『ときメモGS』ときめき体育祭12日夜の部をレポート。森田成一さんはPTA&来賓として参加!?

電撃オンライン
公開日時

 6月12、13日に開催された“ときめきメモリアル Girl’s Side DAYS 2021 ときめき体育祭”。その12日夜の部の様子をレポートします。

 “ときめき体育祭”は、みんなで観て、参加するという合同体育祭。2020年に延期となっていたイベントの振替公演で、無観客配信イベントとして改めて開催となりました。

 『ときめきメモリアル Girl’s Side』シリーズから合計12人の男の子が、4チームに分かれてプログラムに参加しました。

ゲストは佐伯瑛役の森田成一さん

 夜の部のゲストは、『ときめきメモリアル Girl’s Side 2nd Kiss』佐伯瑛役の森田成一さんです。

応援で勝敗が決まる体育祭開幕

 体育祭に参加するそれぞれのチーム名は、メンバーにちなんだものになっていました。各校に通っている生徒ならクスッと来ること間違いなしです。

 12日夜の部は“セイルフィッシュ”の佐伯瑛くん、志波勝己くん、“チームブラック”の桜井琥一くん、紺野玉緒くんがメインの物語になっていました。

 超高校級のスポーツマンである志波くんを意識する琥一くんなど、作品の垣根を越えた掛け合いが見られるのは、合同イベントだからこそ。


 男の子に加えて、実行委員会としてサポートしてくれる氷室零一先生、若王子貴文先生、大迫力先生が生き生きと描かれていました。

さまざまな競技が盛りだくさん

 体育祭のプログラムは“開会式”から始まり、“100メートル走”、“フォークダンス”など、シリーズおなじみの種目も含む盛りだくさんの内容となっていました。

 視聴者は、応援(ギフティング)を送ることができ、1番声援を多く集めたチームが勝利となる、観客参加型となっています。

 男の子から観客へのアピールがあり、競技中はたくさんの応援とコメントが飛びかっていました。

 “100メートル走”には、運動に自信があるメンバーが集結。熱い対決を見ることができました。

 “玉入れ”では、各チームの作戦が光ります。ちょっと変わった作戦もあり、目が離せませんでした。

 そして、“チームリレー”は総合力が問われるというもの。白熱の勝負で、大盛り上がりでした。

スタジオや映像で応援コメントを披露

 森田さんは、最初の挨拶で来賓兼PTAとしてきたことを宣言! また“PTA”の文字を使って、佐伯くんにちなんだ“あいうえお作文”を披露しました。

 また、イベントの中では、志波勝己役の中井和哉さん、桜井琥一役の諏訪部順一さん、紺野玉緒役の千葉進歩さんからは映像メッセージが届き、大会に参加するメンバーに熱い応援を送る姿も印象的でした。

 “ランチタイム”&“フォークダンス”では、チーム内の交流の様子を確認できました。

 好きな物がいっぱい詰まったお弁当に喜んだり、ダンスのパートナーになってドキドキしたり、甘酸っぱい青春の1ページをのぞくことが可能。

 そして、“フォークダンス”には、なんと先生たちも登場しました。

 閉会式では、若王子先生から「帰るまでが体育祭」というお約束のあいさつが! その言葉通り、帰り道には同じチームの男の子とのときめく時間が用意されていました。


 イベントの最後には『ときめきメモリアルGirl’s Side 4th Heart』の情報が公開されました。

 当日の様子はネット配信されています。視聴チケットは6月26日まで販売されており、アーカイブは6月27日18:00まで配信されています。

 詳細はイベント紹介ページを確認のこと。

©Konami Digital Entertainment

関連する記事一覧はこちら