に少しずつ亀裂が生まれ、大きくなっていったことが原因。松本博士は、100年間の間に起きたターニングポイントとなる事件が起きる”シンギュラリティポイント”の修正をマツモトに託します。

 松本博士がマツモトの送り先に指定したのは、100年前から現在までボディが存在し続けている“人のために歌うAI”のヴィヴィの元でした。

 第1話では、AI人権法案の可決を目指す議員の暗殺事件が発生。ヴィヴィは、突如現れたマツモトに彼の救出を求められます。

 いきなり100年後の世界の話をされても信じることができないヴィヴィでしたが、目の前で危機が迫っている人を見捨てることができず、事件現場に向かって走り出すのでした。

AIでも人間味のあるキャラクター

 本作に登場するAIはしっかりと感情を持っているので、それぞれに性格や言葉遣いが特徴として人間のように備わっています。

 ヴィヴィは物静かで感情を表に出さない、AIらしい機械的なタイプですが、それでも内には歌に対する熱い気持ちと、人々を思いやる優しい心を持っています。

 「歌でみんなを幸せにする」という漠然とした使命のために歌い続けていますが、その人気は鳴かず飛ばず……。心を込めて歌うことを目標としていますが、その明確な答えを見つけられずにいます。

 ヴィヴィを演じる種﨑敦美さんの、無感情のように聞こえる声と彼女の内なる気持ちを見事に両立したお芝居は素晴らしく、ヴィヴィというキャラクターをさらに魅力的に、深みのあるものに見せてくれます。

 ヴィヴィの元にやってきたマツモトは、彼女とは対照的に皮肉を言ったり、冗談を言ったり、まるで人間のような口調で喋るAIです。

 ヴィヴィと出会った時代には本来のボディが存在していないので、機械ぬいぐるみの中にデータとして入り込み、そのボディで活動しています。その態度の反して小さい身体のため、ヴィヴィの扱いの雑さに苦言を呈するなど、ヴィヴィとマツモトの絡みではユーモア溢れるシーンが多くあります。

 マツモトのセリフは、畳みかけるようなマシンガントークが特徴。とんでもない文量のセリフを早口でしゃべるシーンは、速度もすごいのですがその中にもしっかりとコミカルさがあり、福山潤さんの技術の高さに聞き入ってしまうこと間違いなしです。

 第1話以降にも、さまざまな使命を持って作られたAIが登場します。どのAIも使命に誇りを持って行動していますが、それ故にある問題を抱えており、中にはシンギュラリティポイントに大きく影響していることも……。



正反対の2人は未来を変えられるのか?

 優しさを持つヴィヴィは、出会う人もAIも全員に幸せになってほしい。しかし世界を救うためには、何かを切り捨てなくてはならない……。ヴィヴィはこれから100年間の茨の道を歩むことになるのです。



 2人の関係性も第1話の序盤から終盤で変化が見られます。最初は「歌でみんなを幸せに」という言葉だけ口にしていたヴィヴィも、マツモトの言葉をきっかけに、本当にみんなの幸せの手助けをするには何をするべきかを考え始めます。

 まだ完全に同じ方向を剥いているわけではありませんが、第1話でひとまずは協力関係になったヴィヴィとマツモト。ここから100年に渡る2人の長い旅が始まるのです。「100年って……どんなふうに描いていくの?」と気になった方、ぜひご覧になってみてください。

 第1話以降は、泣けるヒューマンドラマもあり、手に汗握るアクションシーンあり、あっと驚く展開ありと、アニメの面白い要素が盛りだくさんの『vivy』。回を増すごとに引き込まれていく内容になっているので、まだ未視聴の方はぜひこの機会にご覧ください!

BD・DVD『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』第1巻

■発売日:2021年6月30日
■価格:Blu-ray 7,700円(税込)/DVD 6,600円(税込)

【収録話数】
・1話「My Code -歌でみんなを幸せにするために-」
・2話「Quarter Note -百年の旅の始まり-」

【完全生産限定版特典】
■三方背スリーブケース
■キャラクターデザイン:高橋裕一描き下ろしデジジャケット
■特典CD
・オリジナルドラマ『Present for You』
 ヴィヴィとモモカの出会いを描いた書き下ろしストーリー
・オリジナルキャラクターソング「Present for You」 ヴィヴィ(Vo.八木海莉)
■脚本集(1話・2話・オリジナルドラマCD)
■特製ブックレット
■音声特典
・1話 スタッフオーディオコメンタリー
 (シリーズ構成・脚本:長月達平×梅原英司)
・2話 キャストオーディオコメンタリー
 (ヴィヴィ役:種﨑敦美×マツモト役:福山潤)

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

関連する記事一覧はこちら