WEB無料連載→小説版の書籍化→コミカライズ→次は…ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテの声が聴きたい!

電撃オンライン
公開日時

 『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』(著:恵ノ島すず/イラスト:えいひ/カドカワBOOKS刊)の小説版最終第2巻が8月9日に発売されます。価格は1,200円+税です。

 また、10月15日までの期間、完全書き下ろしボイスドラマを作成するプロジェクト“ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテの声が聴きたい!”がクラウドファンディングサービス“Makuake(マクアケ)”で実施されています。

『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』シリーズ紹介

 本作は、小説投稿サイト“小説家になろう”で2018年8月から掲載され、本編の連載期間は3カ月弱という短い期間ながら、現在までに累計約1,000万PVを突破している人気作です。

 2019年4月にカドカワBOOKSより小説版の1巻が発売され、6月からは逆木ルミヲさんによるコミカライズ版が連載スタートし、大反響を呼びました。

あらすじ

 乙女ゲーム『マジカルに恋して(まじこい)』に登場するツンデレな女の子・リーゼロッテは、婚約者である王太子・ジークのことを一途に想い続ける侯爵令嬢です。

 しかし、自分の気持ちを素直に言えない性格のせいでジークとのすれ違いが続き、シナリオ上は“魔女に心を乗っ取られ怪物になって死ぬ”という破滅を宿命づけられています……。

 そんなリーゼロッテのことが大好きな高校生2人組のゲーム実況が、ジークにだけ聞こえるようになるところから本作は始まります。

 「私たちの実況と解説でジークをうまく誘導できれば、このゲームで必ず非業の死を遂げるリーゼロッテの命を救えるんじゃ……!?」

 ゲーム実況で大好きなキャラのバッドエンドを回避できるのか!!

 “乙女ゲーム”דゲーム実況”――2つの世界をまたにかけた、前代未聞の破滅エンド脱出ラブコメがここに開幕!

ボイスドラマ化クラウドファンディング企画

 本シリーズの小説版は、WEB版に加筆・改稿を重ねて、8月9日に発売される2巻をもって完結を迎えますが、逆木さんによるコミカライズ版の連載がスタートし、ニコニコ静画では1週間で1,300以上のコメントが寄せられるなど、多くの読者から好評の声が上がっています。

 作品に対する声援を受け、読者・ファンとともに、一緒に形になるものを残したいという思いから、クラウドファンディングのプロジェクトとしてボイスドラマ化の企画が実施されることになりました。

 なお、本プロジェクトの進捗はプロジェクトページの活動レポートで随時公開されます。

“ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテの声が聴きたい!”概要

リターン:ボイスドラマCD

 完全新規ボイスドラマ2本に加え、ボーナストラックとして“リーゼロッテからのお礼ボイス”を収録したCDです。

リターン:限定小冊子[Fan Disc]

 今回のために作成されたB6サイズ/48ページ想定の小冊子です。

 恵ノ島さんによる小説版未収録エピソード、えいひさんのキャラクターデザイン資料、逆木さんによる描き下ろし漫画などを収録予定です。巻末には5,000円以上支援した人の希望の名前で掲載されます。

リターン:複製サイン色紙

 小説版イラスト担当のえいひさんが本プロジェクトのために描き下ろした告知イラスト、恵ノ島さんとえいひさんのサインが印刷されたミニサイズ複製色紙です。

リターン:ボイスドラマ上演台本(恵ノ島さん直筆コメント付き)

 完全新規エピソードとなるボイスドラマ2本分の台本です。製本された状態で届き、恵ノ島さん直筆のお礼コメントも付いてきます。

※上記はリターン品の一部です。コースに応じてリターン品の内容が変わります。どのコースで何がもらえるかはプロジェクトページをご確認ください。
※本企画に関して、著者・イラストレーター・漫画家への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

支援金の使い道

 支援金は、支援者と作る『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』ボイスドラマをはじめとしたリターン品の制作費として使用されます。

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019
(C) Makuake, Inc. All Rights Reserved.