今から始める『ポーカースタジアム』。対人戦で勝利すれば相手を飛ばす快感を味わえる

セスタス原川
公開日時

 アーケードゲーム『ポーカースタジアム』の魅力を2回に渡って、紹介していきます。

 『ポーカースタジアム』は、力と駆け引きで戦う究極の心理戦“テキサスホールデム・ポーカー”を題材としたアーケードゲーム。臨場感溢れる“テキサスホールデム・ポーカー”をゲームセンターで楽しめます。

 前回はゲーム内容と見どころを紹介しました。今回の記事では、実際にプレイした感想や魅力をお伝えしていきます。

思考中の手の動きまで再現!

 ポーカーに関しての筆者の知識は、ルールを知っている程度。そこで今回は、まずは基本的なルールを1人で学べるCPU戦で操作説明を学び、その後に各地のプレイヤーとオンライン対戦ができる全国対戦をプレイしました。

 操作はタッチパネルによる入力で行います。フォールドの際にはカードを画面奥に「シュッ!」とスライドさせたり、手元で「チラッ?」と手札を確認したり、まるで実物のカードやチップを操作しているような感覚を味わえます。


 画面には対戦相手が表示されますが、ただ姿が映されているだけではありません。実は、チップの操作、カードの確認などを行うと、対戦相手の画面の自分が同じアクションをするような仕組みです。

 そのため、カードを何度も確認したり、チップの量を悩んだりしていると「もしかして弱い手札でブラフか?」と疑われてしまうことも。逆に、こちらが相手のアクションを見て手札を予想もできます。

 こうした心理戦のおもしろさをしっかりとゲームに落とし込んでいるところに、作り込みを感じました。実際にプレイヤー同士対戦するのであれば、こういった読み合いの部分までポーカーを楽しみたいですよね。

対決演出後の大逆転がたまらない!

 オールイン同士の対決や高額勝負の際には、特別な演出が発生。勝負には確率に基づいた勝率が表示されて、優勢な方がアップになるのです。

 対決演出でたまらなく気持ちいいタイミングは、確率では劣勢の時にピンポイントのカードを引いて逆転するシーン。押され気味だった自分のキャラクターが、一気にアップになって逆転勝利する瞬間は、何度経験しても最高です。

 もちろん、相手に奇跡の逆転を決められてしまうこともあります。しかし、その場合でも勝率のパーセンテージを目視できるので「勝率はこちらが高かったからプレイは間違っていない!」と、自分の選択が正しかったのか確認できる点もうれしい仕様です。

 試合後には公開された手札を確認することが可能。過去のデータから相手の賭け方の特徴を読むという戦略も有効です。

 また、自分が勝負していない場合でも、他プレイヤー同士でバトルが発生するので、それを見ている観客のような気分を味わえます。

 実際のポーカーの試合を見ていても、お互いに高額のチップが賭けられた試合は見ているだけで緊張してしまうもの。本作でもそれは同じで、大迫力の演出も相まってドキドキ感を楽しめました。

CPU相手でも侮るなかれ!?

 初心者の筆者は、まずは自分のペースで遊べるCPU戦をプレイ。対戦相手となるのはポーカーCPUなのですが、優秀と人間らしさに驚きました。ポーカーといえば、弱い手札で強気に出るブラフが重要な要素。それをCPU戦でも再現するべく、CPUもしっかりとブラフで虚勢を張ってきます。

 初心者はこのブラフを予想するのにも一苦労。かといって、無茶苦茶に強いわけでもないので、練習としてちょうどいいレベル設定です。

 CPUもこちらの手札は見えていないので、フェアに状況から判断してコール、フォールドをしてきます。CPUを騙せるようになれば、最低限のブラフテクニックを身に着けたと言ってもいいのではないでしょうか。

対人戦は奪うか奪われるかの本格勝負!

 ルールや操作も覚えて実際にプレイもできたので、続いては全国対戦で各地のプレイヤーとの対戦に挑みました。

 全国対戦では、集まった6人のプレイヤーで対戦。人数が不足している場合はCPUが穴埋めをしますが、ゲームの途中からでもプレイヤーが参加する仕組みとなっています。プレイしているうちに自然と人が集まっていきます。


 プレイ中はエモーションで相手とコミュニケーションを取れます。豊富な種類のコメントがあるので、これを利用した心理戦を仕掛けられる……かも!?

 全国対戦は1プレイに500PP必要なので、2クレジット(200円)から遊べます。その1プレイでゲームに勝利し続ければ、最大3回までゲームをプレイできるので、勝つことさえできれば少ないお金で長時間遊ぶこともできます。

 チップが0になって飛んでしまうか、持ち時間がなくなった勝負が終わるとプレイ終了に。持ち時間が切れた場合は、追加でプレイ時間を購入すれば、離脱することなく継続プレイが可能です。

 また、持ち時間は購入するだけではなく、相手のチップを奪って飛ばすことで追加の時間を獲得できます。

 この相手を倒すことでプレイ時間を得られるというのが、ポーカーのゲーム性と合っているところ。勝ったプレイヤーは遊べる時間を得て、負けたプレイヤーはそのクレジットでのプレイは終了になります。

 実際にチップを賭けているわけではありませんが、プレイヤーたちは“ゲームを遊び続ける権利”をつねに賭けている状態というわけです。

 右上に表示されている手持ち時間が0秒になると、その手札の勝負が終わり次第、ゲームが中断に。長時間プレイするためには、プレイの選択を素早くすることもコツの1つになってきます。

 相手を飛ばした時の“画面の向こうのクレジットを溶かさせた感覚”は、対戦ゲームならではの達成感と爽快感がありました。

 クレジットだけでなく、全国対戦ではランクのポイント、トーナメントモードやバトルロイヤルは称号をかけて戦うことになります。何かを賭けて戦う感覚はまさにバトルそのもの。得るものと失うものがあるからこそ、よりゲームに熱が入るわけです。

 リアルなポーカーを迫力満点で楽しめる『ポーカースタジアム』。リアルな部分はゲーム性だけでなく勝負性も忠実に再現されており、楽しく派手に、そして真剣にポーカーをプレイできます。

 この対人戦のリアルな雰囲気と、演出を交えた迫力はアミューズメント施設でなければ味わえない魅力。ポーカーを始めたいと思っている人や、友だちとの簡易な勝負では満足できない人には、ぜひ無料プレイ分を使って一度プレイしていただきたいです!

 心理戦を交えたバトル性をうまく落とし込んだ“テキサスホールデム・ポーカー”の魅力に引き込まれて、きっと楽しんでプレイすることになるはずです。

2つのキャンペーンを実施中

ラッキーキャンペーン

 期間中にオンライン対戦でフォーカード以上の役にて勝利した人が参加できる限定トーナメントを開催予定。

 さらにレアな役で勝利した人は大量コイン獲得のチャンスです。

 詳細は公式サイトを参照のこと。

ログインボーナス

 7月2日までログインボーナスでもらえるイベントチケットが毎日3枚となります。

 この機会に『ポーカースタジアム』をプレイしてみては?

©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

関連する記事一覧はこちら